病院でストレスを受けないために!いい産婦人科の見分け方

女性にとって出産は人生の一大イベントです!
妊娠がわかったら最初にしなければならないのが産院選び。
じっくり調べて自分に合った産院を選ぶことがとても大切です。

産院選びは大切

いい産婦人科医の見分け方出産には今でも危険が伴います。お産で命を落とす女性もいますし、赤ちゃんが亡くなったりすることも。そうした事態をできる限り遠ざけるためには「リスクに応じた産院選び」も必要かもしれません。
⇒あなたの妊娠リスク度は何点?(外部サイト)
危険性が高い「ハイリスク妊娠」に当たる人は緊急事態の対応に強い、マンパワーのある大きな病院での出産がすすめられます。ハイリスク妊娠に対応できる病院は「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」の指定を受け、多くがNICU(新生児集中治療室)をもっています。選んだ産院が自分のリスクに合わない場合は医師からそのように言われ、転院をすすめられることもあります。日本では産むところが自由に選べるのが原則ですが、この点においては医療側から決められることになります。

出産する産院を選ぶには、まず、どんな産院があるのか確認しましょう。
それぞれの長所・短所を覚えておきましょう。
特に、働きながらの出産は体力的にも精神的にもストレスがたまりやすいもの。遠くて通院に大変、医師が仕事を持つ母親に冷たい、健診の待ち時間が長い…など様々な理由で余計なストレスをためないように慎重に選びましょう。


それぞれの産院の特徴

総合病院
    総合病院

  • いろいろな科があり専門医がいるので何かトラブルがあった場合などは安心。健診時にほかの科の治療を受けることも出来て便利。
  • 規模や設備はさまざま。大学病院は最新設備が整い、医療の技術も最新のものが期待できる。
  • 待ち時間は長いことが多い。
  • 診察のたびに担当医が変わることがあり、出産の時も誰が担当するのかわからない。
  • 診察も事務的な印象を受けがち。
個人病院

個人病院

  • 規模や設備は様々。
  • はじめの診察から出産・産後まで同じ医師に診てもらえる可能性は高いが規模による。コミュニケーションがとりやすい。
  • 食事が豪華など、妊産婦を快適にするいろいろなサービスを行う病院もある。
  • トラブルが起こった時の対応が病院によりまちまち。
  • 助産院
  • 助産師がマッサージをしたり出産の手助けをしてくれる、家庭的で自然な出産が人気。
  • 医療行為はできないので緊急時の対応が難しい。そのため病院と提携していてトラブルに対処する。
  • 出産方法を考える

    どんな出産方法がいいか考えたことがありますか?主流は自然分娩ですが出産方法は他にもいろいろあります。知っていたら、この方法にしたのに…などと後悔することのないように納得した方法で産みたいものです。どんな出産の方法があるかを知り、自分の通う産院でとり入れている出産方法を確認してみましょう。ただし、出産方法によっては妊娠中に講習や準備が必要なものもあります。そのための時間の確保が必要になります。

    出産方法のいろいろ

    自然分娩

    多くの病院でとり入れられている一般的な分娩方法。陣痛がくるのを待ち自然な流れで分娩します。薬品や器具などを使わないのが基本ですが、必要に応じて医師が処置します。

    計画分娩

    計画的に日時を選んでする分娩法。陣痛促進剤を使ったり、帝王切開で行われます。

    無痛分娩

    麻酔を使いお産の痛みをとる分娩方法。麻酔の方法は全身麻酔や局所麻酔など様々。

    ラマーズ法

    出産の正しい知識や呼吸法と補助動作を知り、自分で産むという前向きな気持ちでパートナーの立ち会いのもとリラックスすることで出産の痛みをやわらげようとする方法。

    ソフロロジー法

    ヨガをベースにしたストレッチとイメージトレーニングを行ってリラックスし、出産の痛みをやわらげようとする方法。事前に練習が必要です。

    アクティブバース

    ベッドに横になっていないで、姿勢や呼吸法など自分の好きなスタイルで出産する方法。

    水中出産

    ぬるま湯に浸かってリラックスしながら、好きな姿勢で出産する方法。アクティブバースのひとつ。

    座位分娩

    座った姿勢で出産する方法。分娩台に横になった姿勢より楽で、重力により出産がスムーズに進むといわれています。アクティブバースのひとつ。

    LDR

    陣痛から出産後まで、すべてをひとつの部屋ですませられる医療器具を組み込んだ個室で出産する方法。一般的に費用は高め。

    自宅・会社、産院の位置関係は大事

    産院を選ぶ条件は様々ですが、通院するのに仕事へあまり影響が出ない位置に産院があることは働く妊婦にとっては大きなポイント。家の近く、会社の近く、または何かあったときのことを考えて家からも会社からも遠くないところなどが考えられます。

    産んだ後のことも考えて

    病院での過ごし方産院を選ぶ時には入院生活のことも是非考えたいもの。「個室でゆっくり過ごしたい」「大部屋で他の産婦からいろいろな情報を得たい」「母子同室で赤ちゃんとのスキンシップをはかりたい」「入院中くらいはひとりでゆっくり休みたい」など希望は人それぞれでしょう。どんな入院生活を送りたいのか出産経験者にも話を聞いて考えましょう。

    母乳に対する産院の考え方も大きなポイント。母乳以外は極力飲ませないという母乳主義の産院もあります。母乳で育てたいと強く思っている人の場合はいいのですが、思うように母乳が出ずミルクにかえたいと悩んでしまうと、つらい入院生活になりかねません。はじめに確認しておけるといいでしょう。

    赤ちゃんのことも考える

    産まれてきた赤ちゃんのことを考えると、小児科が併設されているところは安心できます。退院してから新しく小児科を探す必要もなく便利です。

    出産経験者に聞いてみよう

    産婦人科の口コミ外から見ていただけでは、なかなか様子はつかめないもの。実際にその産院で出産した人に話を聞くチャンスがあったら積極的に次のようなことを聞いてみましょう。

  • 健診の時、いつもどのくらいの待ち時間があったか。
  • 陣痛の時、誰かついていてくれたか。
  • 授乳の指導は厳しかったか。
  • スタッフは親切か。
  • 病室の雰囲気はどうだったか。
  • 入院中の食事はどうだったか。
  • 何か不満はなかったか。
  • 人にすすめられるか。
  • 産院選びのチェックリスト

    自分でチェックポイントの優先順位をつけて考えてみましょう。

    □勤めながら通院しやすいところにあるか。
    □出産方法は自分の希望と合っているか。
    □立ち会い出産は行われているか。
    □遅い時間や土曜・日曜日など自分の勤務時間外も診察をしているか。
    □医師の指名はできるか。
    □診察の予約がとれるか。
    □トラブルが起きた時や夜間の対応はしてもらえるか。
    □設備は整っているか。
    □医師の診察や説明は丁寧か、こちらの質問にもきちんと答えてくれるか。
    □医師やスタッフの対応はいいか。
    □医師は働く母親に理解があるか。
    □出産費用はどのくらいか。
    □両親学級、母親学級、父親学級など妊娠・出産についての教室は開かれているか。
    □出産の後は母子同室か別室か。
    □個室はあるのか。
    □授乳に対する考え方はどうか。
    □小児科は併設されているか。
    □利用者や近所の評判はどうか。

    【体験談】ーいいとこどりで大満足♪ー(事務 30歳)
    私の場合は、定期健診は家の近所の個人病院、実際に出産するのは少し離れた総合病院というように2つの病院を組み合わせた出産でした。個人病院では出産まで手が回らないため、総合病院と協力して、そういう体制をとっていたようです。総合病院も外来の混雑が防げるので、いくつかの個人病院とそのような体制をとっているようでした。

    おかげで、定期健診はいつも土曜日に予約でき、とてもアットホームな中で受けられました。総合病院にも何度か健診に行きましたが、その予約も個人病院の方から入れてくれるのでスムーズ。出産時は設備の整った病院で、赤ちゃんにちょっと異常が出た時も小児科の先生がすぐに診てくれ、とても安心でした。病室も明るくキレイ。実際に産む時に、今まで診ていただいていた先生と違う先生になってしまうことはちょっと気になりましたが、そんなことより満足の方がずっと大きかったです。



    サブコンテンツ