妊娠するにはやせすぎもダメ、太り過ぎもダメ

妊娠するにはやせすぎも太りすぎもよくないのだそう。その理由やダイエットなどについて調べてみました。

自分の適性体重を知ろう

まずは自分がやせ過ぎていないか、または太り過ぎていないかをチェックしましょう。

自分の適性体重を知るにはBMI(肥満度をはかるための国際的な指標)の値を計算して出します。

BMI=体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)

BMIが18.5以下だとやせすぎ、18.5~25で標準、25~30で肥満、30以上で高度肥満と言われています。

自分の適性体重は身長(m)×身長(m)×22で計算するとわかります。

例えば身長150cmの人であれば、1.5×1.5×22=49.5なので、だいたい49.5㎏であればちょうどよい体型ということなんですね。


やせすぎはだめ?

モデルのようにほっそりした手足、ぺったんこのお腹には憧れますが、妊娠するにはあまりやせすぎていてもよくありません。

脂肪細胞からはエストロゲンという女性ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンが脳に命令を出し、脳からFSHホルモン(卵胞刺激ホルモン)を出させます。FSHホルモンによって刺激され卵巣内で卵胞が育ち、やがて排卵が起こる・・・という流れです。

でも脂肪細胞があまりにも減りすぎてしまうとエストロゲンの分泌も不安定になってしまい、卵子が十分育たないということも起こってきます。

ただもともとやせている人で毎月きちんと排卵があり月経にもとくに問題がなければ大丈夫。妊娠にはそれほど影響しないのではと言われています。

過激なダイエットはNG

健康的なダイエットで体重を落としたのであれば良いのですが、中には美しくなりたいからと過激なダイエットをしてしまう人もいますよね。ただ無理なダイエットは不妊の原因にもなります。

極端な食事制限などで一気に体重を落としてしまうと排卵が起こらなくなってしまうことも。体重が急に落ちたことで体は生命維持を最優先しようとします。ですから妊娠などの生命活動に関わらない機能は一度ストップさせてしまうんですね。

ダイエット直後はとくに変化がなくても、数ヶ月たつうちに月経が遅れるようになったり、出血量が減ったりしてくることも。やがて排卵しなくなって生理もこなくなってしまう人もいます。

月経のサイクルや出血量が「おかしいな」と気づいて、すぐに体重を戻せば回復しやすいと言われていますが、そのままほったらかしにしておくときちんと排卵が起こるようになるまでそうとうな時間がかかってしまいます(月経が止まった期間の3倍の時間が回復にはかかるケースも)。

10代の時に無理なダイエットをして生理が止まってしまった経験がある人いますよね。ただ今現在も生理がないのであれば問題ですが、そうでなければ大丈夫です。

太りすぎもだめ?

futorisugi3
肥満で問題になるのは内臓脂肪です。内臓脂肪が増えると脂肪細胞から分泌されているアディポネクチンというタンパク質が減ってしまいます。このアディポネクチンが減ってしまうと卵巣の皮が厚くなり卵子が育ちにくくなったり、排卵が起きにくくなるということがわかっています。

また体脂肪の中にある卵胞ホルモンの一部が男性ホルモンに変化してしまい、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)になってしまう可能性も。PCOSとは卵子が排卵されにくくなって卵巣に卵胞がたくさんできてしまう疾患です。男性ホルモンが多くなるために多毛やニキビ、低音声などの症状もでます。

さらに運動不足ですと下半身の血流が悪くなって、子宮や卵巣にきちんと栄養分やホルモンなどが行き渡らなくなります。

2006年の国際肥満学会の報告によると、太っている人ほど不妊のリスクが高くなるのだそう。また妊娠しても流産してしまうリスクも高いことがわかっています。

太っていると無事に妊娠できても、妊娠糖尿病に気をつけなければなりませんし、出産の際も難産になりやすいです。しかも太った人から生まれてくる赤ちゃんは病気になりやすいという研究報告もあります。

もちろん太っている人でも妊娠して元気な赤ちゃんを産んでいる人はたくさんいます。でもだから私も大丈夫という風には思わないでください。肥満は不妊の原因になること、妊娠してもさまざまなリスクがあることを忘れないでくださいね。

肥満だと不妊治療をしてもらえないって本当?

「肥満だからという理由で病院で門前払いされてしまって、不妊治療さえ受けられない」とある人が言っているのを聞いて、まさか!と思いましたが、そのような病院は実際にあるようです。「ダイエットが先!やせてからまた来て!」「肥満だと治療してもムダ!」なんていう心無い医師もいるのだそう。

たしかに体脂肪率が高いと不妊治療で使用するホルモン剤の効果が十分にでなくて治療が難しいというケースも。それでもダイエットもひっくるめていっしょに考えてくれる病院はあります。治療と並行してダイエットをしたらいいよと言ってくれる医師やダイエットプログラムのある病院を探してみましょう。

ダイエットをしましょう

futorisugi2
妊娠中はなかなかダイエットするのが難しくなりますから、妊活中の時期にできるだけ体重を落としておきたいですね。理想は適性体重ですが、そこまで落とさなくても、今ある体重の5%を落とすだけでホルモンバランスが改善され妊娠しやすくなると言われています。まずはそれを目標にがんばってみませんか。体重が80㎏だったら4㎏落とすだけでOKです。

・毎朝、体重をはかる(食事に影響されない朝食前にはかりましょう)

・食べたものをすべて記録する

・よく噛む。最低30回!

・寝る前3時間は食べない

・白米はやめて玄米を食べる

・早寝早起きをする

・目につくところにお菓子を置かない(買い置きしない)

・1日20分のウォーキング

・単品ダイエットはしない

・おやつはお菓子ではなく栄養豊富ないちごやヨーグルト、きなこなど

・おきかえダイエットは1日1食まで(自己流の場合)

・野菜は毎食意識してたくさん食べる

・水分をしっかり摂る(水やお茶)

基本は「規則正しい生活をして、バランスの良い食事を摂り、腹八分目を心がけ、適度な運動をする」です。無茶なダイエットで体を壊したり、ストレスをためてしまっては意味がありません。でも絶対に赤ちゃんがほしい!と思うのなら強い覚悟をもってダイエットに励みましょう。

男性の肥満も不妊に関係あるの?

futorisugi1
2008年にイギリス・アバディーン大学の博士が発表した研究結果によると、肥満男性は精子の量も少なく、異常のある精子の数も多いのだそう。肥満であることでホルモンバランスが乱れていたり、不規則な生活、偏った食事、精巣の回りの余分な脂肪などの影響を受けているのかもしれません。

ダイエットをするなら夫婦で協力した方がより効果がでやすいと思いますよ。

【まとめ】

もともとやせていて、とくに排卵に問題がなければ大丈夫。でもダイエットによってガリガリにやせたのであれば生殖機能に障害がでていないか心配です。生理がこない、不規則などの症状があるのなら病院で受診しましょう。栄養不足で卵巣や子宮などに十分な栄養が行き届いてないのだとしたら、妊娠したとしても赤ちゃんに影響がでるということも考えられます。

また肥満の人はダイエットをするだけで妊娠する確率がアップします。適性体重まで落とさなくても、まずは現体重の5%を落とすことを目標にダイエットに励みましょう。

ただダイエットも大事ですが、年齢も待ってくれません。肥満だから不妊治療してもらえないのでは・・・と不安に思い病院へ行かないのは時間のムダです。不妊の原因はほかにあるかもしれないのでまずは検査を受けてみては。



サブコンテンツ