帝王切開での出産について 費用や安全性は?

帝王切開1【帝王切開の現状】
今やお産の20%が帝王切開で出産しています。20年前と比べるとなんと約2倍に増えています。

これは、より赤ちゃんの安全性を重視した出産をする為の手術が医療技術の進歩によって可能となってきたからで、今後ますます帝王切開での出産が増えると言われています。

ここでは帝王切開での出産になるのはどのような場合か?費用はいくら位かかるの?安全性やリスクは?などについてまとめてみました。


帝王切開となるお産

帝王切開での出産は誰でも彼でも望めば出来るという訳ではありません。
あくまでも経膣分娩が不可能と医師が判断した場合や、経膣分娩の最中に赤ちゃんが低酸素状態に陥ったり、陣痛が止まってしまったなどの緊急事態と判断された場合のみです。
具体的には次のような場合に帝王切開になります。

選択(予定)帝王切開

【予め帝王切開での出産が予定されている場合】

お母さんの健康状態や赤ちゃんの成長具合によって、経膣分娩は難しい、または危険と判断された場合には帝王切開での出産になります。
妊娠36~37週頃の検診の結果により判断され、38週頃に施術をします。

  • 逆子
  • 双子異常の多胎妊娠
  • 巨大児
  • 前置胎盤
  • 子宮奇形
  • 前回の出産も帝王切開だった場合
  • 児頭骨盤不均衡
  • 胎位異常(骨盤位、横位、顔位 など)
  • 性感染症(HIV感染、性器ヘルペス など)
  • 婦人科手術既往(子宮筋腫核出など)がある場合

急緊急帝王切開

【急遽 帝王切開になる場合】

妊娠中、または経膣分娩中にお母さんあるいは赤ちゃんの体に異常が起こり、急いで赤ちゃんを摘出しなくてはならなかった場合に、急遽帝王切開になる事があります。

  • 常位胎盤早期剥離
  • 赤ちゃんが低酸素状態かつ吸引分娩、鉗子分娩が不可能な場合
  • 微弱陣痛、軟産道強靭かつ吸引分娩、鉗子分娩が不可能な場合
  • 子宮内感染、子宮破裂
  • 未熟児でのやむを得ない出産の場合

昔と比べて帝王切開での出産が増えたとはいえ、このように赤ちゃんが安全に生まれてくる観点からみて、帝王切開がやむを得ない出産ばかりです。

帝王切開での分娩の流れ

では、帝王切開での分娩についての簡単な流れを紹介します。
かかる時間は施術前の処置から施術後の処置まで1時間もあれば終了。腹部切開から赤ちゃんの摘出までは5分ほどです。

STEP1.入院する

出産前日の夜から当日の飲食は禁止されている場合が殆どです。何も食べず、飲まずに来院しましょう。
その後は手術や入院に関する説明を受けた後に問診、血圧チェック、エコー検査などでお母さんと赤ちゃんの状態をチェックします。

STEP2.施術前の処置

分娩室に移動した後、次のような施術前処置を行います。
・血圧計と心電図のセット
・血管確保・点滴開始
・導尿の処置
・浣腸、一部剃毛

STEP3.麻酔をかける

麻酔は全身麻酔ではなく(緊急帝王切開の時は全身麻酔をかける場合がある)局所麻酔でお腹から効かないので意識はしっかりとあります。
麻酔の聞き具合には個人差があるのであまり効いていない場合は医師に伝え、影響のない範囲内で麻酔量を増やしてもらうことも出来ます。
麻酔の種類は腰に注入する硬膜外麻酔、腰椎麻酔、脊椎麻酔のどれかになります。

STEP4.腹部を切開・出産

腹部を切開し、赤ちゃんを摘出します。その後胎盤を取り出します。
切開する向き(横か縦か)は麻酔方法や医師の方針、帝王切開をする事になった原因などで決まってきますが医師に相談して切開してもらいたい方向を受け入れてくれる場合があります。どちらの場合も切る長さは10~15㎝。出産後はお腹の大きさが徐々に戻ってくるので傷跡も小さくなります。

【縦切開】
おへその下から恥骨に向かって真っ直ぐ縦に切開します。横切開よりも手術時間が短く、出血の量も少ないのがメリット。緊急帝王切開の場合は縦切開になります。横切開よりも傷跡が残って目立つのがデメリット。

【横切開】
アンダーヘアラインのすぐ上を横に切開します。下着や水着を着ると傷跡は隠れてしまうので殆どの妊婦さんは横切開を希望します。

STEP5.施術後の処置

1.子宮を後に溶ける糸で縫い合わせます。
2.お腹の中の癒着を防ぐ処置をします。
3.お腹の切開部分を縫い合わせます。

STEP6.回復室へ移動

麻酔は数時間で切れ、それと同時に子宮収縮の痛み(後陣痛)と傷口の痛みが襲ってくるので痛み止めの処置をしてもらいます。
縫い合わせた所から出血してくる場合などもあり、それらを含めて術後のお母さんの状態をチェックする為に数時間は回復室で休憩します。

STEP7.入院部屋へ移動

やっと入院部屋へ移動できます。赤ちゃんと対面したり、家族とゆっくりくつろいだり…。帝王切開による後処理はありますが、基本的には経膣分娩で出産したお母さんと同じように過ごします。

【施術後の生活】
・2~3日は感染防止や痛み止めの点滴をする
・シャワーは術後3~5日後から可能
・食事は術後1~2日はおかゆなど胃腸に負担がかからないもの
・異常がなければ術後7~10日で退院

帝王切開の危険性

帝王切開は「手術」です。どんな手術でも100%安全と言い切れるものはありません。
しかし、日々医療技術は進歩していますし、むしろ赤ちゃんの安全性からみれば経膣分娩のよりも安全ですので、帝王切開での出産を必要以上に怖がる必要はありません。
あえて、帝王切開における危険性をあげると次のような事がまれにあります。

  1. 麻酔によるショック状態・合併症などのトラブル
  2. 肺の血管に血栓が出来る「肺血栓塞栓症」になりやすい
  3. 手術で傷ついた組織が自ら回復しようと起こる「術後癒着」になりやすい
帝王切開による「術後癒着」
術後癒着とは自然治癒力です。傷ついた組織たちが自らを修復しようと頑張る力ですが、そこで関係ない組織とくっついてしまう事です。癒着が起こると腹痛などの自覚症状が現れるので分かります。
術後癒着は帝王切開に限らず一般的な手術でもよくある事であり、手術の際にもこの癒着が後に起こらないような処置はします。
しかし、帝王切開の手術で癒着が起こると次回以降での帝王切開の時にはその癒着を剥がしながらの慎重な分娩作業になるのでそれによって新たなリスク(腸や膀胱などの組織に傷が付く、出血量が増える、手術時間が長引くなど)を引き起こす場合があります。
また、あまりにも酷い癒着だと慢性的な腹痛、不妊症、子宮摘出などを引き起こす可能性もあり、癒着した部分を剥がす手術を行う場合もあります。

経膣分娩と比べた帝王切開のメリット・デメリット

分娩方法は産道を通って出産する経膣分娩と、腹部を切開して赤ちゃんを取り出す帝王切開のどちらかですが、それぞれのメリット・デメリットを比べて好きな分娩方法を選べる訳ではありません。が、敢えてここで「経膣分娩と比べた帝王切開のメリット・デメリット」を紹介してみたいと思います。

帝王切開のメリット

  • 出産日が予め決められているので予定が立てやすい
  • 陣痛の痛みで苦しまないで済む
  • 自然分娩のような体力消耗・精神的負担が少ない
  • 骨盤臓器脱(子宮脱、子宮下垂、膀胱脱、直腸脱)が起こりにくい
  • 赤ちゃんに負担がかからない

帝王切開は経膣分娩で起こり得るあらゆる難産が避けられ、赤ちゃんに負担がかからないのが何よりものメリット。
出産日が決まっているのは帝王切開での嬉しいポイントの一つです。上の子の幼稚園などの予定が入っている日を避けたり、旦那さんが予め会社を休んでもらうようにする事が出来るからです。

帝王切開のデメリット

  • 手術によって母体に負担がかかる
  • 入院日数が長くなる
  • 子供の誕生日が予め決まってしまう
  • 出産後は後陣痛と傷の痛みのWの痛みに苦しむ
  • 次回以降の出産も帝王切開になる事が多い
  • 次回以降の出産で経膣分娩にした場合、子宮破裂の危険がある
  • 次回以降の妊娠痔に、前置胎盤になる可能性がある
  • 傷口がケロイド状態で残る場合がある
  • 傷口が感染症を起こす場合がある
  • 縫合不全により再び出血する場合がある
  • 術後癒着による不妊症などの合併症を引き起こす可能性がある

帝王切開でのデメリットは手術による「術後のデメリット」が主です。
あとは赤ちゃんの誕生日が決められてしまう事が残念だと思う方もいるでしょう。

帝王切開の費用

帝王切開費用帝王切開は自然分娩よりも費用がかかるようなイメージがありますが実はそうでもないんです。経膣分娩の場合は入院が5日前後、それに対して帝王切開の場合は10日前後です。入院日数が長い分費用はかかりますが、帝王切開は保険適用ですし、民間の保険会社に加入していれば逆に黒字になる事も…。

ここで帝王切開でもらえる金額と払う金額をざっと計算してみました。

(例)健康保険に加入している妊婦さんが帝王切開で出産した場合

支払う費用 ・帝王切開の手術代…22万1600円 うち3割負担…66,480円
(※早産や前置胎盤の場合の手術代は24万5200円)
・分娩・入院費…50万円前後
(病院によって差があります。
 概ね経膣分娩より5~10万円ほど高くなります。)
もらえるお金 ・出産育児一時金…42万円
・入院費や手術代についての給付金…30万円前後
(民間の医療保険に加入していた場合です。
 保険会社、加入保険の内容により金額は異なります。)

上の表の通り、帝王切開の手術代は「診療報酬点数」から決まっています。出産育児一時金も全国一律。
個人差が出るのは病院での分娩・入院費と民間の医療保険が入るかどうかです。
仮に上の表のような出費になった場合
入金(42万円+30万円)-出費(66,480円+50万円)=約15万円の黒字になる事になります。

ここで気をつける事は妊娠が分かってから医療保険に加入しても給付金はもらえません。一人目出産した際に帝王切開だったので二人目も帝王切開になる事が分かっている場合などは妊娠を計画している段階で医療保険に入っておくのもいいかもしれませんね。

他にも出産に関してかかる費用・もらえる手当て(高額医療費など)がありますのでこちらのページも参考にしてみて下さい。

妊婦さんになるともらえる手当
お金が心配・・・妊娠から出産までかかる費用

帝王切開での立会い出産

帝王切開は「手術」ですので経膣分娩での立会いはOKでも、帝王切開での分娩は立会いNGのところもあります。
立会いOKの病院でも腹部から下はカーテンで仕切り、開腹中の場面は見られないようにするところもあります。
このように、帝王切開での立ち会い出産は病院によってまちまちなので立会い出産を希望される場合は早めに病院に問い合わせましょう。
また、立会い出産に関しては賛否両論。立会い出産に関するマナーなどもありますのでこちらも参考にしてみて下さい。

立会い出産ってどうなの?メリット・デメリットは?

帝王切開した場合の次の妊娠について

帝王切開で出産した場合、腹部の傷の回復を考え、次の出産までに1年以上あけるように言われています。
産後の1ヶ月検診で異常がなければ夫婦生活は行ってもよしとされていますが、生理がまだ来ていないから大丈夫だとは安心しないでしっかりと避妊をしましょう。

帝王切開で出産するという事

帝王切開2今や5人に1人は帝王切開で出産していますし、帝王切開で生むのはお母さんや赤ちゃんの安全を考えての事ですが、まだまだ帝王切開での出産に偏見を持っていたり、心無い言葉をかける人がいるのも事実です。特に年配の方の帝王切開に対する偏見や心無い言葉に傷つく場合が多く、義母に言われた事場で離婚した夫婦もいます。

妊婦さん自身も経膣分娩での出産が出来なかった事に喪失感や自己嫌悪を感じて落ち込む人も多いようです。それを感じるのは特に出産後。
経膣分娩を認めてくれなかった医師を恨むお母さんもいるとか。
出産後は経膣分娩で出産した場合も「産後ブルー」「産後うつ」などという言葉があるように、ホルモンバランスの乱れや育児のストレス、体調不良や睡眠不足などで気分が滅入るものです。
帝王切開で出産はそこに輪をかけて世間の偏見や傷口の痛みも重なり落ち込みがちです。

では、海外ではどうでしょうか?国によっては2人に1人は帝王切開をしている国もあります。これはお母さんや赤ちゃんの安全性を考えてというより「痛いのはイヤだから。」「産後の育児に備えて体力を温存しておきたいから。」などの理由からが殆どです。海外ではこのような理由で帝王切開での出産が増えているんです。

日本でも今後はますます帝王切開での出産は増えていきます。
帝王切開で出産した事について「気にするな」なんて無責任な事は言えませんが、何よりもお母さんと赤ちゃんの為の最善の処置だという事をまずは念頭に置いておきましょう。
周りの心無い言葉に対しては…勝手に言わせておきましょう(^^)

また、帝王切開での出産に対する本当の悩みや不安は体験した人にしか分からないもの。同じ経験をした人とコムコミュニケーションを取って気持ちを共有する事が気持ちが楽になる近道です。



サブコンテンツ