妊娠中は腰が痛い(ノω・、) 妊婦は整体に通える?

腰痛に悩む妊婦さん妊婦さんの半数以上が経験する腰痛。

ひどくなると痛くて眠れなかったり、歩けなくなってしまうママもいます。

少しでも痛みを和らげるためにはどうしたら良いのでしょう?整体に通うのは妊娠中もOKなのでしょうか。


妊娠中の腰痛の原因

腰痛になりやすい妊婦さんの体型妊娠して3ヶ月も経つとリラキシンというホルモンが分泌され出します。

このホルモンには出産に備えて関節をゆるくしてくれる作用があります。ゆるんでくるということはゆがみやすいということでもありますね。

姿勢が悪いと骨盤がゆがみ、腰痛の原因になります。

また骨盤の一番下にある恥骨がゆるむと、その周りの筋肉や関節が不安定になり、結果的に腰痛に。

そして、お腹が出てくるようになると体のバランスが変化してあちらこちらに障害が出てきます。とくに負担が大きくなるのが腰です。

前にせり出たお腹で体の重心は前に。そしてそれを支えるために腰から背中の筋肉がいつも緊張状態になっています。緊張状態にある筋肉は硬くなるので、血行も悪くなります。

背中や腰まわりの筋肉がしっかりあれば大きなお腹も支えることができるのですが、腰で支えきれなくなると股関節や恥骨、膝、足首にまで負担がかかり痛みが出ます。

また、目や頭を酷使すると骨盤が硬直して腰痛が出やすいそうです。出産や育児に対する不安やストレスも体を硬くしてしまいます。

一方で全く腰痛を感じない人もいます。その違いは筋肉の柔軟性なんだそう。

筋肉が柔らかいとどんな圧力も吸収できるので痛みがでにくいです。また筋肉が柔らかいと血行も良くなります。

妊娠中でも整体に通っていいの?

整体に通える?安易に整体に通うことはおすすめしません。なぜなら施術者の技術や知識には差があるから。

妊娠すると体の中ではさまざまな変化が起こっています。妊娠によるホルモンバランスや体の変化を熟知しているかどうかが重要です。

妊娠中の腰痛は骨だけの問題ではありません。ホルモンや内蔵にも原因があるのでそのことをわかっていないといけませんよね。

整体師は国家資格が必要ありません。数日の講習で技術を学んで開業してしまう人もいるほど。

妊婦さんに何かあっても対応できるかどうかはわかりません。医療事故が度々問題になる整体ですから、妊婦さんでなくても整体院選びには慎重にしましょう。

一般的な整体院は妊婦さんはお断りしているようです。

ただ、中にはソフトな施術だから問題無いとして受け入れてくれるところも。妊娠について知識がなければうっかり押してはいけないツボを刺激してしまう可能性もあります。

それがすぐにすぐ胎児に影響があるとは考えにくいですが、つわりが悪化してしまったママも。妊婦さんはいつ何が起こってもおかしくないので100%安全、安心な整体院はありません。

妊娠中に避けるべきツボとは?

・合谷(親指と人差指の間)・・・子宮の収縮を誘発
・三陰交(内くるぶしから指4本上)・・・早産を誘発
・太谿(内くるぶしとアキレス腱の中間)・・・流産の原因に。
などがあります。

マタニティ整体について

妊婦さんでも安心して通えることを謳っている整体院もあります。ボキボキバキバキすることはなく、体位も横向きや仰向けで受けられます。

骨盤がゆがんでいると出産時に赤ちゃんがうまく下りて来られなくて難産になったり、子宮の血行が悪く赤ちゃんの成長が妨げられたりすることもあるのだそう。
体のゆがみを直すことで安産になると言われています。

筋肉の緊張を解いてくれるので腰痛の改善にも。リラックスして夜ぐっすり眠れるようになったというママもたくさんいます。

でもここでも気を付けたいのがどこに通うかということ。

どの整体院でも同じ施術をするわけではないですし、施術者のスキルの差も大きいのでどこでも安心というわけではありません。

知人に勧められて通ってみたけれど、腰痛が良くなるどころかますます悪化。しかも頻繁にくるように言われるなんていうところもあるのは事実。マタニティ整体だからと安心しないでください。

まずは施術者がきちんとした知識があるのか、実績はあるのか、評判はどうかなどきちんと下調べをすることをおすすめします

安定期に入る妊娠16週あたりから受けられるところが多いようです。まずは医師に相談して許可をとってください。産婦人科内で行っているところもあります。

予防法や痛みの緩和法

妊娠前から腰に問題がある人は妊娠すると再発したり悪化する傾向にあります。
妊娠前から気をつけておきたいですね。

エクササイズ

エクササイズで腰痛予防腰痛の予防の面でも治療の面でも体力をつける適度な運動は重要です。

筋肉がしっかりついていて柔軟性があれば腰痛はかなり防げると思います。

妊娠中は激しい運動はできないので、マタニティヨガやスイミング、マタニティビクスなどがおすすめ。体幹を鍛えましょう。

エクササイズをした人、マッサージをした人、経過観察した人にわけて腰痛の変化を調べた研究では、エクササイズをした人が一番腰痛の緩和に成功したそうです。

長時間座りっぱなしは腰の血行不良の原因に。体操をしたり、ストレッチをしたりして体を動かしましょう。

猫のポーズもおすすめ。四つん這いになって骨盤と背骨を軽く上下に動かします。腰椎と骨盤のストレッチになります。
マタニティヨガ 猫のポーズ
雑巾がけができるようであれば似たような動きができて良いと言われています。

骨盤ベルト

腰痛の緩和に骨盤ベルトもおすすめです。有名なのが「トコちゃんベルト」。骨盤を支えるので腰痛が楽になります。お腹が出てくる妊娠初期から使用するのが良いそう。

ただ着用する位置を間違うと危険なので、医師や助産師などに指導してもらいましょう。
【公式】トコちゃんベルト(外部サイト)

冷えを改善

筋肉が硬くなってしまっていると痛みも出ますし、血行も悪くなってしまうので、体を温めて筋肉をゆるめましょう。シャワーだけで済ますのではなく、浴槽に浸かります。

蒸しタオルを使って痛いところを温めるのも効果的。

ハーブティーで体の中からぽかぽかさせるのも良いです。
こちらも参考に→「妊娠中におすすめのハーブティー」

体勢に注意

なるべく腰に負担がかからないような姿勢を取りましょう。椅子に座るときは深く腰掛け、背筋は伸ばします。

アイロンがけや掃除機がけの時などは長時間前傾姿勢にならないように気をつけます。顔を洗うときなどは洗面台の下に台をおき片足を乗せると楽ですよ。

就寝時は膝の下にクッションを入れてみましょう。布団は体が沈まないものがベスト。だきまくらの利用もおすすめです。

医師に相談

医師に相談しても「妊娠中だから仕方ないよ」「我慢して」と言われてしまうことも。それでも本当につらい時は相談して、妊娠中でも使用できる薬や湿布薬を処方してもらいましょう。

市販の薬や湿布薬の中には妊婦さんNGのものもあるので注意が必要です。痛みが強いストレスになると赤ちゃんにも悪影響です。

腰痛は体の中から温めると楽になるかも

妊娠中は結構が悪くなるので、どうしても体が冷えがちになります。妊婦さんでなくても、体温が低めの状態にある人は腰痛になりやすいといわれています。

ハーブティーは体を温めるだけでなく、むくみや便秘などに効果があります。妊婦さん用に作られたハーブティーは尿たんぱくが改善した人もいるので、是非チェックしてみてくださいね。
妊婦さんのために作られたハーブティー



サブコンテンツ