どの葉酸サプリがおすすめ?【葉酸サプリ特集】

葉酸サプリの選び方

赤ちゃんの病気と葉酸の関係

akachan赤ちゃんの病気で「無脳症」や「二分脊椎」というのがあります。
先進諸国では減少してきているこれらの病気が日本では少しずつ増加しているのだとか。
ママの妊娠中の栄養状態、とくに葉酸不足と大きく関わりがあるようです。

無脳症・二分脊椎とは?

 
妊娠極初期から赤ちゃんの脳と脊髄の原型は作られていきます。
脳や脊髄などの中枢神経の原型は背中の真ん中あたりにあって、はじめは一枚の板状です。神経板と言います。
この神経板に溝ができ、やがて妊娠4週目ごろには筒状に変わります。
そして、ファスナーを閉じていくように上下に向かって伸びていきます。
その後皮膚ができ、骨や筋肉もできてきます。

このファスナーが閉じていき、神経管ができていく過程で「閉じ忘れ」が起こることがあります。
背中の真ん中から下に閉じ忘れがあると、「二分脊椎」となり、背中の上なら「無脳症」となります。

二分脊椎の場合、脊髄が露出してしまう脊髄披裂と、脊椎が不足している脊椎披裂があります。
閉じ忘れだけで、背骨の一部が欠けただけの脊椎披裂ならそれほど問題はありません。
10人に1人ぐらいはいるといわれていて、X線で偶然わかるケースがほとんどです。

ところが閉じ忘れた場所から脊髄が体の外に飛び出してしまうと大問題です。
背中が膨らんだり、脂肪の塊ができます。
このような状態で産まれた場合、すぐに手術が必要です。
そのままにしておくと下半身の麻痺や変形、運動機能の障害や膀胱・直腸の障害など多岐にわたってさまざまな障害がでてきます
例え手術をしたとしても、これらの障害は残ったままになってしまうこともあるんです。

障害の程度もさまざまで、トータルなケアが必要と言われています。
成長するにしたがって障害が出てくる場合もあるので、その時その時に合わせた治療と医療管理が重要です。

そして、神経管のとじ忘れが背中の上部で起こると、無脳症になります。
脳がうまく作られず、死産や流産になりやすいと言われています。
生まれてきても生後1週間ほどで死んでしまう赤ちゃんがほとんどなんです。

水頭症になるリスクも

赤ちゃんの脳や脊髄は妊娠6週目までに出来上がります。
8週にもなると脳の中を脳脊髄液が巡り始めます。

二分脊椎であっても、脊椎披裂(脊椎の一部がちょっとかけている状態)ならば脳脊髄液の循環は順調に行われるでしょう。
ただ皮膚に穴が空いていたり、脊髄が露出している状態ですと、髄膜炎や水頭症になるリスクがとても高まります。
脊髄が開いたままですと、80~90%で水頭症になってしまうのだそう。
水頭症がどんどん進むと、一生脳に障害が残ります。
脳機能を回復させるには産まれてからすぐに手術をしなければなりません。

日本でこれらの病気が増加しているのはなぜ?

日本の赤ちゃん
日本で2007年に二分脊椎で産まれた赤ちゃんは10,000人あたり4.8人。
1980年は10,000人あたり2.2人だったのと比べると2倍以上になっています。

一方、1980年台に発症率が高かったアメリカは2003年には10,000人あたり3.8人と日本よりも低くなっています。
イギリスに関しては10,000人あたり1.3人とずいぶん低いことがわかります。

1991年にイギリスなど7カ国が参加して大規模な試験を行いました。
その結果妊娠前後に葉酸を十分摂ると、赤ちゃんの二分脊椎になる確率が72%も低くなることがわかったのです。
アメリカでも調査が行われ、同じような結果が出ました。

それからアメリカでは妊婦さんに1日400μgの葉酸を摂るように勧告したんです。
その後イギリスやニュージーランド、カナダでも摂取するよう勧告され取り組みがされるようになりました。

日本でも2002年に母子健康手帳に葉酸について書かれるようになりました。
でも実際、十分な量の葉酸を摂取できている妊婦さんは40%ほどだと言われています。

しかも、葉酸が最も必要なのは妊娠超初期
お腹の中で赤ちゃんの脳と脊髄の大元ができるのが妊娠6週までなので、それよりも前から摂取していなければなりません。
妊娠がわかって、母子手帳を貰いに行って、それから葉酸を摂り始めるのでは遅いんです。

アメリカでは毎日食べるパンやパスタに葉酸が添加されているので、知らずしらずのうちに摂取できています。
妊婦さんかどうかにかかわらず葉酸を十分な摂取できる仕組みが整っているのですね。
そしてこの対策を行ってからアメリカでの二分脊椎の発生率はぐんと下がっています。

まだまだ日本では葉酸の重要性について知れ渡っていません。日本でも見習うべきではないでしょうか。

葉酸の認知度

果物の葉酸
葉酸を知っているかどうかのアンケート調査が行われました。(「葉酸と健康を考える会」によるもの)
それによると、20~40代の未婚の女性の認知度は40%。既婚の女性(子供なし)でも54%。そして、2000年に厚生労働省が葉酸の摂取を呼びかけたのですが、その後出産した女性に関しては知っている人は75%ですが、実際葉酸を積極的に摂っていたのは25%だけだったそうです。

葉酸は鉄やカルシウムのように女性は意識して摂取しなければならない栄養素です。
もし周りにこれから赤ちゃんを望んでいる女性がいたら、葉酸のことを教えてあげてくださいね。

 - 葉酸のお役立ちコンテンツ

  関連記事

葉酸の処方
葉酸は病院でも処方してくれるの?

葉酸の重要性については産婦人科などの医療関係者は厚生労働省から直接通達されている …

ダウン症と葉酸
葉酸でダウン症は予防できる?

妊活中・妊娠中の方に対して厚生労働省から葉酸摂取が推奨されるようになったのは20 …

体重管理
妊娠中に体重管理が必要な訳

妊娠中の体重の増減は妊娠経過に大きく関わっています。妊娠してから体重が増加しすぎ …

ブロッコリー
母子手帳にも「葉酸の重要性」が明記されていた!

妊娠4ヶ月を過ぎた頃に病院で発行してもらった「妊娠届出書」をお住まいの自治体に提 …

葉酸不足と病気

葉酸は体内でさまざまな働きをしています。 ・細胞の新生や増殖 ・赤血球の形成 ・ …

ほうれん草
食品由来による葉酸の利用効率が余りにも低くて驚いた件

食品(特に野菜)に含まれる葉酸などのビタミン類は下のような過程で簡単に損失してし …

育毛効果
妊娠中の抜け毛が酷い…。葉酸には育毛効果があるって本当?

妊娠中・出産後の抜けに悲鳴を上げる方は少なくありません。抜け毛だけでなく髪にハリ …

高齢出産
高齢出産の3つのリスクを葉酸で食い止める

日本国内において、初産の平均年齢は1950年には24.4歳、以降年々上がり続けて …

no image
葉酸を摂り過ぎるとどうなるか

葉酸は妊婦さんで1日400μg、妊娠していない女性は200~250μgの摂取が望 …

葉酸の正体
そもそも 葉酸って一体なにもの?

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの為には是非とも摂取したい成分という事は分かっていても、 …