つわりとうまく付き合う対処法

つわり赤ちゃんができた喜びとほぼ同時にやってくる「つわり」。うれしい気分と、つらい症状が行ったり来たりといったところでしょうか?
つわりは赤ちゃんがママのおなかの中で順調に育っている証拠!治まる日が必ず来るから工夫して乗り越えていきましょう!


なぜ、つわりが起きるの?

妊娠初期の妊婦さんのほとんどが、つわりを経験します。
症状が重い人もいれば軽い人もいますし、まったく無い、という人もわずかながらいるようです。

ただでさえ赤ちゃんがお腹に宿って不安がある中で、つわりで具合が悪くなるわけですから気持ちが落ち込む妊婦さんも少なくありません。

ひどい人だと妊娠初期だけでなく出産の直前までつわりに苦しめられた、という人もいます。
つわりさえなければ幸せなマタニティライフを過ごすことが出来たのに…という人も多いのではないでしょうか。
つわりは何故起こるのでしょう。

実はまだ医学的にはっきりとつわりの原因は解明されていませんが、「おそらくこうだろう」と考えられている原因はいくつかあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 妊娠すると黄体ホルモンや妊娠ホルモン(hCG)が大量に分泌され、体内の代謝が一変します。この急激な変化に体がついていかず、つわりが起こる・・・という説。

  • アレルギー反応
  • 母体がおなかの赤ちゃんを「異物」と捉えてしまい、それに対してアレルギー反応(=つわり)が起きてしまう・・・という説。

  • 自律神経失調症
  • 「妊娠」という急激な変化によって自律神経のバランスが崩れ、副交感神経緊張状態を引き起こします。そのため一時的な“自律神経失調症”となり、つわりが起こる・・・という説。

  • 精神的ストレス
  • 妊娠や出産に対する不安、また環境の変化などがストレスとなり、つわりが起こる・・・という説。

  • 赤ちゃんからの「休んでサイン」
  • 妊娠初期の大切なときにママが無理をしないよう、赤ちゃんから「休んでほしい」というサインが出ている・・・という説。

症状別のりきり術

寝起きにムカムカする

すぐに食べられるよう、枕元に軽食を用意しておく

クッキー
つわりの時は、お腹が空っぽになっているとムカムカして気分が悪くなりがち。少しでも何かお腹に入れると治まることも多いものです。枕元にクッキーやパンなどを用意して、目が覚めたらすぐに食べると朝のムカムカも少し治まります。⇒つわり中のおすすめ食材

また水分が足りないと気分が悪くなることもあるので、起きてすぐにコップ1杯の水を飲むのもオススメです。

どうしても固形のものが食べられない場合はスムージーにすれば栄養素も水分も摂れます。さっぱりしたスムージーなら無理なく飲めるかもしれません。>>レモンでさっぱり♪小松菜バナナスムージー

食事が摂れない

無理に食べなくてもOK。でも水分補給はこまめに

この時期の赤ちゃんは、まだ小さいので食べられないことによる発育への影響を心配する必要はありません。気分が悪い時は無理をせず、水分補給さえできていれば良いと考えましょう。食べられなくても飲めるなら、スープなどを試してみては?
少しでも栄養が摂れますし塩分も摂れて脱水症の予防にもなります。ただし、何日も食べられない時は受診して。

吐いてしまう

脱水症予防のため、水分をこまめにとって

食べると吐いてしまう時は、一口サイズのシャーベットなど吐き気を呼びにくいものを試してみて。吐いた後にグッタリするような時は少し横になりましょう。嘔吐を繰り返すと、体の中の水分が吐いたものと一緒に出て行ってしまうので脱水症が心配です。少しずつでいいので、水分を摂るようにしましょう。ただし、水を飲んでも吐くような時は病院へ。

歯を磨けない

歯磨きが無理なら、口をすすぐだけでも

歯磨きの味やにおいがダメ!という時は、他の味のものに替えるか、ブラッシングだけでも。歯ブラシが口に入ると吐き気を催す時は、マウスウォッシュや水で口をすすぐだけでも良いでしょう。また歯を強くする働きのあるキシリトールやリカルデント成分(CCPーACP)入りのガムを噛んだり、食後にコップ1杯の水を飲むだけでも口内環境のアップにつながります。

体重が減った

この時期によくあること。あまり気にしないで!

妊娠初期は、つわりの影響で食べられないこともあり、多少体重が減る人もいるようです。女性はもともと体に蓄えている脂肪があるので、多少体重が減っても心配することはありません。赤ちゃんの発育にも影響ないでしょう。つわりが治まれば少しずつ体重も増えてきます。ただし、体重が週に1~2㎏以上減るような時は、脱水症が心配なので受診して下さい。

においが気になる

これなら大丈夫という香りを探してみるのも手

食べ物のにおいが気になる時は「このにおいなら大丈夫」という薬味やスパイスなどがあるなら、それでごまかすと良いでしょう。冷たくすると、においが気にならなくなることもあります。一方、家の中や化粧品、電車内のにおいなどを不快に感じる時は、窓を開けて換気をする、好みの香りのものに替えてみる、人の多い時間帯を避けて外出するなどの工夫を。

飲めない

水分を少しずつ口に含んで、ゆっくり飲み込んでみて

自分がこれなら飲めると思うものを、少しずつ口に含み、ゆっくり飲み込んでみましょう。飲み物の種類は、水、スポーツドリンク、お茶、ジュースなど何でもかまいません。また氷をなめたり、かじったりしても水分は補えます。でも、どうしても飲めない、飲んでも吐く時は我慢しないで病院へ。症状によっては点滴で水分を補うことがあります。

いつも食べていたい

食べるなら、カロリーや塩分・糖分の低いものを

「常に何か食べていないと気持ちが悪い」というのも、つわりの症状の一つ。確かに空腹だとムカムカしやすいということもあるので、食べたいだけ食べても良いでしょう。
ただし、太り過ぎやむくみの予防の為、カロリーや塩分・糖分が低いものを選ぶようにして。また、ガムや飴など、口の中に長くとどまるものを食べるのも満足感があってオススメです。

つわりはいつまで続くの?

つわりの重度や期間には個人差があります。つわりが全くなかったという人もいれば、出産直前まで長引いてしまった…という妊婦さんも。一般的には妊娠12週前後で治まるとされていますが、これはあくまで目安。つわりには遅かれ早かれ終わりがくる…ということを忘れずに、頑張って乗り切りましょう!

つわりと妊娠悪阻の違い

妊娠悪阻とは

つわりが極端に重くなり、医師によるケアが必要になった状態を「妊娠悪阻」といいます。一般的なつわりは、妊娠をきっかけにした生理現象なので、母体の健康に影響はありません。一方、妊娠悪阻では母体の機能が損なわれる恐れも。最も深刻なのは、食べられないのに吐いてばかりいるために起こる「脱水症状」です。そのまま症状が悪化すると全身の機能も低下しかねないので、水分や栄養補給のために点滴を行います。入院治療を要することもあるので、気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。なお、妊娠悪阻を発症するのは全妊婦さんの約1%とされています。

病院に行く目安

入院

  • 1日に5回以上吐く
  • 水分をまったく受け付けない
  • 体重が5kg(体重の10%)以上減る
  • トイレの回数が目に見えて減る、あるいはここ数日間で急激に痩せた
  • 尿にケトン体がでる
  • 妊娠悪阻の症状

    全妊婦の0.1~1%にみられる妊娠悪阻は、その症状によってさらに3段階に分けられています。

    第1期(軽症期)

    何も食べていないのに吐き気や嘔吐があるため、胃液や血液などを吐き戻します。また、体重減少や口の中が乾くなどの脱水症状もみられるでしょう。尿の量が減り、尿中にたんぱく質が確認される時期でもあります。

    第2期(中毒期)

    第1期の症状がさらに悪化し、ケトン体が認められるようになります。代謝異常による中毒症状が起こり入院を要することも。

    第3期(重症期)

    脳神経症状が出始め、妊娠の継続も危ぶまれるでしょう。幻覚や幻聴、視力障害などの症状が現れ、母子ともに危険な状態となります。

    妊娠悪阻治療

    食べたり飲んだりができないのに吐いてばかりいるため、脱水症状に陥るケースがほとんどです。よって、水分と栄養を補う点滴治療が中心となるでしょう。吐き気止めなどの内服薬は胎児への影響も考えられるので、基本的には服用しません。

    薬は心配ですが、つわりを軽くする栄養素としてビタミンB6があります。逆に、ビタミンB6が不足しているとつわりの吐き気もひどくなる傾向にあります。つわり中はあまり食事も摂れなかったり、食べられるものが限られたりするので栄養素も不足しがちになります。ビタミンB6をサプリで摂るのもひとつの方法です。⇒ビタミン類をまんべんなく摂れる無添加サプリはこちら

    症状が軽ければ通院による点滴治療となりますが、家では「絶対安静」が条件です。逆に、重症であれば入院治療を要します。入院によって心身ともに安定した状態をつくり治療に専念することが大切です。

    赤ちゃんへの影響

    妊娠悪阻では食べ物や飲み物を一切受け付けない…というケースも多く、赤ちゃんへの影響が気になるところ。実際、重い妊娠悪阻をもった妊婦さんのごく一部に低体重児の報告があるそうです。しかし、今までの研究において他に目立った影響は報告されていません。

    ウェルニッケ脳症とは
    妊娠悪阻が悪化すると「ウェルニッケ脳症」になることも。これはビタミンB1の欠乏によって発症するもので、妊娠悪阻やアルコール中毒症などの患者さんにみられます。赤ちゃんがウェルニッケ脳症になるのではなく、その対象はあくまで、お母さん(母体)です。眼球運動障害や失調性歩行、意識障害などの症状が現れ後遺症を残すことも。ビタミンB1の不足によって発症するため妊娠悪阻の患者さんにはその投与が促されています。このような話を聞くと不安になる妊婦さんも多いと思いますが、過度に心配する必要はありません。ただし、つわりでも危険な状態になり得る…という意識はしっかりと持っていてください。「つわりは病気じゃない」と言い聞かせているママも多いようですが、我慢は禁物です。気になる症状があれば、すぐさま病院を受診しましょう!

    つわりと仕事

    最近では人生の節目(結婚や妊娠、出産など)においても離職せず、今の仕事を続けていきたい…と考える女性が過半数以上を占めているそうです。しかし、妊娠~出産となれば想像以上に厳しい現実が。ここでは「妊娠」と「仕事」を両立すべく、働く妊婦さんがつわりを乗り切るための術を紹介します。

    つわりと妊娠報告

    仕事
    つわり中は体調が優れず、仕事どころじゃない…という妊婦さんも多いでしょう。また、つわりで仕事が思うように進まないこともあれば遅刻や早退で穴をあけてしまうこともあります。このようなことを考えると、職場にはできるだけ早く妊娠を報告した方がいいかも知れません。
    仕事中のつわり対策は、その人の置かれている状況やつわりの具合によって左右されますが「職場にいつ、どのように報告するのか」という事がとても重要になってきます。
    こちらのページ→「どこまで?どうやって働く?妊娠中の仕事について」を参考にしてみて下さい。

    こんな時はどうする?

    働いている妊婦さんは、つわりの時期をどう乗り切っているのでしょう?通勤時や仕事中のつわり対策を紹介します。

    仕事中

    タバコやコーヒー、香水などあらゆるにおいが入り乱れている職場は妊婦さんにとって「過酷」そのもの。また、仕事中は物を食べられない…という職場も多く、食べつわりの妊婦さんも辛い思いをするでしょう。このようなときは一口サイズの食べ物を携帯しておき、ちょっと席を外してお腹に入れるなどの工夫が必要です。また、牛乳は腹持ちがいいので、デスク上での飲食が可能な職場であれば少量ずつ飲んでみてください。

    通勤中

    つわり中は仕事だけでなく、通勤すらままならない…という妊婦さんも多いでしょう。そこで“フレックスタイム(時差通勤)”が導入されている会社であれば、ラッシュ時を避けた時間帯に出勤してみては?フレックスタイムがないのであれば朝、早目に出てラッシュ時を避けるなどの工夫が必要です。また、おなかが目立たない時期は周囲の人も“妊婦さん”と気付かないので、早いうちからマタニティウェアを着るなどして妊婦であることをアピールする方法もあります。

    他にも在宅勤務制度などが導入されている会社もあるので、ぜひ一度掛け合ってみてください。なお、その際は医師に「母性健康管理指導事項連絡カード」を発行してもらうといいでしょう。

    参考:厚生労働省:母性健康管理指導事項連絡カードの利用について

    申請書ダウンロード:母性健康管理指導事項連絡カード

    「うっ!」と口を押さえてバタバタとトイレに駆け込む…ドラマなどでよくみられる光景です。しかし、つわりには個人差があり、すべての妊婦さんがあのシーンを再現するとは限りません。自分のつわりの形態を把握して数ヶ月間、うまく付き合いましょう。



サブコンテンツ