どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

葉酸はつわりを軽くしてくれるのか?

「葉酸はつわりに良い」という話を一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実はそのような研究報告は今のところ一切ありません。
葉酸と同じビタミンB群の1つ、ビタミンB6に関しては、これが欠乏するとつわりが酷くなる という論文はいくつかありますが…。

つわりの軽減

ではなぜ「葉酸はつわりに良い」というような話をよく聞くのでしょうか?
確かに色々な口コミサイトや掲示板では実際に葉酸をサプリなどで摂取した方の「葉酸を飲むようになってつわりが楽になった」という書き込みが多数あるのも事実です。

つわりの原因とは?

そもそもつわりの症状には個人差が大きく、つわり自体の原因やメカニズムはまだはっきりと解明されてはいませんが、おおよそ次のような事が複合的に影響しているのではないか?と考えられています。

【つわりを引き起こすと考えられている要因】

①女性ホルモンが大量に分泌
 ⇒脳の嘔吐中枢が刺激を受け、吐き気を催す

②急激な体の変化や精神的ストレスによって自律神経が乱れる
 ⇒自律神経失調症の症状(めまい、胸焼けなど)が出る

③赤ちゃんを異物とみなし、消化器系のアレルギー反応が起こる
 ⇒吐き気や嘔吐、体重の減少などの症状が出る

④流産を防ぐ防御反応
 ⇒気分を悪くさせてあまり動けなくさせ、過度に動くことによる流産を防御させる

⑤体内の水分の流れが滞って「水毒」が溜まる
 ⇒その為、嘔吐する事によって「水毒」を吐き出そうとする
 ⇒または、これ以上毒を溜めないようにと食欲が失せる

⑥酸性に傾いた体質をアルカリ性に戻そうとする為
 ⇒その為、酸性食品である米や肉が食べられなくなり
  逆にアルカリ性食品である野菜や果物が食べたくなる

このようにつわりが起こる原因はいくつか考えられていますが、最も大きな原因は①で、妊娠して黄体ホルモンや絨毛性ゴナドトロピン(hCG)などの女性ホルモンが大量に分泌されることではないかと考えられています。
これは妊娠にはつきものですし、赤ちゃんの成長の為には仕方のない事。

でも他の原因となっている事柄が少しでも改善されればつわりは軽減されていくはずです。

葉酸は自律神経の乱れを整える

上記の②のように、自律神経の乱れがつわりの原因の一つとされています。
気分転換で好きな事をしたり、買い物を楽しんだりするとつわりが少し楽になったりしませんか?
それは気持ちがリラックスし、ストレスが発散された事によって自律神経が整えられたからなんです。

このようにつわりと自律神経は大きく係っているとされています。

リラックス

一方、妊娠前・妊娠中に葉酸を摂取すると効能の1つとして、「お腹の赤ちゃんの神経系異常が起こるリスクを低減する」というものがありますが、葉酸はお母さんの神経系にもしっかり作用をしてくれています。

ですから葉酸を摂取するとお母さんの自律神経の乱れが整えられ、リラックス効果が得られるのでつわりが軽減されると考えられています。

葉酸は体内の「水毒」の排出に貢献している

つわりの原因は上記の⑤のように「水毒」が関係しているとも考えられています。
まずは水毒について簡単に説明したいと思います。

体の約70%は「水」で出来ています。この水分の代謝が滞ると水質が悪化してドロドロ状態になり、体内にあらゆる悪影響を及ぼします。
このように水の質が悪く、ドロドロになった状態を「水毒」と言い、東洋医学的にはこの水毒がつわりの最も大きな原因と考えられています。

体内には常に血液と水分が循環していて、お互いに影響しあっています。
妊娠中は血流が悪くなるので同時に水分の流れも悪くなり、体内に水分が必要以上に溜まってしまいます。
妊娠中にむくみやすくなるのはこれが原因の一つでもあります。

流れが悪くなった水分は質も悪化し、悪化した水分はお腹の中の赤ちゃんに流れていきます。
極度に水質が悪化している場合は赤ちゃんの頭部や頚部に慢性的な皮膚疾患を起こしてしまう事があり、これを「胎毒(たいどく)」と言います。

これを防ごうとする為に体は吐く事によって水毒を排出させようとしたり、吐き気をもよおす事によってこれ以上食べ物や飲みのもを体内に入れないようにする、などのつわりの症状を起こさせるんです。

また体内で滞った水分は体を冷やしてしまいます。冷えた体は血流が悪くなり、更なる「水毒体質」をもたらすという悪循環を起こしてしまいます。

水毒

溜まった水毒を体外に排出する効果的な方法は「排尿・排便」。
水毒を溜めない効果的な方法が「血流を良くする」という事になるんです。

「血流を良くする」方法として有効的な方法の1つが葉酸の摂取。

葉酸は造血器官での細胞分裂に重大な影響を及ぼしており、葉酸をしっかりとることで貧血が防げ、血流がとても良くなります。

ですから「葉酸を摂取する⇒血流が良くなる⇒水流が良くなる⇒水毒が溜まらない⇒つわりの症状が軽減される」と考えられているんです。

これも葉酸がつわりを軽減すると言われる理由の1つ

ビタミンB6が配合されている葉酸サプリ

葉酸サプリを飲む

「葉酸サプリを摂取したらつわりが軽くなった」と言われる理由として、考えられる理由は他にもあります。

ビタミンは単体よりも他のビタミンと一緒に摂ると、相乗効果でその効果を高める事が出来ます。
葉酸はビタミンB9であり、葉酸サプリにはその効果を高める為に他のビタミンB群を一緒に配合している場合が多いです。

ビタミンB群とは下の表のような8種類のビタミンBの総称で、その中のビタミンB6は「欠乏するとつわりが酷くなる」という内容の論文が多数発表されているビタミンでもあります。

ですから、「ビタミンB6が配合されている葉酸サプリを摂取しているからつわりが軽減されている」という事もあるでしょう。

【ビタミンB群】

ビタミンB1 チアミン
ビタミンB2 リボフラビン
ビタミンB3 ナイアシン
ビタミンB5 パントテン酸
ビタミンB6 ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンの総称
ビタミンB7 ビオチン
ビタミンB9 葉酸
ビタミンB12 シアノコバラミン

つわりで苦しいけれども葉酸を積極的に摂りいれたいと考えている方は、ビタミンB6が配合されている葉酸サプリがオススメです。

葉酸サプリといってもいろいろなタイプのものがあり、人によって合う・合わないがあります。
つわりが酷くて葉酸サプリを飲めるか不安な方はこちらのページを参考にしてみて下さい。
葉酸サプリがつわりで飲めない時の対処法

「葉酸サプリを飲んだ」という安心感

葉酸サプリを飲んだことで、
「お腹の赤ちゃんの為にも自分のつわりの為にも良い事をした♪」という満足感・安心感を得られた事で自律神経が整い、つわりが軽減している事も充分に考えられるようです。

実はこれがつわりの軽減に、かなり貢献してくれているのではないか と個人的には思っています…(^Д^)

 - 葉酸のお役立ちコンテンツ

  関連記事

高齢出産
高齢出産の3つのリスクを葉酸で食い止める

日本国内において、初産の平均年齢は1950年には24.4歳、以降年々上がり続けて …

つわり
葉酸サプリがつわりで飲めない時の対処法

妊娠中のつわりの辛さといったら…。 食べたら吐き、吐くものがなくなっても吐きたく …

葉酸が必要なのは妊婦さんだけ?

葉酸が赤ちゃんの先天性の病気に関わっていることは知られるようになってきました。 …

葉酸の処方
葉酸は病院でも処方してくれるの?

葉酸の重要性については産婦人科などの医療関係者は厚生労働省から直接通達されている …

質の良い卵子
卵子の質を高める方法

生理周期が順調でも妊娠に結びつく周期は3割程度。これは言い換えれば「質の良い卵子 …

葉酸不足と病気

葉酸は体内でさまざまな働きをしています。 ・細胞の新生や増殖 ・赤血球の形成 ・ …

体重管理
妊娠中に体重管理が必要な訳

妊娠中の体重の増減は妊娠経過に大きく関わっています。妊娠してから体重が増加しすぎ …

葉酸は食事だけで必要量が摂取できるのか?

葉酸を積極的に摂取することは妊婦さんはもちろん、健康を維持したい人にも欠かせませ …

青汁
葉酸って青汁からも摂れるの?サプリとどっちがおすすめ?

青汁には葉酸を始め、たくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 「出来 …

ママの栄養状態は赤ちゃんの一生を左右する

ママの体が葉酸不足だと、赤ちゃんが先天性の障害を持って産まれてくるリスクが高まり …