妊娠中の夫婦生活について

性生活妊娠中の夫婦生活について。
妊娠中は体調が良くて医師から注意を受けていないのなら、性交渉をしても大丈夫です。

妊娠中でもコンドームは必需品

妊娠の経過が順調に進んでいるようなら基本的には、いつ性交渉をしても大丈夫です。
しかし、妊娠中は性欲が減退してしまう人も多いもの。
したくないときには自分の気持ちを素直に伝えて、夫に協力してもらいましょう。


妊娠中の性交渉は、母体とコンディションが最優先。体調の良い日を選びましょう。抵抗力が弱っているので感染症などにかかりやすくなっています。
性交渉の前には必ず入浴して、手や爪をキレイに洗うなど、これまで以上に清潔を心がけてください。
最近、この感染症が流・早産の引き金になることがわかってきました。
また、精液にはいろいろな細菌が含まれていて精子にも細菌を頸管のなかへ運び込む働きがあります。細菌によって早産や破水の原因となる絨毛膜羊膜炎を引き起こすこともあります。それから精液の中に多く含まれる「プロスタグランディン」は、子宮を収縮させる成分が含まれています。この他にもいろいろな影響があるので妊娠中は不要と思いがちですが、必ずコンドームを使用するようにしてください!

妊娠中は性器全体が充血して、とても傷つきやすくなっています。ゆっくり、浅く疲れない性交渉を心がけて。

また、乳房や乳首に強い刺激を与えると子宮の収縮が促されます。もし途中で、おなかが張ったり出血したり痛みなどの異常を感じたら、すぐに中断します。しばらく横になって様子を見守り症状がおさまれば大丈夫です。

妊娠初期

妊娠初期は胎盤が未完成のため、流産の危険もありますので性交渉に慎重になり上記の注意をしっかり守りましょう。妊娠初期は「したくない」「つわりで気分が悪い」「その気にならない」と感じる人は沢山います。そんな時は夫としっかり話し合い、理解を深めましょう。

妊娠中期

流産の危険も少なくなり、つわりもおさまる時期なので安心して性交渉を楽しめる時期でしょう。上記のルールを守って正しい性交渉を。

妊娠後期

ママのおなかも大きくなり、体を動かすのがつらい時期なのであまり無理をしないようにしましょう。妊娠中期よりも回数を減らし、時間も短くしましょう。又、この時期は出産に向けて子宮口や膣がやわらかくなってきますので、膣を傷つけないように注意しましょう。妊娠34週以降は早期破水や早産を招かないように控えましょう。

性交渉が制限されるとき

寝室

  • 出血があるとき
  • 流産や切迫流産の経験があるとき
  • 切迫流産の兆候があるとき
  • 早産や切迫早産の経験があるとき
  • 切迫早産の兆候があるとき
  • 羊膜が破れたとき
  • 前置胎盤
  • 以前に多胎出産をしているとき

妊娠中にNGな体位

妊娠中期以降は胎盤も完成して安定期に入りますが同時におなかも出てくるので、おなかを圧迫しない体位で。妊娠後期は疲れやすくなっているから、以上のことにプラスして、女性が疲れない体位を工夫することも必要です。また、どんな体位であれ女性が動いてしまう体位は、妊娠中は全期間を通じてやめておきましょう。

後背位は挿入が深くなりすぎないように注意すれば良いですが、女性がおしりを突き上げるような姿勢になると、かなり結合が深くなる上、おなかへの圧迫も深くなるので避けた方がいいでしょう。

女性が股の関節やひざを高く持ち上げた屈曲位は、挿入がかなり深くなるし、おなかも相当強く圧迫されるのでやめたほうが無難です。

男性の上に女性がまたがる騎乗位は深く入って子宮を突き上げ、女性が動いてしまうので避けたほうがよい体位です。

この時期だからこそ、話す機会を持ちましょう

会話
夫婦生活はパパとママのコミュニケーション手段でもあります。妊娠中は女性だけでなく、男性の性欲にも変化がみられます。実は妊娠中は、このコミュニケーションが最もかみ合いにくい時期でもあるのです。しかも、やっかいなことに妊娠・出産が終われば、夫婦生活の問題が自然に解決することはなく逆に長く尾を引き、産後のセックスレスなどの性の不一致をきっかけとして、夫婦の危機につながることもでてきます。

とても話しにくい話題ですが、家族の未来を語り会うように先送りせず、この時期だからこそ夫婦生活についても、お互いに素直に話せる機会を持つことを強くオススメします。 



サブコンテンツ