どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

妊婦さんと栄養のお話

妊娠中だけでなく、妊娠する前からきちんとした栄養バランスをとってきた妊婦さんは、健康な赤ちゃんを産む確率が高いそうです。また、妊娠経過中のトラブルが少なく安産傾向にあるということなので、妊娠前から意識して必要な栄養を摂るように心がけたいですね。
妊婦さんと栄養
妊娠中は普通の人と比べて必要な栄養素の量が増えます。足りない栄養素は栄養補助食品で補うことは、ママにとっても赤ちゃんにとっても大切なことなのです。

妊娠中の食事で気をつけること

妊娠中に必要な栄養素は
・適量のたんぱく質
・十分なビタミンとミネラル

です。

できるだけ控えたいのは砂糖と油。カロリーが多く栄養素がほとんどとれないからです。また、白いご飯や小麦粉をつかった食品は体内の栄養素を消耗するので食べ過ぎには注意。

できれば主食は胚芽米や玄米などの雑穀。今はご飯を炊くときに混ぜるだけの便利な雑穀が売られていますので、白米1に対して雑穀1と半々の割合でも良いですね。

不足しがちになる栄養素は?

妊娠中に不足しがちになるのはビタミンとミネラル、鉄、カルシウム、亜鉛です。カルシウムは乳製品や、まるごと食べるにぼしなどの小魚などから補給しやすいですが、中でも葉酸と鉄、亜鉛は食事から摂るのは困難な栄養素なのでサプリメントで補給することが推奨されています。

葉酸サプリは鉄分も一緒に摂れるものがほとんどですが、ビタミン類が豊富なサプリを選ぶと栄養素がまんべんなく摂れるので良いですよ。ビタミンには脂溶性と水溶性があり、水溶性は排出されやすく体内に蓄積されません。脂溶性と水溶性のバランスもきちんと考えられているのはベルタ葉酸サプリです。

葉酸は特に重要!!

葉酸は胎児の先天性欠損に大きく関係していると発表されています。無脳症、二分脊椎、口蓋裂などの先天性異常の多くは、葉酸が不足していると起こりやすいと報告され、母子手帳にも「葉酸を摂りましょう」ということが書かれています。厚生労働省でも葉酸はサプリなどでの補給を推奨しています。

胎児の奇形は妊娠12週までにほぼ形作らますが、妊娠初期の時期なので、妊娠に気付いていない可能性もあります。またつわりがひどい時期でもあるので食事を取りづらい妊婦さんにとっては辛い時期です。

できれば妊娠する前から日常的に葉酸を摂っておくのがベスト。ただ、レバーは葉酸を多く含みますが、同時にビタミンAも多く含んでいます。葉酸の推奨されている量(1日400μg)を摂ろうとすると、同時にビタミンAが過剰摂取になってしまい、逆に過剰摂取による奇形の心配が高まります。

葉酸が多い野菜として有名なほうれん草にしても同じです。ほうれん草には「シュウ酸」が多く含まれ、摂り過ぎると腎臓結石の原因になります。

このように、摂り過ぎによるリスクがでてきてしまいます。そのため、きちんと計算できるサプリが推奨されている理由のひとつです。

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれる

妊娠初期の妊婦さんにとってつわりは悩みのうちのひとつですが、ビタミンB6を約25mg毎食後に摂るとつわりが楽になります。

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれるだけでなく、妊娠中、授乳中数ヶ月間は、赤ちゃんの脳の形成に大きく関係しています。脳の発育期に必要な栄養素なんです。

妊娠中のビタミンB6は欠乏しやすい上に、正常な状態を保つには更に数mg多く摂ることが必要です。バナナでいうと3本分。バナナを毎日3本食べるのは糖分も気になります。食品だけで補うのは難しいといえるでしょう。

流産について

流産してしまうのはいくつかの原因があります。
・感染
・栄養素欠乏
・エネルギーやたんぱく質の不足
・抗生物質の服用
・食品や水、空気中の毒物
・環境の科学物質
・飲酒
・喫煙
・胎児の異常
これらは十分な量のビタミンE、ビタミンC、葉酸を摂ることで防げると報告があります。流産しやすい、しにくいというのもあると思いますが、流産しやすい女性は特に栄養素を積極的に摂ると流産防止に効果があるそうです。

つわりを軽くする

つわりがひどくなるのは血糖値が下がる時です。できれば少量のものを食べたり飲んだりして血糖を上げるようにするのが良いですが、吐き気がひどいと水も飲めなくなってしまうこともあります。

可能であれば生姜を食べるのも効果があります。また、ビタミンB群は特に吐き気を緩和する効果がありますので、食べ物が無理な場合はサプリでビタミンB群を中心に摂ると楽になるでしょう。

⇒つわりの吐き気を軽減してくれるおすすめ食材

妊娠中のトラブルを防ぐために

●ビタミンB群不足・・・奇形、異常を起こす可能性。妊娠中のむくみがひどくなる。
●ビタミンK、ビタミンC不足・・・胎盤の出血リスク増加。
●カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6不足・・・神経過敏、不眠、筋肉のけいれん。
●鉄分・・・出産時の過剰出血を防ぐ。流産、奇形を防ぐ。
●カルシウム、ビタミンD・・・陣痛から出産までの痛みを緩和する。
●ビタミンE・・・膣組織の伸縮性と拡張性を増加。
●亜鉛・・・筋力を保つ。
●たんぱく質、マグネシウム、カリウム、脂肪酸、ビタミンE・・・出産を楽に、早くする。
●カルシウム・・・妊娠後期、胎児の骨形成に関与。
●葉酸・・・出産障害(死産、低体重児、脳障害児、免疫力の弱い子)を防ぐ。
●マグネシウム、ビタミンB6、コリン、たんぱく質不足・・・妊娠中毒症の可能性。

妊婦さんに必要な栄養素が多すぎる(涙)

こうしてみると、妊娠から出産にかけて必要な栄養素が多く、十分な量を摂っていればさまざまなリスクを防げることがわかります。できれば起こりうるリスクは避けたいもの。

でも、これだけあると何を食べていいかわからない!とパニックになってしまいそうです(TдT)

これらの不安を解決してくれるのはやはりサプリメントでしょう。サプリメントにも色々ありますが、特に妊婦さんにおすすめなのはベルタ葉酸サプリというサプリメントです。

妊婦さんにイチオシのサプリはこちら!以下の栄養素が含まれています♪

■ビタミン13種類
C、B1、B2、B3、B5、B6、B9(葉酸)、B12、D、E(トコフェロール)、イノシトール、ビオチン、ベータカロテン
■ミネラル14種類
鉄分15mg、カルシウム250mg、カリウム、リン酸、銅、亜鉛、マンガン、セレン、モリブデン、ヨウ素、クロム、コリン
■野菜18種類
大麦若葉、ケール、ブロッコリー、かぼちゃ、チンゲンサイ、モロヘイヤ、パセリ、人参、ゴーヤ、ほうれん草、桑の実、よもぎ、トマト、セロリ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく
■美容成分
ツバメの巣、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、黒酢もろみ、珊瑚カルシウム

※無添加、無香料

>>保険機能食品に分類されています!ベルタ葉酸サプリはこちら<<

ビタミンAとビタミンKは脂溶性ビタミンで体内に蓄積されるので配合されていません。B群を中心に、体内から排出されてしまうもの、つまり欠乏しやすいビタミンを中心に構成されています。

ビタミンはもちろんですが、鉄分やカルシウム、亜鉛など出産の時まで考えられた成分を配合。野菜類も18種類など青汁並の栄養素を含んでいます。

ベルタ葉酸サプリは生理不順や生理痛に悩んでいる人にも高評価で、妊婦さんだけでなく健康を気にする人にはおすすめしたいサプリです。管理人はもう出産を終えましたが、葉酸とビタミンが不足気味なので健康のために続けようと思っています。

 - 栄養素のお話 ,

  関連記事

ビタミンB2が不足していたら他のビタミン欠乏も疑う!

ビタミンB2は頭痛外来に行くと処方されることもあるビタミンです。偏頭痛の防止や口 …

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは …

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60 …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

ビタミンDはカルシウムに大きく関与している

ビタミンDは、カルシウムとリンの代謝に作用します。カルシウムとビタミンDを一緒に …

ビタミンAの働き&不足するとどうなるか

ビタミンAは、日本で約30%強の世帯で足りていないといわれています。 ビタミンA …

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

ビタミンB12は大量に摂っても排泄されやすい

ビタミンB12は過剰摂取によるリスクがないようです。大量に摂っても排泄されやすく …

ミネラルについてのお話

ミネラルと一言で呼んでいるものは、実は色々な栄養素を含んでいます。 ミネラルとは …

ビタミンEの働き&不足するどうなる?

ビタミンEの基本的な働きは、細胞膜を酸化から守ることです。優れた抗酸化作用を発揮 …