妊婦さんの下着、これは買っても元がとれる!

妊娠がわかったらすぐにでも揃えたい妊婦さん専用の下着。
マタニティライフを快適に過ごすためのマストアイテムです。
体の変化に合わせてふさわしいものを選びましょう。

マタニティ用の下着って本当に必要?

マタニティ下着一般的な下着は体のラインをキレイに見せるもの。
マタニティ用の下着は体型の変化を妨げないように工夫されているものです。

妊娠すると乳腺が発達しはじめ、母乳を作る準備を始めます。
妊娠初期ですとまだ胸の大きさはあまり変わらないかもしれませんが、すでに体の中では変化が。
きついブラジャーをして締め付けていると、乳腺の発達が妨げられてしまいます。
個人差がありますが、バストのサイズも2~3カップほど大きくなる場合も。
大きくなるバストに対応できるブラが必要です。
マタ妊娠中は肌や乳頭が過敏になって少しの刺激にも痒みや痛みを感じるようになるので、素材や縫製にも気が配られているマタニティ下着が安心です。

妊娠中期になるとお腹も前に出てきます。
冷えなどから守るためにお腹がすっぽり隠れるマタニティショーツをはきましょう。
お腹が冷えると羊水の量が増え、むくみの原因にもなるのだそう。
通常の下着ですと、ウエストのゴムの部分が子宮にあたり圧迫感を感じてしまいます。
血流が悪くなることで冷えがさらに進みます。

マタニティウエアは手持ちの服を工夫することである程度対応できます。
でも、下着はそうはいきません。
体に合わない下着はつわりを悪化させることも。
妊娠初期から産後まで対応できるマタニティ下着もありますので、早めに購入したほうがお得です。


マタニティブラジャーについて

マタニティブラマタニティブラは妊娠初期から使用するのが良いとされています。
まだまだ体型にそれほど変化がなく、手持ちの下着でも十分な気もしますが、体の中では確実に出産に向けての準備が始まっています。
またゆったりした着心地の良い下着をつけることで、ストレスも軽減。
つわりが酷い時はなおさら、体を締め付けるようなブラはさけましょう。

妊娠中はただ単に胸が前に大きくなるのではなく、形も変わります。
マタニティブラはカップ部分が伸縮して1カップほどバストが大きくなっても対応できるように設計されています。
まずは初期に妊娠前より1カップ大きめのものを。
その後中期にもう1サイズ大きめのものを買いましょう。

ほとんどが授乳にも対応できるようになっています。
授乳しやすいようにカップをめくりやすいタイプがおすすめ。
ホックやボタンを外して胸を出すタイプではなく、片手で出せるクロスタイプが一番授乳しやすいです。
ブラに限っては妊娠中から卒乳までけっこう長い期間使用します。

しめつけが嫌だからと家でいるときはノーブラというママもいますね。
ユニクロのブラトップも人気です。
でも、胸が大きくなってくると支えきれなくなり垂れてしまいます。
一度垂れた胸は元には戻りません。
形もくずれてしまうので、きれいな胸の形をキープしたいならマタニティブラを着用しましょう。

ワイヤー入りのものやワイヤーなしのもの、ハーフトップタイプなどいろいろあります。
胸の形にこだわるのなら、日中はワイヤーいりのものでバストラインをきれいに見せ、夜はつけ心地が楽なハーフトップがおすすめです。

先輩ママたちの平均購入数はブラ3枚、ハーフトップ3枚です。
途中で追加することも考慮して、まとめ買いはしないほうが良いと思います。
必要な時に購入しましょう。

マタニティショーツについて

マタニティショーツ妊婦さんに冷えは禁物です。
お腹がすっぽり隠れる大きなショーツでお腹もおしりも温めましょう。

できれば妊娠初期から使用したいです。
ただ、お腹がまだ大きくないうちからあの大きなショーツをはくのに抵抗がある人も。
それなら妊娠初期~中期までのローライズタイプのショーツがおすすめ。
低い位置にゴムがあるので、夏の熱い時期には過ごしやすいです。
また検診の時にお腹を出しやすいのもポイント。
産後またはくことができるので決して無駄にはなりません。

妊娠前のショーツを下にずらしてはいたらどうかと考えるママもいますよね。
でもおしりも大きくなりますし、なにより不快です。
引っかかっているだけのショーツはけして快適とは言えないですよね。
妊娠中しか履かないからもったいないと感じますが、母体と赤ちゃんを守るために必要なものと考えましょう。
その分他で節約すればいいんです。
今はいかにストレスなく快適にマタニティライフを過ごせるかだけを考えましょう。

マタニティショーツは通気性や吸湿性の良い、肌触りの良い物を選んでください。
太ももまわりの食い込みが気になる人はボクサータイプがおすすめ。
そしておりものの変化や出血に気づけるようにマチの部分は白いものを。
4~5枚あれば十分かと思います。

マタニティショーツとともに腹帯も使用すると良いです。
お腹を優しく支え、腰痛予防にもなります。

腹帯はいつから巻くの?戌の日って?

失敗談あれこれ

失敗マタニティ下着は一時期しか使用しないものだから失敗はさけたいですよね。
先輩ママたちの失敗談をマタニティ下着選びの参考にしてください。

・安いからとよく見ないで買ったら形が悪くつけ心地も最悪。
・ショーツは安いものでいいかと数百円のを購入したら、すぐにゴムが伸びてよれよれに。
・安いものは洗濯するとすぐに傷む。結局買い変えるハメに。
・送料無料になるからとまとめ買い。でも結局サイズが合わず失敗。ちょこちょこ付け足して購入したほうが良い。
・胸が大きいと通販はさけたほうが良い。試着できないと合わない可能性大。

マタニティ下着はママの体と赤ちゃんを守るためのもの。
そしてマタニティライフをストレスなく過ごせるようにサポートするものでもあるのでできれば価格よりも品質を重視したいですね。
もし二人目を考えているならきちんとお手入れしていればまた使えます。
ブラもショーツも産後まで対応しているものを選べば意外と長期間使用できますよ。

おすすめはワコール

マタニティ下着は通販や西松屋などのマタニティウエアも販売している専門店で購入できますが、多くのママが薦めているのがワコール。

とにかくつけ心地が良いと定評があります。デザインも素敵です。
やはり日本人の女性のための下着を作り続けて60年とあって、よく研究されているんですね。
そして、プロによるカウンセリングシステムが確立しているのはワコールだけなのだそう。
どのような下着を買えばいいのかわからないときは店員さんに相談しましょう。
サイズを測ってくれ、試着(ショーツはできません)もできます。
着心地やサイズは実際に試着しないとわからないですし、店員さんが一人ひとりに合ったものを選んでくれます。
自分の体に合ったものでないと母乳の出にも影響しますし、胸も垂れてしまいます。
カウンセリングや採寸、試着で30~40分ほど。
試着室が広いのも嬉しいですね。
もちろんワコールで購入しなくてもOK。相談に行くだけでも良いですよ。

値段は決して安くないのですが、肌に直接触れるものですから良い物を選びたいですね。
丈夫なので洗濯をがんがんしても傷みにくいのもポイント。
産後もずっと使用し続けているママも。本当によれよれになるまで2年も3年も愛用しているのだそう。
多少値が張っても、これなら十分元がとれていますよね。

【公式】ワコール(外部サイト)



サブコンテンツ