どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

葉酸(ビタミンB9)は不足しやすいビタミンのひとつ!

葉酸(ビタミンB9)は細胞増殖に必須のビタミンです。細胞増殖がさかんな胎児、組織、骨髄、消化管粘膜に特に影響が大きいといわれています。
葉酸(ビタミンB9)

葉酸の働き

・骨髄の血球生産を活性化
・胎児の正常な発育
・毛母細胞を強める
・記憶保持に関与する
・大腸、肺、食道、子宮、乳房がんの予防

不足するとどうなる?

※赤字は、特に不足している時の早い時期に起こりうる症状です。
疲れやすい
ゆううつ
ひきこもり
神経過敏
毛が抜けやすい
早く白髪になる
唇の隅が切れる
舌が赤くただれて痛む
口内炎
巨赤芽球性貧血
白血球減少
血小板減少
吐き気
食欲不振
腹痛、下痢
小腸粘膜損傷
老人の手のふるえ
物忘れ
頭の働きが鈍くなる
頭痛、不眠、めまい
しみができやすい
顔色が青白い
産婦のやる気のなさ
産後うつ
頻脈、息切れ
小児の発育不良
不妊
奇形児出産の心配
子宮頸がんの心配
急に尿意を催す
手足のしびれ
運動失調

葉酸は不足しがちになるビタミンのひとつ。すべての細胞と組織の成長、修復に影響するため、毎日十分な量を摂りたい栄養素です。

こんな症状の人は葉酸の必要性が高いです!

疲労、うつ
脱毛、若白髪
貧血症、悪性貧血
偏頭痛
扁桃腺炎
舌のただれ
動脈硬化症
うっ血性心不全
ウイルス性肝炎
胃炎、消化不良
胃腸障害
副腎の機能低下
胎児奇形リスク予防
子宮頸がんリスク予防
尿結石症
いぼ
関節炎
痛風
アルコール中毒
分裂病、てんかん
アルツハイマー
異形成
妊娠、授乳期
妊娠初期、妊活中
高齢者
タバコ依存症
口内炎の潰瘍
肺がんのリスク予防
高血圧
乳腺炎、乳がん
潰瘍性大腸炎
大腸がんリスク予防
直腸がんリスク予防
ピル使用者
骨粗しょう症

1日の推奨量は200μg、有益になる量は400~1000μgです。葉酸は加熱によってそれぞれの食材がもつ量の約半分が失われるので取りにくいビタミンのひとつ。葉酸が多いとされるほうれん草でも7本でやっと200μgなので食品だけから摂るのは困難です。

葉酸を多く含んでいる食品

【多い順】
海苔
パセリ
鶏レバー
牛レバー
豚レバー
パッションフルーツ
うに
ドリアン
牛腎臓
とうもろこし
マンゴー
ホタテ
枝豆
きな粉
芽キャベツ
ひまわり種子
調整豆乳
あさつき
ライチ
アボカド
なばな
アスパラ
ブロッコリー
さつまいも
くり
オレンジネーブル
あんこう肝
キャベツ
日本かぼちゃ
そら豆
干し海苔
ひきわり納豆
春菊
おくら
ほうれん草

葉酸を多く含んでいる食品については別表にまとめています。
⇒葉酸の含有量が多い食材ランキング
葉酸サプリランキング

 - 栄養素のお話 ,

  関連記事

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60 …

ビタミンAの働き&不足するとどうなるか

ビタミンAは、日本で約30%強の世帯で足りていないといわれています。 ビタミンA …

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

ミネラルについてのお話

ミネラルと一言で呼んでいるものは、実は色々な栄養素を含んでいます。 ミネラルとは …

マグネシウムは欠乏しやすい栄養素だけど必要性が高い!

マグネシウムは体内に約25gが存在します。そのうちの60%は骨にあり、28%が筋 …

ビタミンB2が不足していたら他のビタミン欠乏も疑う!

ビタミンB2は頭痛外来に行くと処方されることもあるビタミンです。偏頭痛の防止や口 …

ビタミンEの働き&不足するどうなる?

ビタミンEの基本的な働きは、細胞膜を酸化から守ることです。優れた抗酸化作用を発揮 …

カルシウムは体内に一番多いミネラル!

カルシウムは体内に一番多いミネラルで、体重の約2%を占めます。60kgの人だった …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは …