どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

低血圧、高血圧ってどうなるの?

低血圧の症状と改善方法

低血圧になると疲れやすく、免疫が低下して感染症やアレルギーにかかりやすくなります。ビタミンCやフラボノイド不足が続くと低血圧になります。
低血圧

具体的に、どのぐらいの血圧だと「低血圧」に分類されるのか?ですが、一般的には最高血圧が100~110mmHg以下の人は低血圧です。

低血圧は若い年代の女性に多く、体型はやや痩せ型で筋肉が弱い人に多い傾向にあるようです。

寝ている姿勢から急に立ち上がった時に血圧が低下して、立ちくらみやめまいが起こるのを「起立性低血圧」といいます。

低血圧になるとどうなる?

ただ血圧が低いだけで他の症状はないこともあるので、頻繁に血圧を測る機会がなければ気付きにくいかもしれません。下のような症状がある人は低血圧が原因で起きている場合もあるので要チェックです。

疲れやすい、スタミナがない、頭が重い、頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、肩こり、食欲がでない、吐き気、不眠症、手足が冷えやすい、暑さ寒さに敏感、普通の人より睡眠時間が多く必要、寝覚めが悪く朝すっきりと起きられない、疲れたまま目が覚める、午前中はボーッとして頭が働かない、腰痛が起こりやすい

朝が弱いと「低血圧だから~」というような会話を耳にしますが、まさにその通りなんです。

低血圧の人は朝起きるのが苦手。夜起きているのは比較的楽なので、夜遅くまで起きる→朝起きられないという悪循環になってしまう傾向にあるようです。栄養素だけでなく、規則的な生活を送れるようにしましょう。

また、ヨガやウォーキングなどの軽い運動も大切です。

低血圧を改善するには

特に病院で治療する必要はなく、栄養素をきちんと摂ることで改善されます。薬で血圧を上げる「昇圧剤」という薬もあります。漢方でも症状が改善するものがあります。

栄養素としては、カロリー、たんぱく質、ビタミンC、フラボノイド、ビタミンB群(特にビタミンB5)などが少しでも足りなくなると血圧が下がりやすくなるようです。その中でも重要なのはビタミンCビタミンB5。体内の塩分や水分を保持する副腎の機能回復に大きく貢献してくれるので効果も高いです。

高血圧の症状と改善方法

高血圧は深刻な症状です。心臓から出た血液が全身を回るときに必要とする圧力が、不必要に高いという状態です。それだけ血管に必要以上の圧力がかかっているということなので、動脈が破綻して出血したり詰まったりする可能性があります。

心筋梗塞、心不全、脳卒中、腎不全など命に関わる病気を引き起こすリスクが高まります。

高血圧の目安としては、140/90mmHg以上だと「高血圧」にあたります。「130~139/80~89」は正常ではありますが、正常値の中でも注意する値です。高血圧になる可能性を秘めている人の数字です。

高血圧になってからではなく、高めの時から意識して改善をしていくことが必要です。ある意味、生活習慣病ともいえるので生活習慣を見直すことで血圧が改善されることが多いです。

高血圧になる生活習慣

塩分やアルコールの摂り過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、喫煙です。これらの習慣がある人は高血圧になりやすいとされています。

栄養療法で高血圧を改善する!

カルシウム 600mgを摂る。
マグネシウム 300mgを摂る。
野菜と果物を十分に摂る。
ビタミンC 2000mgを3回に分けて摂る。
コエンザイムQ10 30mgを摂る。
魚油、えごま油は高圧作用があります。

コエンザイムQってどの食材にあるの?

コエンザイムQを多く含む食品は、いわし、さば、あんこう肝、あじ、牛肉、豚肉、鶏ささみ、ぶり、牛レバー、豚レバー、うなぎ、ほうれん草、納豆、かれい、など。

高血圧の約1/3の人が、コエンザイムQ10不足と考えられています。コエンザイムQは体内でも合成されますが、40歳を過ぎると合成する量が減っていきます。積極的に摂りましょう!

 - 色々な症状のお話

  関連記事

妊娠高血圧症候群について

2005年に日本産科婦人科学会により「妊娠中毒症」と呼称されていた疾患が「妊娠高 …

無脳症について

神経管閉鎖障害 脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4~5週 …

低血糖症、高血糖(糖尿病)について

糖質はどんなふうに関係するか 糖質は消化されると、ブドウ糖、果糖、ガラクトースの …

口蓋裂について

神経管閉鎖障害のひとつ、口蓋裂。 胎児がおなかの中で次第に成長するとき、顔は左右 …

no image
妊娠中の感染症について

感染症は、妊娠中でも容赦なく襲ってきます。 また、すでに感染してウイルスや菌をも …

二分脊椎症について

神経管閉鎖障害 脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4~5週 …

ストレスって一体何?

現代社会で多くの人が避けられないストレス。体に何らかの症状がでるとストレスが原因 …

神経性(神経管)閉鎖障害ってどんな症状?

葉酸(ビタミンB9)が不足すると神経性閉鎖障害になるといいますが、神経性閉鎖障害 …

【症状別】必要栄養素対応表

色々な症状別に、どの栄養素が効果的に作用するのかを一覧表にしました。自分にはどの …

常位胎盤早期剥離について

胎盤が正常な位置にあるにもかかわらず、赤ちゃんが生まれる前に剥がれてしまうトラブ …