どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

ビタミンB12は大量に摂っても排泄されやすい

ビタミンB12は過剰摂取によるリスクがないようです。大量に摂っても排泄されやすく吸収しにくいビタミンです。葉酸と密接に関係して働くので、葉酸を摂るときにはなくてはならない栄養素です。
ビタミンB12

ビタミンB12の働き

・DNA合成→細胞増殖
・貧血症状の改善
・DNA合成に必要な葉酸を活性化する

不足するとどうなる?

※赤字は、特に不足している時の早い時期に起こりうる症状です。
虚弱、疲れやすい
ゆううつ
不機嫌、精神不安
めまい、頭痛
睡眠障害
発育、細胞再生の障害
青白い唇、舌、歯茎
舌の潰瘍
舌が苺のように赤く痛む
味覚障害
吐き気
食欲不振
胃酸が減る
おなかにガスがたまる
腰痛
よろよろする歩き方
物忘れ
集中力の低下
妄想、幻聴、痴呆
老人性精神病
顔色が悪い、むくむ
ぼやけて見える
話がしにくい
大赤芽球性貧血
息切れ
白血球の生産低下
あざができやすい
生理不順、無月経
手足のしびれ、無感覚
手足のひりひりする痛み
手足の運動麻痺

高齢者の15%に欠乏しているといわれています。ストレス、加齢、萎縮性胃炎などでも不足します。

こんな症状の人はビタミンB12の必要性が高いです!

貧血症、悪性貧血
めまい、ふらつき
疲れやすい
物忘れがひどい、老人ボケ
刺すような神経痛、麻痺
神経障害
蒼白、舌炎
タバコ依存症
口内炎
妊婦、授乳しているママ
動脈効果
心臓病
糖尿病の神経障害
胃を切除した人
無酸症、萎縮性胃炎
手足の感覚異常
腱の深部反射低下
50歳以上の人
アルコール中毒
不機嫌、ゆううつ
うつ病
不眠症
精神錯乱、記憶喪失
アルツハイマー病
亜硝酸アレルギー
発育不良
耳鳴りがひどい
慢性消耗性疾患
老人の免疫低下
ストレスが続く人
背の痛み、腰痛
肝炎、肝硬変
膵臓がん
腸がん
多発性硬化症
ひどいやけど
筋ジストロフィー
菜食主義者

1日の推奨量は2.4μg、有益になる量は100~1000μgです。鶏レバー一切れで20μg弱、いくら1杯で15μgが摂れます。魚介類を食べれば十分な量が摂れます。

ビタミンB12を多く含んでいる食品

【多い順】
さけめふん
ほっきがい
まいわし
牛レバー
あんこう肝
田作り
鶏レバー
赤貝
あさり
いくら
かじか
牡蠣
にしん
さんま
しじみ
むろあじくさや
ホタテ
はまぐり
すじこ
あゆ
豚レバー
うるめいわし
まいわし
あじ開き
かつお
しゃこ
ほっけ
たらこ
ほたるいか
からすみ
やまめ

必要量は1日2.4μgですが、魚介類一人分で必要量は余裕でクリアできます。過剰摂取にならないビタミンですが葉酸を摂る際には必要不可欠なビタミンです。ビタミンB12は取りやすいビタミンであるのに対し、葉酸は不足しやすいビタミンなのでビタミンが多く含まれた葉酸サプリで摂取するのをおすすめします。

葉酸だけ、ビタミンB12だけ摂るのは効率が悪く効果を最大限に発揮できません。葉酸をメインとしたビタミン類が多く配合されているサプリを毎日摂るようにしましょう!

 - 栄養素のお話 ,

  関連記事

ビタミンB1は他のビタミンB群と一緒に摂る

ビタミンB1はダイエット中の人や高齢者、アルコールを毎日飲む人に欠乏しやすいビタ …

カルシウムは体内に一番多いミネラル!

カルシウムは体内に一番多いミネラルで、体重の約2%を占めます。60kgの人だった …

ミネラルについてのお話

ミネラルと一言で呼んでいるものは、実は色々な栄養素を含んでいます。 ミネラルとは …

マグネシウムは欠乏しやすい栄養素だけど必要性が高い!

マグネシウムは体内に約25gが存在します。そのうちの60%は骨にあり、28%が筋 …

妊婦さんと栄養のお話

妊娠中だけでなく、妊娠する前からきちんとした栄養バランスをとってきた妊婦さんは、 …

ビタミンB2が不足していたら他のビタミン欠乏も疑う!

ビタミンB2は頭痛外来に行くと処方されることもあるビタミンです。偏頭痛の防止や口 …

ビタミンについてのお話

現代の食事では、十分なビタミンを摂ることが難しくなってきているといわれますが、ビ …

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60 …

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれる

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれます。B6酵素だけでも100種類ありすべての …

ビタミンB3(ナイアシン)の働き

ビタミンB3(ナイアシン)はニコチン酸とも呼ばれます。 ビタミンB3(ナイアシン …