男女を産み分けられる?

男女産み分け男の子と女の子、どちらが生まれるかという成功率は産み分けを希望する人にとって、もっとも関心のあることでしょう。

しかし、専門医が科学的に立証した産み分け法を実践しても残念ながら100%成功するとはいえません。最近のデータをみてみると、男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。

どちらの性であっても必ず愛情と責任をもって生み育てるという自信がなければ産み分けに挑戦するべきではありません。


性別は精子の種類によって決まる

精子には種類があってXX染色体を持つ「X精子」とYY染色体を持つ「Y精子」の2種類あります。

X精子が卵子と受精すると女の子に。
Y精子が卵子と受精すると男の子と言われています。

X精子の特徴

  • 酸性に強くアルカリ性に弱い
  • 寿命がY精子より長く約2~3日
  • Y精子よりも数が少ない
  • 動きが遅い

Y精子の特徴

  • アルカリ性に強く酸性に弱い
  • 寿命が短く約24時間
  • X精子よりも数が多い(約2倍)
  • 動きが早い

産み分けのカギは排卵日計算

精子の種類によって赤ちゃんの性別が分かれることはわかりました。
しかし、精子の選別はできないため最終的に重要になってくるのは排卵日です。
これらを実践するには排卵日を正確に計算することがとても重要です。

女の子を希望する場合は膣内を酸性に保ち、排卵日の2~3日前に夫婦生活をするのが理想とされ、男の子を希望する場合は膣内をアルカリ性に保ち、排卵日当日に夫婦生活をするのが理想とされています。

産み分けゼリー

日本で最も実績のあるゼリーは、
女の子⇒膣内を酸性にするハローベビーガール潤滑ゼリー ・ピンクゼリー
男の子⇒膣内をアルカリ性にするハローベビーボーイ潤滑ゼリー・グリーンゼリー

どちらの潤滑ゼリーも性交時に膣のなかに入れて使うものですが、性交による激しい運動を繰り返しても化学変化を起こす可能性はまずありません。
食べても害がない程の安全な潤滑ゼリーで、産まれてくる子供にも影響がないようです。
⇒ハローベビー潤滑ゼリーの使用方法(外部サイト)

また、精子の数を調整するために禁欲生活も行なっていきましょう。
男の子を希望する場合は排卵予定日の1週間前から、女の子を希望する場合には4日前から禁欲を行なってください。

正確な排卵日を予測する

卵子の正確な排卵日を予測する方法は

「排卵検査薬」で予測する

市販の排卵検査薬で排卵直前に急上昇する黄体化ホルモン(LH)の尿中濃度を測って、排卵日を予測できます。検査薬が陽性になった日の翌日あたりが排卵日になります。排卵検査薬は¥3,000程度で販売されています。

「過去の生理日」で予測する

排卵予測アプリを使用すると過去の生理開始日から排卵日を予測することができます。
上記2つの方法や基礎体温から排卵日を予測する方法などもありますが、どれも手間がかかります。

過去6回分の生理開始日を入力するだけの手軽さで、排卵日、排卵検査の日、集中SEX日、男女の産み分けを希望している場合のパートナー禁欲日などがわかります。
⇒「ピタ卵」パーソナル型高精度排卵日計算システム(外部サイト)

排卵日を正確に予測することも必要ですが、妊娠しやすい身体づくりも必要です。
バランスの良い食生活と適度な運動が大切ですが毎日続けることが難しいのも現状です。
妊娠に良いとされるサプリメントなどを摂り入れて身体を整えていきましょう。

妊活中から、積極的に摂取したい栄養素の代表格は葉酸です。
>>葉酸について詳しくはこちら
>>葉酸サプリメントの人気ランキング



サブコンテンツ