妊娠しやすいセックスって?

何のためにセックスをするのか。もちろん生き物として子孫を残すためにするわけですが、人間の場合は必ずしもそれだけではないですよね。愛情を確かめるものだったり、絆を深めるものだったりすると思います。そしてその結果、子供を授かることができるのが理想的ですが、そこはなかなかうまい具合にいかないこともありますね。

通常妊娠するにはセックスをしなければなりませんが、セックスをすること自体がイヤ、あるいは回数が減っているというカップルも多いですよね。また妊娠しやすいセックスというのもあります。カップルでこの話題について話をするのは照れくさいかもしれませんが大事なこと。じっくり話し合ってみることで何かが変わるかもしれませんよ。

セックスレスのカップルが増えている

sex4
つきあいはじめた頃や結婚当初はそれなりに行っていたカップルも、付き合いが長くなるとだんだん遠のいてしまうこともありますね。

セックスレスとは病気などの理由もないのにカップル間で1ヶ月以上セックスをしない状態のことを言うそう。ある調査によると夫婦間のセックスレスの割合は44.6%。セックスレスだからといって仲が悪いわけではないカップルも多いですが、セックスレスが原因で破局や離婚にまでいたってしまうカップルも少なくありません。

お互いがセックスレスの状態でも良い、それだけが愛情を確認する行為ではないと納得しているのであれば他人があれこれ口出すことではないですよね。ただどちらかがガマンしているのだとしたらそれは問題だと思います。

セックスレスの原因は?

・性的魅力を感じなくなった
付き合いも長くなるとだんだん慣れてきてしまって相手に性的な興奮を覚えることがなくなってしまうことも。子供ができるとパパ、ママの関係になってしまうということもありますね。また体型や容姿が激変してしまうのも要因。

・飽きた
毎回同じようなセックスばかりでマンネリ化し飽きてしまったために興奮することもなくなったりも。

・断られた
男性はとくに女性に断られてしまうとキズつき、誘いにくくなってしまうのだそう。

・忙しい、疲れている
仕事で忙しく疲れていると性欲よりも睡眠欲のが勝ってしまいますよね。帰宅時間が極端に遅かったり、夜勤が多かったりして眠る時間が2人の間で違うと難しいかもしれません。

・勃起不全や体力の衰え
勃起不全(ED)や射精障害などがあっても男性はそれを女性には言いたくないのかもしれません。体力が落ち、なかなか最後まで決められなかったりすると自信を失ってしまう人も。

・会話やスキンシップの減少
会話やスキンシップからその流れでセックスをするのが本来ですよね。ですから会話自体が減ってしまえばセックスをするような雰囲気にすらならないかもしれません。

不妊治療をはじめてからセックスレスに・・・

不妊治療をはじめるとセックスが義務化してしまうことも。それがストレスになり、夫婦関係の悪化につながってしまうケースもすごく多いんです。本来は愛情を確認し合うためのものなのに、これでは本末転倒ですよね。

また排卵日EDになってしまう人も多いんです。女性が「今日は排卵日だから!」って伝えると、男性は「今日こそ決めなきゃいけない」とプレッシャーになって排卵日が憂鬱になってしまうのだそう。また「なんでセックスする日までコントロールされなきゃいけないんだ」と思う男性も。

「妊娠したい、妊娠したい・・・」という気持ちだけでいっぱいになってしまっていませんか。男性は女性が思うよりよっぽどナイーブなんですよね。ですから男性の気持ちを少しでも理解してあげることが重要。やはりそのためには普段からコミュニケーションを取らなくてはいけませんね。

どうやって誘うのが良い?

sex1
排卵日だからといってあからさまに「今日、排卵日だからよろしく!」と言ったり、食事にうなぎを出したりしてアピールするのはあまりしないほうが良いかも。もちろんはっきり言ってくれてかまわないという男性もいますが・・・。また恥ずかしくてなかなか自分からは誘えないという女性も多いですよね。

・いちゃいちゃする(いきなり抱きついたりキスしたりして甘えてみる)
・マッサージをしてあげる
・いっしょに食事をしたりお酒を飲んだりしてまずは2人の時間を楽しむ
・明るく「今日だよ~」と伝える

排卵日だからといってイライラしたり怒りながら「今日はしなきゃいけないんだからね!」なんて言ったら男性は萎えてしまいます。明るく、可愛くが鉄則。

排卵日に限らず普段からセックスをしていて、たまたま排卵日だったというのが理想的。男性から誘ってくれないのでしたら、女性からどんどん誘ってしまいましょう。義務的セックスにならないように「排卵日じゃなくてもしたいの」ということを伝えるのも大事ですよ。

妊娠しやすいセックス

オーガズムを感じる

女性が性的に興奮すると子宮が起き上がって、さらに膣の奥がふくらみます。これをバルーン現象といいます。そしてオーガズムを感じると子宮や膣壁の筋肉がけいれんするように収縮。この収縮で膣にたまった精子を子宮に吸い上げるのです。ですからオーガズムを感じると妊娠しやすくなると言われています。

正常位

精子がすぐに流れでてしまうともったいないですよね。せっかくの精子を無駄にしないためには正常位がおすすめ。正常位ですと精子が長く膣内にとどまってくれます。

ほとんどの女性の子宮は前に倒れているので正常位のほうがよいのですが、中には子宮が背中側に倒れている人も。その場合はバックスタイルで行ったほうがより精子が子宮に届きやすいのだそう。子宮がどっちのタイプかは健診の時に医師に確認してくださいね。

ただ毎回同じような体位では飽きてしまって刺激もなくなりますよね。ですから体位にこだわらずいろいろ試してみるのも◎。

義務的セックスはしない

排卵日だからといって義務的にセックスするのはNG。ストレスを感じながらのセックスは楽しめませんし、精子も動きが鈍くなってしまいます。また排卵日もストレスなどでズレることもありますし、精子は女性の体内で数日間は生きつづけるので排卵日にこだわりすぎなくても良いんです。それよりも気持が良いセックスをすることのほうが大事。

【義務的セックスにならないために】

・デートをしながら自然な流れで
・セックスする時以外は裸を見せない
・普段はそっけないけどセックスするときは思いっきり甘えてみる(そのギャップに男性は喜ぶ)

膣トレをする

膣も年齢とともに緩んできてしまいます。すると感度も落ちてしまうので膣も鍛えることが大事。膣を強く締めることができると男性だけでなく女性も気持ち良いセックスができるんですよ。

トイレに行った時に、おしっこを途中で止めてみましょう。その時に使うのが膣の筋肉なので、止める、ゆるめるを繰り返すだけで膣トレーニングになります。また膣トレーニング専用のグッズを利用してみても良いですね。

気持ちが良いセックスをすることが大事!

ストレスがあるとセックスも気持ちよくない

sex2
相手に不満があったりストレスを抱えていたりすると気持ちのよいセックスからは遠のきます。リラックスして楽しむからこそオーガズムを感じることができ、それが妊娠にもつながるので、まずはセックスを楽しむということが大事なんです。

平日はお互い仕事や家事で忙しかったり疲れていたりしますよね。それなら休日は?というと、それぞれ友達や親戚と会う用事などがあって時間を取れないことも。そんなときは朝セックスがおすすめ。セックスの後にカーテンをあけて太陽の光を浴びれば、幸せホルモンであるセロトニンも分泌されます。何かと憂鬱になってしまいがちな妊活中はとくに必要なホルモンなんですよ。

排卵日にこだわらない

排卵日はストレスなどで少しズレてしまうこともあります。そして女性の体内に射精された精子は数日間は生き続けるので、何も排卵日に必ずセックスをしなければいけないということはありません。その前後に1日おきくらいで行えたら大丈夫。排卵日に限って夫が出張だったり、疲れて眠ってしまわれてイライラ・・・なんてしなくていいんです。

気分をもりあげる

義務的にではなく自然に2人の気持ちが盛り上がって、良いセックスができるのが一番ですよね。良いセックスは妊娠率もあげると言われているので、どう気持ちを盛り上げるのかを考えましょう。

やはりつきあいも長いとマンネリ化しがち。ですからいつもとは違った「非日常」を演出するのが効果的です。例えばセクシーな下着を身につける、自宅ではなくホテルに行く、車の中でする、リビングやキッチンなど寝室以外の場所でするなど。

またいつでも魅力的でいることも大切ですよね。家の中ではいつもすっぴんでジャージだったり、ヨレヨレの下着でウロウロしていたら女性として見られなくなってしまうかも。最低限の化粧をしたり、体型を維持したり、ムダ毛の処理をしたりなど可愛くいる努力は必要ですよね。

セックスする前に注意すること

チェック膣を洗いすぎない

膣内まで石けんなどでキレイに洗っているという女性もいるかと思いますが、洗いすぎはNG。膣内にはもともと善玉菌がいて、膣内にはいってこようとするばい菌などを殺してくれます。でも石けんなどで洗ってしまうと善玉菌が死んでしまい皮膚が荒れてしまうことも。するとセックスをした時に痛みを感じてしまいます。

チェック熱いお風呂やサウナ

男性の精巣(睾丸)は熱に弱く、温めすぎてしまうと精子の質が悪くなると言われています。ですからセックスする前に熱いお風呂に長時間つかったりサウナに入るのは控えたほうが良いです。

【さいごに】

sex3
定期的にセックスをするカップルのほうがホルモンバランスが良くなると言われています。それが妊娠しやすい体作りにもつながります。ですから子作りのために排卵日だけセックスをするような関係にはならないようにしたいですね。

カップルといえどもセックスについては照れくさくて話づらいということもあると思います。でもやっぱり話合いは必要。長い付き合いだから言わなくてもわかるよね、察してね、では理解しあえないこともたくさんあります。男と女では考え方などもまったく違うわけですから言葉にして伝え合いましょう。

そして心から気持ちが良いと感じられるセックスができるといいですね。


サブコンテンツ