どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは美白製品などによく使われています。水に溶けない脂溶性ビタミンではありますが比較的尿などから排出されやすいビタミンです。
ビタミンC

ビタミンCの働き

・コラーゲンを合成する
・強力な抗酸化作用
・エネルギー代謝に重要なカルニチンを合成する
・白血球の活動に必要
・アドレナリンを作リ出す
・活性酸素を消去する

不足するとどうなる?

※赤字は、特に不足している時の早い時期に起こりうる症状です。
疲れてぼんやりする
不快感、脱力感
緊張を感じやすくなる
目の疲れ
目の中にチラチラ虫が飛んでいるように見える
視力の低下
白内障のリスク
歯磨きで出血
口内炎
歯肉が腫れて出血
母乳の出が悪くなる
コラーゲン生成が鈍化
毛細血管がもろくなる
軽い打撲であざができる
皮下出血
胃腸が弱る
皮膚の弾力低下
傷の治りが遅くなる
椎間板が弱くなる
筋肉の力が衰える
筋肉、関節の軽い痛み
脳卒中、心発作のリスク
虚弱体質になる
貧血、壊血病
老化が早まり背が曲がる
老人の痴呆
高血圧
しみができやすくなる
顔の色がくすむ
鼻血が出やすくなる
風邪をひきやすくなる
免疫力が低下
感染に弱くなる
寒さに弱くなる
血糖値が高くなりやすい
肝臓の解毒作用低下
アルコールに弱くなる
アレルギーが起きやすい
ストレス対応の失調
副腎機能が低下
ガンのリスク上昇
骨が弱り、折れやすくなる

特にビタミンCが欠乏しやすいのは、たばこを吸っている人、糖尿病、感染症、アレルギー、慢性病、ストレス下にある人、高齢者です。意識してサプリで補うようにしましょう。

こんな症状の人はビタミンCの必要性が高いです!

壊血病、疲労、偏頭痛、高血圧
パーキンソン病、ストレス、不眠症
アルコール中毒
貧血、脳卒中、喫煙
歯周病、歯と歯茎の障害
口内炎、口臭
ヘルペス
風邪、インフルエンザ
神経性食思不振症、過食症
気管支炎、喘息
胃炎、胃腸炎、胃潰瘍
動脈硬化、心臓病予防
肝硬変、肝炎
糖尿病、低血糖症
骨折、骨粗しょう症、腰痛
筋ジストロフィー
腎炎、透析時
大腸炎、下痢、ポリープ
便秘、痔
膀胱炎
関節炎、むくみ
足のけいれん
アルツハイマー病
アレルギー
高コレステロール血症
脱毛、更年期障害
ガンの予防と治療
緑内障、耳感染
妊婦、授乳時
にきび、日焼け、シミ
鼻血
甲状腺機能亢進
乳がん、帯状疱疹
肺炎、結核、肺気腫
胆石、黄疸
床ずれ、潰瘍
前立腺炎
カンジダ感染症
痛風

一日に必要な量は50mg、有益になる量は500mg~3000mgです。摂取してから数時間で排泄されてしまうので、何回かに分けて摂りましょう。

ビタミンCを多く含んでいる食品

【多い順】
味付けのり
焼き海苔
赤ピーマン
黄ピーマン
アセロラ
パセリ
芽キャベツ
レモン
ケール
からしな漬け
ピーマン
ゴーヤ
めんたいこ

キウイ
レッドキャベツ
モロヘイヤ
いちご
抹茶
ししとう
京菜
ブロッコリー
カリフラワー
レモン果汁
パパイヤ
ハム
ベーコン
かぶの葉っぱ
きんかん
かぶ
かいわれだいこん
つまみ菜

ビタミンCは排泄されやすいので1食毎に意識して食べないと必要量が摂れません。サプリメントで補給するのが手っ取り早いです。特に喫煙者の人はビタミンCが欠乏になりがちなので注意が必要です。

ビタミンCだけでなく、B群も同じように排出されやすく不足しがちになるビタミンです。ビタミンを摂るなら他のビタミンも同時に摂らないと効果は発揮されません。

Cだけでなく、B群、D、Eなどは毎日の食事では十分な量が摂取しにくいビタミンでもあるのでサプリメントを活用しましょう。ひとつのサプリで多くのビタミンが摂れるものを選ぶのがベストです。
ビタミンCのサプリ

比較 ベルタ葉酸サプリ オーガニックレーベルの葉酸 AFC葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ オーガニックレーベルの葉酸 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
ビタミンC
鉄分 15mg 15mg 10mg
カルシウム
野菜 18種類 103種類
ビタミン 12種類 12種類 8種類
ミネラル 15種類 10種類
その他成分 美容成分6種類
評価
公式


他の栄養素ページはこちら

(ビタミン類)
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンB3(ナイアシン、ニコチン酸)
ビタミンB5(パントテン酸)
ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB12(コバラミン)
葉酸(ビタミンB9、ホレイト)

(ミネラル類)
カルシウム
マグネシウム

 - 栄養素のお話

  関連記事

カルシウムは体内に一番多いミネラル!

カルシウムは体内に一番多いミネラルで、体重の約2%を占めます。60kgの人だった …

ビタミンB12は大量に摂っても排泄されやすい

ビタミンB12は過剰摂取によるリスクがないようです。大量に摂っても排泄されやすく …

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれる

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれます。B6酵素だけでも100種類ありすべての …

葉酸(ビタミンB9)は不足しやすいビタミンのひとつ!

葉酸(ビタミンB9)は細胞増殖に必須のビタミンです。細胞増殖がさかんな胎児、組織 …

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

ビタミンAの働き&不足するとどうなるか

ビタミンAは、日本で約30%強の世帯で足りていないといわれています。 ビタミンA …

妊婦さんと栄養のお話

妊娠中だけでなく、妊娠する前からきちんとした栄養バランスをとってきた妊婦さんは、 …

ビタミンB3(ナイアシン)の働き

ビタミンB3(ナイアシン)はニコチン酸とも呼ばれます。 ビタミンB3(ナイアシン …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

マグネシウムは欠乏しやすい栄養素だけど必要性が高い!

マグネシウムは体内に約25gが存在します。そのうちの60%は骨にあり、28%が筋 …