どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

ビタミンDはカルシウムに大きく関与している

ビタミンDは、カルシウムとリンの代謝に作用します。カルシウムとビタミンDを一緒に摂ることで効率が良くなるということがわかりますね。
ビタミンDの働き

ビタミンDの働き

・小腸からカルシウムとリンの吸収を促進する
・骨からカルシウムを取り出し、さらに骨にカルシウムを沈着させて骨形成を促進する
・血中カルシウム濃度を維持する働き

ビタミンDは脂溶性ビタミンで蓄積されやすいとされていますが、腎臓で調節がされます。サプリから摂る分には過剰摂取の心配はないといわれています。

過剰摂取とされるのは、1日に1000μg(=1mg)単位で長年摂取した場合です。ビタミンDが多い食材ではそうだがつおの塩辛ですが、100gで120μgなので心配する必要はないでしょう。

不足するとどうなる?

興奮しやすい
不眠
視力低下
幼児の発育不良
背骨が曲がる
くる病
骨粗しょう症、骨折しやすい
幼児の歯形成が送れる
筋肉の麻痺、しびれ
筋肉のけいれん
筋力低下
腎機能低下
骨盤の骨異常で難産

ビタミンDは紫外線を浴びると作られます。夏場で10分間、顔に陽が当たれば良いので無理に摂る必要はないでしょう。

こんな症状の人はビタミンAの必要性が高いです!

狭心症、動脈硬化
インシュリン分泌
黄疸、胆石
骨折、くる病
潰瘍性大腸炎
腎臓結石、腎炎
皮膚炎
変形性関節症
耳の感染、難聴
歯周病
気管支炎、喘息
花粉症
乳がん
心筋梗塞
筋ジストロフィー
床ずれ
膀胱炎、膣炎

ビタミンDを多く含んでいる食品

【多い順】
※単位:μg/100g中
そうだがつお塩辛 120.0
まいわし(生干し)50.0
にしん燻製 48.0
すじこ 47.0
かわはぎ生 43.0
しろさけ焼き 39.4
べにざけ焼き 38.4
からすみ 33.0
かずのこ(乾)32.0
からふとます焼き 31.2
かたくちいわし(田作り)30.0
あゆ内蔵 23.5
ぎんざけ焼き 21.0
なまり節 21.0
さんまみりん干し 20.0
かたくちいわし(煮干し)18.0
まがれい焼き 17.5
あゆ 17.4
いさき生 15.0
あんこう肝 13.8

ビタミンDは、魚類に多く含まれていることがわかります。一番多い食材でかつおの塩辛ですが、あまり見かける食材ではないので神経質になる必要はないと思います。

 - 栄養素のお話

  関連記事

ビタミンB6はつわりを楽にしてくれる

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれます。B6酵素だけでも100種類ありすべての …

鉄分が不足しているかどうかは爪の状態をチェック!

鉄分は体重に比例して体内に存在しています。体重1kgに対して約50mg。体重60 …

ビタミンB12は大量に摂っても排泄されやすい

ビタミンB12は過剰摂取によるリスクがないようです。大量に摂っても排泄されやすく …

ビタミンAの働き&不足するとどうなるか

ビタミンAは、日本で約30%強の世帯で足りていないといわれています。 ビタミンA …

ミネラルについてのお話

ミネラルと一言で呼んでいるものは、実は色々な栄養素を含んでいます。 ミネラルとは …

ビタミンEの働き&不足するどうなる?

ビタミンEの基本的な働きは、細胞膜を酸化から守ることです。優れた抗酸化作用を発揮 …

マグネシウムは欠乏しやすい栄養素だけど必要性が高い!

マグネシウムは体内に約25gが存在します。そのうちの60%は骨にあり、28%が筋 …

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれます。 ビタミンB5(パントテン酸)の働き …

カルシウムは体内に一番多いミネラル!

カルシウムは体内に一番多いミネラルで、体重の約2%を占めます。60kgの人だった …

ビタミンCの働きは重要!

ビタミンCは重要な働きを持っており、抗酸化作用があります。化粧品でもビタミンCは …