どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60kgとすると約3gです。内訳としては血液のヘモグロビン中にヘム鉄として1800mg、主に肝臓に貯蔵鉄として750mg、筋ミオグロビン中に240mgがあります。

鉄分の働き
鉄が不足すると貧血になるのはよく知られています。鉄が不足すると赤血球の生成がうまくできなくなるので貧血になるのです。子供に鉄分が不足するとは認識力が落ちるなどの影響があります。

日本では、鉄分は約50%の家庭で不足しているといわれている成分です。鉄分が足りないかどうかは、爪に縦のしわが深く刻まれている場合は要注意です。

鉄の働き

・血液と筋肉の中で酸素を運ぶ
・タンパク質の代謝
・コラーゲン生成
・免疫機能を維持する
・筋肉の収縮

鉄が不足するとどうなる?

※赤字は、特に不足している時の早い時期に起こりうる症状です。
疲れやすい、スタミナがなくなる
いらいらする、憂鬱になる
神経過敏、注意力が散漫
貧血
顔色が青白くなる
髪の毛がパサパサになる
頭痛、めまい、冷え性
朝起きられなくなる
下がただれる、口角炎
氷を欲しがる
粘土を食べる
塩味を欲しがる
肩、首筋がこる
頻脈、動悸、息切れ
労働能力が低下する
消化障害
萎縮性胃炎
骨が折れやすくなる
筋力が低下する
手足の指がずきずき痛む
脳の働きが低下する
物忘れがひどくなる
子供の学習能力が低下する
落ち着きがなく注意力が低下する
多動症
寒さに弱くなる
感染症にかかりやすくなる
病気に対する抵抗力が低下する
白血球の数が減少する
運動能力が低下する
爪に縦のしわが入る
爪がスプーンのように反る
爪がもろく、ツヤがなくなる

乳幼児、思春期、妊産婦、生理過多、出血性疾患の人は欠乏しやすくなるので積極的に摂取しましょう。

こんな症状の人は鉄分の必要性が高いです!

※赤字は、特に鉄摂取が効果的とされている症状です。
物忘れ、注意力散漫
学習能力が低い
うつ、神経過敏、頭痛
潰瘍性口内炎
歯と歯茎の障害
舌炎
長期にストレスを受ける
白血病、がん
動悸、息切れ
胸焼け、吐き気
慢性胃腸障害
大腸炎、便秘、下痢
生理痛
貧血

寄生虫、胃潰瘍、悪性腫瘍の出血
アルコール中毒
妊娠、授乳中
24ヶ月までの赤ちゃん
発育期、思春期
高齢者
甲状腺機能低下症
ダイエット中
打撲傷、皮膚の潰瘍
月経過多
スプーン爪

1日の推奨量は10mg、有益になる量は10~40mgです。10mgを摂るには、豚レバーで100g、まいわしの丸干しで約5匹分です。食事としてはあまり難しい量ではありませんが毎日一定量を摂るのは難しいかもしれません。

鉄を多く含んでいる食品

【多い順】
豚レバー
まいわし丸干し
鶏レバー
むろあじくさや
きな粉
さわら焼き
ぶり焼き
めざし
凍り豆腐
和牛肩赤肉
あさり佃煮
きはだまぐろ刺し身
牛レバー
おたふく豆
さんま
いかなご
かぼちゃ
切り干し大根
よもぎ
ししゃも
枝豆
玄米ご飯

鉄分は吸収率が悪く、鉄分だけを単体で摂取してもほとんど吸収されません。吸収率を上げるのは葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、B12などです。まんべんなく栄養を摂ることが鉄分をたくさん摂ることにつながります。

また体内には「有害ミネラル」と呼ばれる、必要なミネラルの働きを低下させるミネラルが存在します。鉄分はミネラルに入りますが、カルシウムを一緒に摂ると有害ミネラルを追い出してくれるのでカルシウムも必要です。

かといって毎日の食事でそれらを全て摂れるかといったらなかなか難しいです。ビタミンB群は水溶性なので数時間で体内から排出されてしまうので定期的に摂らなければ意味がありません。

そこで活躍するのがサプリメント。全ての成分を同時に摂れるものを摂るのが鉄分の吸収効率を助けてくれます。鉄分だけでなくビタミンは食事から十分な量を取りにくい栄養素でもあるので、それらも考えて作られたサプリメントを紹介しますね。

鉄分補給のサプリメント

比較 ベルタ葉酸サプリ 美的ヌーボ AFC葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ 美的ヌーボ 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
鉄分 15mg 15mg 10mg
カルシウム 250mg 250mg 200mg
野菜 18種類
ビタミン 12種類 13種類 8種類
ミネラル 14種類 14種類
生産国 日本 アメリカ 日本
評価
公式


他の栄養素ページはこちら

(ビタミン類)
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンB3(ナイアシン、ニコチン酸)
ビタミンB5(パントテン酸)
ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB12(コバラミン)
葉酸(ビタミンB9、ホレイト)

(ミネラル類)
カルシウム
マグネシウム

 - 栄養素のお話

  関連記事

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは …

カルシウムは体内に一番多いミネラル!

カルシウムは体内に一番多いミネラルで、体重の約2%を占めます。60kgの人だった …

ビタミンDはカルシウムに大きく関与している

ビタミンDは、カルシウムとリンの代謝に作用します。カルシウムとビタミンDを一緒に …

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

ビタミンEの働き&不足するどうなる?

ビタミンEの基本的な働きは、細胞膜を酸化から守ることです。優れた抗酸化作用を発揮 …

妊婦さんと栄養のお話

妊娠中だけでなく、妊娠する前からきちんとした栄養バランスをとってきた妊婦さんは、 …

ビタミンB3(ナイアシン)の働き

ビタミンB3(ナイアシン)はニコチン酸とも呼ばれます。 ビタミンB3(ナイアシン …

ビタミンB12は大量に摂っても排泄されやすい

ビタミンB12は過剰摂取によるリスクがないようです。大量に摂っても排泄されやすく …

葉酸(ビタミンB9)は不足しやすいビタミンのひとつ!

葉酸(ビタミンB9)は細胞増殖に必須のビタミンです。細胞増殖がさかんな胎児、組織 …