どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

葉酸が必要なのは妊婦さんだけ?

家族葉酸が赤ちゃんの先天性の病気に関わっていることは知られるようになってきました。
ですが、「葉酸=妊婦さんが摂取するもの」ではありません。
葉酸は体内でさまざまな働きをしているので、老若男女問わず摂取すべき栄養素です。

悪性貧血を予防

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれています。
ビタミンB12と協力して血液中の赤血球を作っています。
葉酸が足りなくなると赤血球のもととなる赤芽球が正常に作られなくなり、悪性の貧血を引き起こします。

有害物質であるホモシステインを低下

病気必須アミノ酸のひとつであるメチオニンが体の中で変化してホモシステインという物質になります。
通常はホモシステインに変化してもまたメチオニンに戻ったり、他のアミノ酸になったりするのでとくに問題にはなりません。
ですが、バランスが崩れ、代謝がうまくいかないと体内にこのホモシステインという物質が蓄積されてしまいます。

ホモシステインは有害でさまざまなトラブルのもとになります。

・血液中にホモシステインが増えると酸素や水と反応し、活性酸素を発生。

・血管の柔軟性を失わせ、血管を硬くする→動脈硬化や高血圧

・傷ついた血管を修復するときに大量の血小板が働き、血流を悪くする→脳梗塞の危険性

動脈硬化や高血圧、脳梗塞など命に関わる疾患を引き起こしてしまうホモシステイン。重要なのは体内にためないようにすること。
そのためには正常な代謝ができるように体が必要な栄養素をしっかり摂取することです。
ビタミンB12、B6、葉酸はホモシステインをまたメチオニンに戻したり、他のアミノ酸に変えたりしてくれます。

ホモシステインの危険性は心臓や血管への影響だけではないことがわかってきました。
妊娠合併症やアルツハイマー病などとも関係が指摘されています。
ホモシステインが増えることで脳の細胞が減少し、アルツハイマー病を発症されているのではと言われています。

ホモシステインは歳を取るにつれて増えやすくなりますし、生活習慣病にすでになってしまっている人も、まだそうでない人も積極的にビタミンB群を摂取するようにしましょう。

エネルギー代謝の改善

ビタミンB群にはB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンの8種類があります。
これらはタンパク質や糖質、炭水化物が体内で利用される時に、お互いが協力し合いながら働いています。
それぞれの作用は少しずつ違いますが、どれも酵素をサポートする補酵素の役割を担っています。
ビタミンB群はエネルギー代謝をスムーズにしてくれます。

神経の修復

末梢神経の活性化や神経の修復にも関わっています。
主にビタミンB12がその役割を担っていますが、ビタミンB12と葉酸はお互い力を合わせて仕事をしているので両方が必要です。
不足すると末梢神経炎になってしまうことも。
それほどひどくなくても手足が冷える、手足がしびれる、足が動かしづらいなどの症状がみられればビタミンB群不足を疑ってみましょう。

月経時のつらい症状を緩和

月経前症候群の原因はまだはっきりわかっていませんが、ホルモンバランスが関係しているのではないかと言われています。
ホルモンの代謝をスムーズにするのもビタミンB群です。

アルコールと葉酸

アルコール
葉酸は細胞内のDNAやRNAという核酸の合成に関わっています。
アルコールを飲むと、それを分解した時にできるアセトアルデヒドが活性酸素を発生させ、DNAの修復をしている葉酸を破壊するのではと考えられています。
お酒をたくさん飲む人はほどほどに、そして葉酸も意識して摂取するようにしましょう。

 - 葉酸のお役立ちコンテンツ

  関連記事

葉酸は食事だけで必要量が摂取できるのか?

葉酸を積極的に摂取することは妊婦さんはもちろん、健康を維持したい人にも欠かせませ …

生理痛・生理不順
生理不順・生理痛に葉酸は効果があるのか

葉酸は妊活中・妊娠中の方の為の成分というイメージが強いですが、実は生理痛や生理不 …

質の良い卵子
卵子の質を高める方法

生理周期が順調でも妊娠に結びつく周期は3割程度。これは言い換えれば「質の良い卵子 …

男性の葉酸摂取
妊活中は男性も葉酸の摂取を

・なかなか妊娠出来ない ・せっかく妊娠したのに流産してしまった ・先天異常を持っ …

葉酸不足と病気

葉酸は体内でさまざまな働きをしています。 ・細胞の新生や増殖 ・赤血球の形成 ・ …

つわり
葉酸サプリがつわりで飲めない時の対処法

妊娠中のつわりの辛さといったら…。 食べたら吐き、吐くものがなくなっても吐きたく …

赤ちゃんの病気と葉酸の関係

赤ちゃんの病気で「無脳症」や「二分脊椎」というのがあります。 先進諸国では減少し …

葉酸摂取時期
葉酸の摂取はいつまで?妊娠中期、後期に飲んでも効果なし?

赤ちゃんの先天異常のリスクを低減させる為に妊娠の1ヶ月前には葉酸を摂取し始めたい …

ほうれん草
食品由来による葉酸の利用効率が余りにも低くて驚いた件

食品(特に野菜)に含まれる葉酸などのビタミン類は下のような過程で簡単に損失してし …

ブロッコリー
母子手帳にも「葉酸の重要性」が明記されていた!

妊娠4ヶ月を過ぎた頃に病院で発行してもらった「妊娠届出書」をお住まいの自治体に提 …