お腹が大きくなる前にやっておくべきことって?

やっておくこと妊婦さんのお腹のふくらみが目立ち始めるのは妊娠4ヶ月目あたりから。
その頃には辛かったつわりも治まりはじめ、食欲も戻ってきます。
赤ちゃんも急成長を続けるのでお腹はどんどんせり出して重たくなってくるので体の自由がきかなくなってきます。

お腹が大きくなるとできなくなる事がたくさん!そうなる前にやっておいたほうがいい事をまとめてみました。


お腹が大きくなると大変になること

普段何気なく行っている簡単な動作もお腹が大きくなると大変になったり出来なる事、たくさんあるんです。具体的にはこんなことで苦労します。

ピンク矢印お腹が大きくなるから

  • お風呂やトイレの掃除がしづらくなる
  • 靴や靴下、ストッキングがはきづらくなる
  • 足元が見えなくなり足の爪が切れなくなる
  • ハンドルにお腹が当って車の運転席がしづらくなる
  • 仰向けでもうつ伏せでも寝られなくなる
  • 寝返りが打てなくなる
  • お腹が邪魔でキッチンに立って料理を作りづらくなる
  • 和式トイレはきつくなる
  • 床に落ちたものを拾えなくなる
  • 床の雑巾がけができなくなる
  • トイレでお尻が拭きづらくなる

ピンク矢印お腹が重くなるから

  • 階段の上り下りが大変になる
  • 長時間同じ体勢でいられなくなる
  • 体が疲れやすくなる

ピンク矢印お腹が圧迫されるから

  • 骨盤が広がり恥骨が圧迫されて歩くと痛くなる
  • 膀胱を圧迫されてトイレが近くなる
  • 胃が圧迫されて痛くなる・すぐにお腹いっぱいになる
  • 血流が悪くなるから足が頻繁につる
  • 腸の動きが鈍くなり便秘になる
  • 背中と腰が痛くなる

ピンク矢印赤ちゃんの動きが活発になるから

  • 胃を蹴られて吐き気がする
  • 膀胱を蹴られて尿意をもよおす
  • 熟睡できずに寝不足ぎみ

このように、お腹が大きくなると大変になる事がたくさんあるんです。
ですからお腹が大きくなる妊娠中期から出産までの長い間は

  1. お腹が重くて邪魔
  2. 疲れやすくなる
  3. あちこちが痛い

このような三重苦に見舞われることは今から覚悟しておきましょう(;^_^A  
こうなってしまうと最低限の事しかやりたくない・やれなくなってしまいます。
妊娠初期で体調が良い時には妊娠後期から出産・育児に関してやれる準備はどんどんやってしまいましょう。

お腹が大きくなる前にやっておくべきこと

お腹が大きくなって以降、出産・育児と時間的にも身体的にも自由がきかない期間が続きます。
「これは産んでからでいいや~。」なんて思っていることありませんか?産んでからなんて赤ちゃんのお世話に追われて自分にかけてる時間が全くといっていいほど取れなくなります。今のうちにやれる事はどんどんやっておきましょう。

自分自身のメンテナンスは済ませておく

出産したお母さんが済ませておけば良かったと後悔しがちなのが歯の治療と美容院。他にも通院中の病気や怪我がありましたら可能な限り、早めに治療を進めておきましょう。またお産に向けた体作りも早めに始めておきたいものです。

水色矢印歯科医での虫歯治療
歯の治療
虫歯がなくても歯の検診・お掃除をかねて歯医者さんを受診しておくことを強くオススメします。お腹が大きくなってから長時間仰向けで寝ているのはとても辛いですし治療の際に治療薬を使う事もあるので赤ちゃんへの影響が気になります。
ただでさえ妊娠中は嗜好が変わったりつわりの影響で胃酸が過剰に分泌されたり赤ちゃんへ栄養を持っていかれたりといった理由で虫歯になりやすくなります。産んでから歯科医に通う時間は取れないと思いますので早めに受診して虫歯があったら治してもらいましょう。治したからといって安心しないで虫歯予防の為に普段よりもしっかり歯磨きをするように心がけてください。また、受診の際には妊娠していることをしっかりと告げましょう。

■妊娠中の歯の治療について■

水色矢印美容院でのヘアメンテナンス

美容院で長時間同じ体勢でいるのはとても辛いものです。シャンプーの時の仰向けもかなりきついでしょう。こちらも歯の治療同様、出産後には美容院にはなかなか行ってられなくなりますので早めにお手入れをしておくことをオススメします。
カラーリングやパーマをかける場合は美容師さんに妊娠している旨を伝えましょう。美容院によってはカラーリング液やパーマ液の赤ちゃんへの影響を心配してやってもらえない場合もあります。
また、出産・育児で美容院に行けなくなる事を考えて短く切ってしまう人もいますがあまり中途半端に切ってしまうと後ろで束ねて結ぶことが出来ずに収拾がつかなくなって後悔する事も多いようです。
後ろで結べる長さがあった方が日頃のお手入れに時間をとられることもないのであまり短く切らないでおいたほうがいいのかも。

■妊娠中のカラーリングやパーマについて■

水色矢印体調を整え、お通じを良くしておく

必ず来るべき妊娠中期の体の症状「体が重くなる・疲れやすくなる・あちこち痛くなる」に備え、体調をしっかりと整えておきましょう。
その為には
・しっかりと睡眠をとる
・バランスの良い食生活を心がける
・適度な運動をとりいれる
この3つが基本です。

またお腹が大きくなるにつれて便秘になりがちになります。便秘は出産後まで続き、とても辛い思いをする事にもなりかねません。それによって痔になる妊婦さんもたくさんいます。日頃から便秘予防を意識した生活を送りましょう。
マタニティヨガやマタニティスイミングなどもオススメです。

■便秘・痔を予防する為にやっておいたほうがいいこと■
■オススメのマタニティスポーツ■

大きくなったお腹での妊婦生活を乗り切るための便利グッズ

お腹が大きくなってからの妊婦生活はほんとに大変です。そんな大変な日々を乗り切るための便利グッズをご紹介。備えあれば憂いなし。早めに準備をしておいて来るべき日々を上手に乗り切りましょう。

オレンジ矢印抱き枕
お腹が大きくなって困ることベスト3に入る「寝づらさ」。仰向けやうつ伏せ寝は当然無理。かといって横向きもお腹が重くて体が安定せず寝づらいし背中や腰は痛くなるし…。そんな時に大活躍するのが抱き枕。使い方は妊婦さんそれぞれですが、敷布団の上に抱き枕を置き、その上にお腹をのせて横向きで寝るとだいぶ楽に寝られるようです。授乳クッションと兼用のものもあります。

オレンジ矢印大き目のTシャツや授乳パジャマ
妊娠すると汗をかきやすくもなりますし普通の下着や服はきつくて着られなくなります。そこで大き目のTシャツをあらかじめ多めに揃えておくと便利です。授乳パジャマもお腹まわりがゆったりとしているので妊娠後期から授乳パジャマで過ごしている人もいます。

オレンジ矢印腰サポートベルト
お腹が大きくなると骨盤を圧迫し、腰痛や恥骨痛の原因にもなります。腰サポートベルトで腰を固定するとこの痛みを和らげることができます。腹帯付きのものもあります。

オレンジ矢印脱ぎ履きしやすい靴
妊娠後期はとにかく靴がはきづらい!しかも足元が見えないので靴を履くのにとても苦労します。スリッポンのような脱ぎはきしやすい靴を用意しておくと便利です。これは赤ちゃんを産んだ後も赤ちゃんを抱いたまま靴を履けるのでとても重宝します。

■妊婦さんが必要とするマタニティグッズはコチラ■

赤ちゃんを育てる生活環境を整えておく

赤ちゃんの寝室これは出産してからでは遅いです。かといってお腹が大きくなった後ではなかなか準備がはかどりません。早め早めに準備を進めましょう。

水色矢印育児に必要なものを準備

赤ちゃんのお世話をする上で必要なベビー用品は細かいものからベビーベッドなど大きなものまでかなりの種類になります。買うもの、レンタルするものと物によっていろいろです。全て揃えるまでにも時間を要しますのでお腹が軽くて身動きが取れやすいうちにベビー用品店などに買いにいったりインターネットで購入したり、どんどん揃えていきましょう。

■揃えたいベビー用品一覧はコチラ■
■レンタルしたいベビー用品 人気ランキング■

水色矢印赤ちゃんの寝室を整えておく

今まではなかった赤ちゃんの為のお部屋やスペースを用意しましょう。ベビーベッドや着替えやオムツ、クーファンなど思った以上のスペースを必要とします。
その為には家の家具の配置を替える必要があるかもしれませんね。いつもより掃除も念入りにし、いつでも清潔な環境で赤ちゃんを迎えられるように、赤ちゃんの寝室の環境は早めに整えておきましょう。

水色矢印使わないものの保管

いざ出産・育児が始まると今までの生活とは一変します。そうこうしているうちに2人目、3人目の妊娠・出産となる場合も…。これから数年間は育児中心の生活が始まると考え、当分使わなそうなものは早めに処分・保管をしてしまいましょう。

妊娠・出産・子育てに関する情報収集

妊娠中期以降になると自治体主催の両親教室などの参加行事が増えてきます。概ね母子手帳を交付してもらう時にスケジュール等について教えてもらえますがついついそのままになりがち。
お腹が大きくなると何事にもやる気が薄れがちになります。「そのうち申し込めばいいや~。」なんて呑気に構えていると結局面倒になってしまったり、申し込み期限が過ぎてしまったり…。申し込みが必要なものは早めに申し込みを済ませておきましょう。

水色矢印事前に情報収集をしておいた方がいい事

オレンジ矢印両親教室などの自治体主催のイベント
申し込みは忘れないうちに早めに済ませましょう。

オレンジ矢印食品の栄養について
お母さんは赤ちゃんの成長の為にたくさん栄養をとらなくてはいけません。かといって食べすぎは禁物。赤ちゃんに必要な栄養素を意識しつつもバランスのよい食事を心がけることが大切。どんな栄養をどんな食材から摂取すればよいのか早めに勉強しておきましょう。

■妊婦さんが必要な栄養素一覧■

オレンジ矢印子育て支援に関する情報
出産すると1日24時間赤ちゃんのお世話で1日があっという間。ちょっとでも時間が空いたら少しでも寝ておきたくなるものです。ですから子育て支援なんてまだまだ先と考えずに今のうちに情報収集しておきましょう。

映画やショッピング デートなど

デート体調が良ければ映画やショッピングも楽しんでおきましょう。お腹が大きくなると映画館の椅子に2時間座っているのもつらくなりますし、ショッピングで長い時間歩き回ることもきつくなります。だんだんお腹も張りやすくなるので長時間の外出自体できなくなります。それこそ出産後は当分の間このようなことで楽しむ事はできなくなります。リフレッシュの意味も兼ねて旦那さんとデートや友達とのランチなどを楽しんでおきましょう。

出来ればやっておいた方がいいこと

水色矢印利き手と逆の手を鍛えておく

妊娠後期は靴下を履くのも足の爪を切るのも一苦労。
お腹が邪魔して足元を見ることさえできなくなります。そんな状態でもし利き手が右手の場合、左足の靴下を履くのは至難の業。
左手でも左足の靴下を履いたり足を洗ったりする訓練をしておいて損はありません。

水色矢印大掃除

大掃除も出来ればお腹が大きくなる前にやっておきたい事の一つです。出産以降はざっと掃除機をかける位しか掃除に手が回らなくなります。大きなお腹では雑巾がけもできなくなります。大掃除をするのは今しかありません!

水色矢印ネットスーパーの登録・利用をしておく

イトーヨーカドーのネットスーパーや、生協などでは妊娠中から出産後数年間は配達料が無料・もしくは割引になるサービスを行っています。イオンのネットスーパーなど特に妊婦さんや出産後に対するサービスを行っていないところもありますが、どちらにしても食材や生活用品を家の玄関まで運んでくれるこれらのサービスはとても重宝します。お腹が大きくなってくると買い物に行くのも買い物したものを持って帰ってくるもの一苦労。出産後もなかなか買い物には出られなくなるのでこれらのネットスーパーや生協の利用はオススメです。早めに登録を済ませ、実際に利用してみて利用方法に慣れておきましょう。

   ↓↓オススメのネットスーパーはコチラ↓↓
【イトーヨーカドー】
イトーヨーカドー
【生協】
生協
【イオン】
イオン

水色矢印とにかく寝る!!

妊娠中期以降はお腹が邪魔で熟睡できなくなります。出産後は昼夜を問わず赤ちゃんのお世話でそれこそまとまった時間寝るのは不可能に。朝までぐっすり寝られるのは今のうちだけです。いやという程寝ておきましょう♪



サブコンテンツ