どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

マグネシウムは欠乏しやすい栄養素だけど必要性が高い!

マグネシウムは体内に約25gが存在します。そのうちの60%は骨にあり、28%が筋肉や肝臓などの軟組織にあります。神経伝達や筋肉の伸び縮み、強い骨の維持、心臓の正常リズムに必要な栄養素です。
マグネシウムの働き

マグネシウムの働き

・動脈硬化、心筋の梗塞形成を防ぐ
・血圧を下げる
・不整脈、動悸を改善する
・高脂血症を改善する
・急性の喘息発作を止める
・インスリンの効果と糖代謝を改善する
・視野を改善する
・睡眠を改善する
・不安、うつ状態を改善する
・食物アレルギー性の片頭痛を改善する
・腎結石を防ぐ
・生理痛、神経過敏を改善する

不足するとどうなる?

※赤字は、特に不足している時の早い時期に起こりうる症状です。
疲れやすい
憂鬱、めまい、不安感
神経過敏、神経質
音に過敏になる
極度に緊張しやすくなる
学習能力低下、記憶力低下
顔や目がぴくぴくする
絶えずまばたきをする
背中、首がこる
震え、けいれん
高血圧になる
頻脈、不整脈
心臓発作、心臓病
消化不良
筋肉が震える、けいれんする
手が震えて文字が書けなくなる
書いた文字が判読できなくなる
震えてピアノが弾けなくなる
食器をガチャガチャさせる
手足のしびれ、麻痺、痛み
精神的に混乱する
脱毛
不眠
子供の多動症
乗り物に酔いやすくなる
胸腺萎縮
骨粗しょう症
月経前症候群
生理中のけいれん
腎臓結石
足や手首がけいれんする
皮膚の潰瘍
夜尿症

こんな症状の人はマグネシウムの必要性が高いです!

※赤字は、特にカルシウム摂取が効果的とされている症状です。
うつ症状、不眠症
疲れやすさを改善
片頭痛
脱毛症
緊張性頭痛
チック、けいれん
甲状腺機能亢進症
喘息
高コレステロール血症
心臓病、発作
不整脈
腎結石
背板、腰痛
潰瘍性大腸炎
過敏性腸症候群
帯状疱疹
神経炎、神経筋の障害
筋肉のふるえ、けいれん
長期利尿剤を使っている人
アルコール中毒
てんかん、自閉症
むくみ
精神病症状
慢性疲労症候群
虫歯、歯ぎしり
高カルシウム血症
肺水腫
高血圧
心内膜炎
低血糖症
Ⅱ型糖尿病
カンジダ症
月経前症候群
月経困難症
無月経
月経痛

1日の推奨量は320mg、有益になる量は400~700mgです。推奨量320mgを摂るには、かぼちゃ75g、玄米ごはん5杯分です。食品から摂取するのは相当難しい栄養素です。

マグネシウムを多く含んでいる食品

【多い順】
かぼちゃ
玄米ご飯
きな粉
絹ごし豆腐
干しひじき
田作り
ブラジルナッツ
削り昆布
油揚げ
ミルクチョコ
そば
うるめいわし
ココア
かつお
アーモンド
とうもろこし
くるみ
カシューナッツ
凍り豆腐
バナナ
ピーナッツ
納豆
ししゃも生干し
いかなご
パパイア
アボカド
食パン
白米ご飯

マグネシウムを食事から必要量摂ろうとすると、例えばアーモンドは80粒(!)が必要です。摂り過ぎによる他の弊害のほうが心配になってしまいます。マグネシウムは食事から補うのが難しい栄養素のうちのひとつなので、サプリで補うのが現実的といえるでしょう。

★マグネシウムが摂れる葉酸サプリ★

ベルタ葉酸サプリ 美的ヌーボ オーガニックレーベルの葉酸
ベルタ葉酸サプリ 美的ヌーボ オーガニックレーベルの葉酸

他の栄養素ページはこちら

(ビタミン類)
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンB3(ナイアシン、ニコチン酸)
ビタミンB5(パントテン酸)
ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB12(コバラミン)
葉酸(ビタミンB9、ホレイト)

(ミネラル類)
カルシウム

 - 栄養素のお話

  関連記事

葉酸(ビタミンB9)は不足しやすいビタミンのひとつ!

葉酸(ビタミンB9)は細胞増殖に必須のビタミンです。細胞増殖がさかんな胎児、組織 …

ビタミンAの働き&不足するとどうなるか

ビタミンAは、日本で約30%強の世帯で足りていないといわれています。 ビタミンA …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは …

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

ビタミンB2が不足していたら他のビタミン欠乏も疑う!

ビタミンB2は頭痛外来に行くと処方されることもあるビタミンです。偏頭痛の防止や口 …

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60 …

ビタミンについてのお話

現代の食事では、十分なビタミンを摂ることが難しくなってきているといわれますが、ビ …

妊婦さんと栄養のお話

妊娠中だけでなく、妊娠する前からきちんとした栄養バランスをとってきた妊婦さんは、 …

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれる

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれます。B6酵素だけでも100種類ありすべての …