どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

妊娠中に体重管理が必要な訳

体重管理妊娠中の体重の増減は妊娠経過に大きく関わっています。妊娠してから体重が増加しすぎても増加しなさすぎてもダメなんです。

妊娠しやすい体重というものもあります。この場合は身長と体重とのバランスが大切になってきます。
 

妊活中ならBMI指数をチェック

痩せすぎでも太りすぎでも妊娠しづらくなります。その理由はどちらも排卵障害を起こし、無月経・生理不順を引き起こしてしまうからなんです。
無月経が続くと「多嚢胞性卵巣症候群」という月経異常を起こしてしまう心配もあるので妊活中からの体重管理は必須です。

【痩せすぎて排卵しづらくなる理由】
痩せすぎていると体は本能的に生命維持に必要な生命活動が優先し、生殖に関係する女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌を後回しにしてしまいます。これにより妊娠しずらくなってしまうんです。

【太りすぎて排卵しづらくなる理由】
太りすぎていると体内の余分な脂肪組織自体が女性ホルモンを分泌してしまい、肝心な卵巣内での分泌が抑えられてしまうので妊娠しずらくなります。

他にも「痩せすぎ・太りすぎ」は血液循環が悪くなったり、太りすぎによる「高インスリン血症」による排卵抑制など、妊娠を阻害する要因ばかりなんです。

妊活中の方はコチラも参考に⇒【葉酸と不妊の関係】

BMI指数の算出方法と標準値

自分が痩せ型・標準型・肥満型かを調べる指標としてBMI指数(ボディマス指数:Body Mass Index)という指標があります。

BMI指数の算出方法は

体重(kg)÷(身長(m))2になります。

例えば体重が60kgで身長が160mの場合のBMI指数は
60(kg)÷(1.6(m))2=60÷(1.6×1.6)=60÷2.56≒23.4ということになります。

「日本肥満学会」がBMI指数について以下のような基準を設けています。

低体重(痩せ型) 18.5未満 18.5未満だと妊娠しづくなる
普通体重(標準型) 18.5以上25未満 妊娠しやすいのは20以上22以下
肥満体重(肥満型) 25以上 25以上で数値が上がるほど妊娠しづらくなる

妊娠を希望している方は是非とも体重管理には気をつけ、BMI指数が20~22内に入るように日頃から体を動かしたりバランスの良い食生活を心がけましょう。

妊娠したら体重の増減に要注意

体重管理
妊婦検診の度に体重を測りますよね。あれはなぜでしょう?
それは、体重の増減が妊娠経過にもたらす影響があまりにも大きいからなんです。
妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを守ろうと、皮下脂肪が増えますし、成長していく赤ちゃんや羊水、胎盤の重さで体重は増えていくのである一定の増加は心配ありませんが、急激・過度の体重増加・体重減少はとても危険なトラブルが起こる原因となってしまいます。

【妊娠中に太りすぎることによって起こり得るトラブル】
・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
・妊娠糖尿病
・巨大児
・腰痛や膝痛
・産道に皮下脂肪がつくことによる難産
・血行不良
・便秘や痔

【妊娠中に痩せすぎによって起こり得るトラブル】
・微弱陣痛
・低体重児(虚弱体質、知能や運動能力の発達に障害が出る可能性)
・妊婦の代謝異常

理想の体重増加量は7~8kg

臨月における理想の体重増加量は7~8kgです。
成長した赤ちゃんの体重が約3kg、羊水と胎盤の重さを合わせて約1kgですのでお母さんの体重増加自体は3~4kgということになりますね。

また、体重は徐々に増やすのが理想です。つわりで何も食べられなかったと思いきや、苦しかったつわりも終わり急に食欲が増す事もあるでしょうが、急激な体重増加は妊娠高血圧症候群を引き起こす危険があるので気をつけましょう。

妊娠期間は約40週、理想体重を40で割ると1週間の体重増加は175g~200gになります。
とは言ってもなかなか理想どおりにはいきませんよね。1つの目安として1週間に500g以上急激に増加させる事は避けたいところです。

妊娠中に必要な摂取エネルギー

妊娠中に1日に食事から摂るエネルギー必要量(kcal/日)は厚生労働省によって次のように推奨されています。

18~29歳 1,650 1,950 2,200
30~49歳 1,750 2,000 2,300
妊娠時
付加量
妊娠初期 +50
妊娠中期 +250
妊娠後期 +450

※Ⅰ…普段からあまり動かない人
 Ⅱ…ⅠにもⅢにも当てはまらない人
 Ⅲ…普段から良く動く人

※これはあくまでも基準レベルであり、妊娠中の体重増加具合や食べ物の摂取状況、赤ちゃんの発育状況によって総合的に評価する必要があります。

この表の通り、妊娠中は普段よりも必要なカロリー摂取量は増えますし、妊娠が経過する程に増えていきます。

しかし妊娠中はつわりで思うように食べられなかったり、食べたいものが偏ってしまいがちですよね。
自分の為だけでなく赤ちゃんに必要なエネルギーや栄養素は不足していないか?逆に逆にとりすぎてしまっていないか?と、自分では良く分からずに不安になるものです。

定期健診で体重の増減に関しての注意を受けなければそうそう気にする事もないでしょう。
あまり神経質に体重の事を気にしてストレスを溜め込むのも良くありません。

つわりが酷くてほとんど物が食べられなかったり体重が余りにも増えなかった場合は産婦人科で栄養補給の点滴や注射をしてもらえます。
逆に体重が増えすぎてしまう場合は食生活などを見直す必要があります。
ただ、激しい運動や偏ったダイエットは厳禁ですので気をつけましょう。

関連記事:【葉酸はつわりを軽くしてくれるか?】

 - 葉酸のお役立ちコンテンツ

  関連記事

ママの栄養状態は赤ちゃんの一生を左右する

ママの体が葉酸不足だと、赤ちゃんが先天性の障害を持って産まれてくるリスクが高まり …

葉酸と不妊の関係
不妊の救世主!葉酸は「子宮力」を高める

「不妊」とは、排卵日や生理日をチェックし、タイミングを見て性交渉を行っても1年以 …

葉酸の正体
そもそも 葉酸って一体なにもの?

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの為には是非とも摂取したい成分という事は分かっていても、 …

男性の葉酸摂取
妊活中は男性も葉酸の摂取を

・なかなか妊娠出来ない ・せっかく妊娠したのに流産してしまった ・先天異常を持っ …

漢方薬
漢方薬からも葉酸は摂れるの?

必要量の葉酸を食品から摂るのは大変な事なのでサプリで摂り入れるのがベストですが、 …

高齢出産
高齢出産の3つのリスクを葉酸で食い止める

日本国内において、初産の平均年齢は1950年には24.4歳、以降年々上がり続けて …

葉酸不足と病気

葉酸は体内でさまざまな働きをしています。 ・細胞の新生や増殖 ・赤血球の形成 ・ …

赤ちゃんの病気と葉酸の関係

赤ちゃんの病気で「無脳症」や「二分脊椎」というのがあります。 先進諸国では減少し …

つわりの軽減
葉酸はつわりを軽くしてくれるのか?

「葉酸はつわりに良い」という話を一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実はそ …

青汁
葉酸って青汁からも摂れるの?サプリとどっちがおすすめ?

青汁には葉酸を始め、たくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 「出来 …