どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

葉酸を摂り過ぎるとどうなるか

葉酸は妊婦さんで1日400μg、妊娠していない女性は200~250μgの摂取が望ましいといわれています。

μgは、mg(ミリグラム)に換算すると1μg=0.01mg。つまり、400μgは0.4mg(ミリグラム)です。

では「摂り過ぎ」というのはどのぐらいを指すかというと、厚生労働省の基準によると上限量は1日あたり1000μgとされています。

葉酸は調理すると約50%が流れでてしまうことを考えると、普段の食事+サプリ分を加味しても上限を超えることはなかなかないでしょう。

また、葉酸は水溶性のビタミンの一種なので過剰分は尿に排出されるので、過剰摂取に対して神経質になる必要はないと考えられます。

リスクについてですが、5mg以上になると「摂り過ぎ」として色々なリスクが増加します。5mg以上ということは5000μg以上。

葉酸過剰摂取のリスク

【5mg以上】
乳がんリスク増加
前立腺がんリスク増加

【15mg以上】
胃腸障害
不眠
スタミナ低下
てんかん発作誘発の可能性

5000μgというとどのぐらいの食事の量になるでしょうか。葉酸量が多い食材で例えます。
・味付け海苔 1日500枚
・ほうれん草 1日450本
このぐらいの量で葉酸量5mgになります。

・・・1日にこんなに食べることはないですよね(^_^;) それも毎日この量となると可能性はゼロといって良いと思います。

15mg以上となると上の量の3倍ですのでほうれん草を1日以内に1000本以上食べる計算になります。とても現実的な数字とはいえません。

逆に葉酸は適度な量を摂ると肺がん、乳がん、子宮頸がんのリスクを低くする効果があります。葉酸は普段不足しがちになる栄養素でありながら、体内に蓄積されないので毎日適量を摂りましょう。

葉酸を摂り過ぎてリスクを考えるとしたら、1日に食べる量としてはありえない量になります。つまり、普通に食事している分には、葉酸の摂り過ぎを心配する心配はまったくありません。葉酸には色々な効果・効能がありますので是非積極的に摂っていきたい栄養素です。

 - 葉酸のお役立ちコンテンツ

  関連記事

葉酸の処方
葉酸は病院でも処方してくれるの?

葉酸の重要性については産婦人科などの医療関係者は厚生労働省から直接通達されている …

男性の葉酸摂取
妊活中は男性も葉酸の摂取を

・なかなか妊娠出来ない ・せっかく妊娠したのに流産してしまった ・先天異常を持っ …

ママの栄養状態は赤ちゃんの一生を左右する

ママの体が葉酸不足だと、赤ちゃんが先天性の障害を持って産まれてくるリスクが高まり …

葉酸の正体
そもそも 葉酸って一体なにもの?

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの為には是非とも摂取したい成分という事は分かっていても、 …

質の良い卵子
卵子の質を高める方法

生理周期が順調でも妊娠に結びつく周期は3割程度。これは言い換えれば「質の良い卵子 …

葉酸不足と病気

葉酸は体内でさまざまな働きをしています。 ・細胞の新生や増殖 ・赤血球の形成 ・ …

赤ちゃんの病気と葉酸の関係

赤ちゃんの病気で「無脳症」や「二分脊椎」というのがあります。 先進諸国では減少し …

つわり
葉酸サプリがつわりで飲めない時の対処法

妊娠中のつわりの辛さといったら…。 食べたら吐き、吐くものがなくなっても吐きたく …

体重管理
妊娠中に体重管理が必要な訳

妊娠中の体重の増減は妊娠経過に大きく関わっています。妊娠してから体重が増加しすぎ …

育毛効果
妊娠中の抜け毛が酷い…。葉酸には育毛効果があるって本当?

妊娠中・出産後の抜けに悲鳴を上げる方は少なくありません。抜け毛だけでなく髪にハリ …