どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

妊娠高血圧症候群について

2005年に日本産科婦人科学会により「妊娠中毒症」と呼称されていた疾患が「妊娠高血圧症候群」との名称に変更されました。
改名の大きな理由としては、病態が明らかにされてきたことがあり、「中毒症」という「原因毒」が存在するわけではないということが大きいとされています。

血圧計

妊娠高血圧症候群の定義

日本産科婦人科学会では、「妊娠高血圧症候群」を「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」として定義しています。

尚、現在は高血圧がなく蛋白尿のみの場合を「妊娠蛋白尿」と呼び、浮腫のみの場合を「妊娠浮腫」と呼びます。

妊娠が終了した後も高血圧や蛋白尿が残ってしまう場合は、妊娠に伴う異常としての妊娠高血圧症候群ではなく、母体にもともと存在していた異常であるとみなされます。

もともと母体が健康体であった場合でも妊娠高血圧症候群高血圧や蛋白尿が消失するまでの期間は、以前の「妊娠中毒症」の病名を使っていたときは6週間とされていました。でも最近では、その期間を分娩後12週まで延ばすこととされました。

逆に、妊娠20週までに高血圧や蛋白尿が認められる場合は、妊娠とは関係なく、もともと高血圧や腎疾患が存在していた可能性が高いと考えられるようです。

妊娠高血圧症候群の診断

妊娠20週以降
・分娩後12週までに高血圧がみられる場合
・または高血圧に蛋白尿を伴う場合
このような場合に妊娠高血圧症候群と診断します。

ただし、もともと妊娠前から高血圧や蛋白尿があると診断されている場合は、高血圧合併妊娠や腎疾患合併妊娠という病名になります。そして、分娩後12週までの間に高血圧合併妊婦に蛋白尿が、あるいは腎疾患合併妊娠に高血圧がそれぞれ新たに加わった場合に、妊娠高血圧症候群(加重型妊娠高血圧腎症)という診断となります。

従って、妊婦さんの血圧測定と尿検査で尿中蛋白の測定が妊娠高血圧症候群診断の基本です。

およそ6時間以上の間隔をあけて2回以上収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上あるいはその両方の場合に高血圧と判断します。

通常妊婦健診で実施されている尿検査で、蛋白尿1+の結果が得られた場合は、精密検査すると真の蛋白尿ではないことがよくあります(つまり、偽陽性)。真の蛋白尿の診断には、24時間の尿を集めて一日の蛋白尿を正確に測定(一日量が300㎎以上の場合に真の蛋白尿と診断)する必要があります。

尚、目安としては尿中の蛋白尿とクレアチニンという物質の比を取り、おおよそ0.3㎎/mgクレアチニンの場合に真の蛋白尿と推定することも利用されています。

妊娠高血圧症候群になると

この病気は妊婦さん約20人に1人の割合で起こります。妊娠32週以降に発症することが多いのですが、早発型と呼ばれる妊娠32週未満で発症した場合、重症化しやすく注意が必要です。

重症になるとお母さんには血圧上昇、蛋白尿に加えて、けいれん発作(子癇)、脳出血、肝臓や腎臓の機能障害、肝機能障害に溶血と血小板減少を伴うHELLP症候群などを引き起こします。

また赤ちゃんの発育が悪くなったり(胎児発育不全)、胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなり(常位胎盤早期剥離)、赤ちゃんの状態が悪くなり(胎児機能不全)急に亡くなってしまう(胎児死亡)などお母さんと赤ちゃん共に大変危険な状態となることがあります。

子癇

  • 「妊娠20週以降に初めて起きたけいれん発作で、てんかんや脳炎、脳腫瘍、脳血管障害、薬物中毒を原因としないもの」を言います。子癇は、妊娠中、分娩中、分娩後のいずれの時期にも起き、そのほとんどが妊娠高血圧症候群の妊産婦さんに起きます。
  • 子癇は「急激におこった高血圧によって脳の中の血液が増え、脳の中にむくみが起きて、けいれんを起こす」と考えられています。
  • 子癇が治まらない場合は、脳のむくみが進行して脳ヘルニアという状態を来し、赤ちゃんのみではなく、お母さんの命も危なくなる状態に陥ってしまいます。
  • けいれんを起した妊婦さんの中には脳出血などが起きている場合もあります。従って、可能な場合はCTやMRIで脳出血があるかないかを診断し、脳出血がある場合には脳神経外科医あるいは神経内科医と一緒に治療することが必要となります。
  • 子癇がおさまらない場合や赤ちゃんの状態が悪い時には、できるだけ早く赤ちゃんをお腹から出してあげることが必要です(帝王切開が必要なこともあります。)お母さんも赤ちゃんも助けたいのですが、どうしてもの時にはお母さんの命が優先されます。

HELLP症候群

  • 妊娠の後半からお産の後に発症しやすい疾患です。血液中の赤血球がこわされ(溶血=英語ではHemolysis:頭文字H)、肝臓の機能が悪くなり(肝酵素の上昇=英語ではElevated Liver enzymes:頭文字EL)、血小板が減少(英語ではLow Platelet:頭文字LP)してしまう病気です。診断が遅れると血液の凝固障害や全身の多くの臓器がダメージを受けて致命的になります。妊娠高血圧症候群と関係があると言われますが、原因はまだまだ不明な点が多いです。
  • 全ての妊産婦さんの0.2-0.6%、妊娠高血圧症候群の妊産婦さんの4-12%、子癇の50%に発症します。
  • 症状として、突然の上腹部痛、心窩部痛、嘔気嘔吐などがあります。血液検査などを行い診断します。したがって、他の内科的な病気と区別しにくいことがあります。
  • 治療の基本は、できるだけ早く赤ちゃんをお腹の外に出すことです。HELLP症候群の20%に血液の凝固障害や多臓器不全を併発し、それらに対する治療が必要となります。

常位胎盤早期剥離

  • 子宮の正常な位置に付いている胎盤が赤ちゃんが生まれる前にはがれてしまう病気です。
    全ての妊婦さんの0.5-1.3%に起こり、妊婦さんの死亡率は5-10%、赤ちゃんの死亡率は30-50%との報告があります
  • どうして起こるのかには不明な点も多く、発症を予知することは不可能です。妊娠高血圧症候群で起きることが多いと言われていますが、妊娠高血圧症候群でない妊婦さんにも起こることが少なくありません。
  • 主な症状は性器出血、腹痛、子宮の異常な硬さ(板状硬)、胎児の動きの減少で、胎盤のはがれた部分が大きいと、出血性ショックを起こしたりお腹の中で赤ちゃんが亡くなることになります。
  • 常位胎盤早期剥離では、お母さんの全身状態や赤ちゃんの状態などから総合的に判断し、治療の方針を決定します。お母さんが出血性ショックや凝固障害も起こしている場合には、これらに対する治療を優先すると同時にできるだけ早く赤ちゃんをお腹の外に出すようにします(帝王切開のこともあります)。お産後、子宮の収縮が良くない場合には出血が多くなりますので子宮をとらなければならない時もあります。

赤ちゃんへの影響

妊娠高血圧症候群、とくに重症の場合には、子宮や胎盤での血液が流れにくくなります。お腹の赤ちゃんはお母さんから胎盤を通して酸素や栄養をもらいますから、赤ちゃんは栄養不足、酸素不足になってしまうことがあります。

栄養が足りなくなると赤ちゃんは十分に育たなくなり(胎児発育不全)、普通よりも体重の少ない赤ちゃんが生まれたり(低出生体重児)、酸素が足りなくなると低酸素症になりそれが長く続くと脳にも影響がでることがあります。最悪の場合にはお腹のなかで赤ちゃんが亡くなってしまう(子宮内胎児死亡)こともあります。

また、子宮収縮が起こると、子宮から胎盤に向かう血液の流れがさらに悪くなるので、赤ちゃんが酸素不足に陥り、胎児の心拍に異常が起こる状態(胎児機能不全)が起こりやすくなります。そうなれば、できるだけ早く胎児を取り出さねばなりません(帝王切開が必要になることが多いです)。

治療法

重症度や病気が起こった時の妊娠週数、赤ちゃんの発育不全の有無などにより管理方法(入院の必要性)や治療の内容が異なります。軽症では原則としてお薬の治療は控えることが勧められ、外来通院での食事のカロリー制限や塩分制限(一日7から8g以下)といった治療が中心となります。

また、重症では入院して血圧を下げる薬や子癇を抑える点滴注射を行い、妊娠週数が早い場合には赤ちゃんの成長を待つこともあります。ただ、お母さん、赤ちゃんの状態によっては帝王切開により赤ちゃんを産ませ、お母さん、赤ちゃんの治療を行う場合もあります。

妊娠高血圧症候群になりやすい人

糖尿病、高血圧、腎臓病の人

もともとこれらの病気を持っている人、あるいはかかったことのある人。
また家族がこれらの病気を持っている場合も、なりやすい傾向があります。

極端な体型の人

特に太り過ぎの人は注意が必要です。太り過ぎは心臓を圧迫し血圧を上昇させます。
また痩せ過ぎの人も疲労やストレスをため込む傾向があります。

ハードな仕事やストレス、睡眠不足が

疲労やストレスをため込むと自律神経、腎臓機能が低下して尿にタンパクがでたり、血圧があがったりします。

35才以上の高年初産と15才以下の若年出産

特に高年初産の場合は妊娠糖尿病などの病気を併発しやすくなります。
また若年出産の場合も統計的になりやすい報告があります。

多胎妊娠の人

母体への負担が他の人より大きくなります。
各機能に負担をかけやすくその他の病気も引き起こしやすくなります。

初産婦、過去に妊娠中毒症だった人

経産婦より初産婦の方に多く見られます。
また過去に妊娠中毒症だった人は繰り返す傾向があります。

今後の生活

妊娠高血圧症候群はその後の生活習慣病と関係があると言われています。
妊娠高血圧症候群に罹った人は、正常経過の妊娠であった人と比べると、お産後数十年経ってから、高血圧、脳血管障害、虚血性心疾患、糖尿病、脂質異常症などのメタボリックシンドローム(代謝異常症候群)や腎疾患などが見つかる頻度が高いことが報告されています。

そのためお産後も食事、生活習慣などの健康管理には十分注意が必要です。

参考:日本産科婦人科:妊娠高血圧症候群について

妊娠高血圧症候群と葉酸の関係

妊婦さん向けの雑誌やwebで「葉酸の摂取は妊娠高血圧症候群の予防、治療に有効である」という記事を見かけます。
実は葉酸には、血管を若返らせ、動脈硬化や高血圧などにも効果があるので妊娠中期から後期に起きやすい妊娠高血圧症候群に備えて、早い段階から葉酸を摂っておきたいところです。

 - 色々な症状のお話

  関連記事

低血圧、高血圧ってどうなるの?

低血圧の症状と改善方法 低血圧になると疲れやすく、免疫が低下して感染症やアレルギ …

口蓋裂について

神経管閉鎖障害のひとつ、口蓋裂。 胎児がおなかの中で次第に成長するとき、顔は左右 …

常位胎盤早期剥離について

胎盤が正常な位置にあるにもかかわらず、赤ちゃんが生まれる前に剥がれてしまうトラブ …

妊娠糖尿病について

妊娠したことで発症した、あるいは初めて高血糖状態が認められた糖代謝異常の病気です …

ストレスって一体何?

現代社会で多くの人が避けられないストレス。体に何らかの症状がでるとストレスが原因 …

神経性(神経管)閉鎖障害ってどんな症状?

葉酸(ビタミンB9)が不足すると神経性閉鎖障害になるといいますが、神経性閉鎖障害 …

低血糖症、高血糖(糖尿病)について

糖質はどんなふうに関係するか 糖質は消化されると、ブドウ糖、果糖、ガラクトースの …

【症状別】必要栄養素対応表

色々な症状別に、どの栄養素が効果的に作用するのかを一覧表にしました。自分にはどの …

no image
妊娠中の感染症について

感染症は、妊娠中でも容赦なく襲ってきます。 また、すでに感染してウイルスや菌をも …

前置胎盤について

赤ちゃんの通り道をふさぐように、胎盤が子宮口の近くにある状態のこと。 妊娠後期で …