妊娠中のお酒やコーヒー、どれくらいなら大丈夫?

お酒

妊娠中の飲酒母体の血液中とほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通過して赤ちゃんに届くと言われています。

ママが飲酒すれば、胎児もお酒を飲んでいるのと同じような状態になるんです。

アルコールは肝臓で分解されますが、胎児の肝臓はまだ未発達。ですからアルコールが体の中に溜まってしまいます。

ビールですと大瓶2本、日本酒ですと2合のお酒を毎日飲みつづけると胎児性アルコール症候群の子が生まれてくる確率が高くなるそうです。

たまにならビール1杯くらい大丈夫と言われていますが、胎児にどれだけの影響があるかはママの体重や体質、年齢、出産回数などによります


医学的にどれだけのアルコールの量なら安全ということはわかっていません。ですから、妊娠がわかった時点でお酒は控えましょう。

働いているママですと、お付き合いもありますよね。妊娠を報告してあれば断ることもできますが、まだ報告していない社外の人であれば断りづらい場合も。

隠しておくとそれがストレスになることもあるでしょうから、タイミングを見計らって伝えたほうが良いかもしれませんね。

もし妊娠が分かる前にお酒を飲んでしまってもそれほど心配しなくても大丈夫。妊娠1ヶ月の妊娠超初期であればほとんど影響はありません。これから気をつけるようにしましょう。

胎児性アルコール症候群とは?

・低体重
・顔を中心とした奇形(小頭症、小さな目や低い鼻など独特な顔)
・知的障害
・発達障害
・ADHA(多動性障害)
・視力困難
・成人後のアルコール依存症のリスク
などを伴う先天性の障害です。治療法はなく、妊娠中に禁酒することが予防になります。

とくに胎児の脳に大脳皮質が作られる妊娠初期から中期は気をつけたほうが良いと言われています。が、どの時期であってもリスクはあります。アルコールを飲む機会があって不安になっている人はビタミン類を摂ることをおすすめします。【参考】アルコール中毒の改善に効果がある栄養素

葉酸、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、マグネシウム、鉄分、セレン、クロムはアルコール中毒の改善に効果がある栄養素です。なかなか食事から摂るのは難しいので一度に摂れるサプリがおすすめ!
>>上の栄養素が全部摂れるサプリの人気ランキングはこちら

ノンアルコールビールなら良い?

妊娠 ノンアルコールノンアルコールビールやノンアルコールカクテルと書かれてあっても完全にアルコールゼロではありません。アルコール度数1%未満ならノンアルコールと表示できるのです。

たとえ1%未満であっても何本か飲んでしまえば普通のビールと変わらない量になるでしょう。そしてママが酔っていないと思っていてもお腹の中の赤ちゃんはすでに酔っ払ってしまっているかもしれません。

コーヒー、紅茶

妊娠中のコーヒーコーヒーや紅茶などにはカフェインが含まれています。

カフェインには興奮作用があるので、お腹が大きくなるとただでさえ不眠になってしまうママが多いので安眠を妨げるカフェインは控えたほうが良いでしょう。

そしてママだけでなくカフェインは胎児にも影響を及ぼします。

ママと胎児をつなぐ胎盤は酸素や栄養を届けて、病原菌などの有害なものは通さないのですが、カフェインは通過してしまうんです。そして胎児の中枢神経を覚醒、興奮させてしまいます。胎児はカフェインを分解、排出できないので脳に蓄積します。

カフェインを大量に摂取すると胎盤の血液量が減ることもわかっています。血液量の減少は胎児の成長を妨げてしまいますし、カフェインの摂取を習慣にすると胎児の白血病のリスクがあがるという研究結果もあるようです。

コーヒーを1日に1杯~2杯までなら問題ないと言われていますが、毎日毎日ですとちょっと心配です。できればカフェインレスの飲み物を摂るようにしましょう。

カフェインを含むのはコーヒーだけじゃありません。

紅茶、ココア、コーラ、ダイエットコーラ、チョコレート、栄養ドリンク、抹茶、緑茶、ほうじ茶、玄米茶、烏龍茶などにも含まれています。

栄養ドリンクはカフェインやアルコール以外にも薬効成分がはっきりしないものもありますから、むやみに飲まないように気をつけましょう。

カフェインの量はコーヒー1杯あたり100ml~150ml、紅茶75ml、烏龍茶40ml~50ml。ドリップコーヒーはインスタントコーヒーよりもカフェインが多いです。チョコレートやココアはカカオ成分が多いほどカフェインの量も増えます。

カフェインレスの飲み物って?

ハーブティー
・麦茶(ミネラルも豊富でおすすめ)
・ハーブティ(ローズヒップティー、ルイボスティー、ペパーミントティーなどがおすすめ)
・杜仲茶
・そば茶
・たんぽぽコーヒー(母乳の質もアップ。ただ体を冷やすので飲む際には体を温める作用のある食材と一緒が良いです)⇒たんぽぽコーヒーはこちら
・ノンカフェインのコーヒー
・穀物コーヒー

おすすめはお茶の有名ショップである「ルピシア」。ノンカフェインやローカフェインのお茶がたくさん売っています。

妊娠中は控えたほうが良いハーブがある!

妊娠中控えるハーブハーブティには色々な良い効果がありますが、妊娠中は控えたほうが良いハーブがあります。

控えたほうが良いハーブは、世界中にある西洋ハーブの各研究機関によって見解が異なりますが、いずれかの機関で「妊娠中に飲むのは好ましくない」という報告があるものを記載しておきます。

【妊娠中は控えたほうが良いハーブ】
アーニカ、アンジェリカ、ウコン、エフェドラ、オレゴングレープ
カバ、キャッツクロー、グーグル、グレーターセランディン、ゴールデンシール、コルツフット、コンフリー
サフラン、シナモン、シャパラル、ジャマイマカンドッグウッド、スージャ、スィートフラッグ、セージ、センナ
タンジー、チェストベリー、ティロフォラ、ドンクアイ(トウキ・当帰)
ナツメグ、ニーム
パウダルコ、パスクフラワー、バーベイン、バーベリー、フィーバーフュー、フェヌグリーク、ブラダーラック、ブラックコホシュ、ブラッドルート、ブルーム、ペニーローヤル、ポークルート、ボルド、ホワイトホアハウンド
マグワート、マザーズワート、ミッスルトウー、ミルラ
ヤロー
ライフルート、ラズベリーリーフ(妊娠後期からはOK)、リコリス、ルー、レモングラス、ローズマリー、ロベジ
ワイルドチェリー、ワームウッド
※禁止されているものの中には、子宮収縮作用があるハーブがあるので注意が必要です。

ハーブはその葉っぱによって効果・効能が違うのでできれば妊婦さんに良い効果があるハーブを何種類か選びたいもの。かといってどのハーブがどんな香りがあるのか、どんな効果があるのかを考えながらブレンドするのは専門家でない限りなかなか難しいかもしれません。

妊婦さん用に作られたハーブティーがある!

ハーブは100種類以上あるので、なかなか覚えるのも大変。そこでおすすめは、妊婦さん用に作られたハーブティーです。

上でもたんぽぽコーヒーを紹介しましたが、たんぽぽコーヒーを作っているAMOMA(アモーマ)というナチュラルケアブランドが出している妊婦さん用のハーブティーがあります。

amoma

イギリスのハーバリストと共同でブレンド開発した「マタニティブレンド」というハーブティ。このマタニティブレンドは8種類のハーブを配合。冷え、むくみ、便秘対策という3つの血流対策を考えて選ばれています。

配合されているハーブ名 効果・効能
ジンジャー 体を温める
ネトル 鉄分、ミネラル、葉酸を含む。貧血予防効果
ローズヒップ 鉄分、葉酸をサポートするビタミンCが豊富
クリーバーズ 体内の老廃物を排出する効果、むくみの改善
ダンデライオン ビタミン、鉄分、ミネラル豊富。貧血解消、便秘解消効果
ステビア 天然の甘味料
ハイビスカス クエン酸やミネラルを含む。むくみの改善効果
エルダーフラワー 手や足の付け根のむくみ解消、毒素排出、抗ウイルス、精神リラックス効果

100%天然オーガニックで、農薬や化学肥料を一切つかっていない有機栽培された高品質ハーブを厳選。岐阜県の有機認定工場で丁寧に作られているので品質は間違いありません。たまごクラブやひよこクラブなどママさんの雑誌だけでなく、anan、安心アロマ&ハーブなどの雑誌でも紹介されている人気のハーブティーです。

妊婦さんにとってノンカフェインは必需品ですが、水分補給と水分排出のバランスが良い「マタニティブレンド」は妊婦さんのために作られています。妊娠中に起こりやすい冷え、むくみ、便秘がある人は是非試してみてはいかがでしょうか。

きれいなルビー色のハーブティーは見るだけでも癒されます。アロマ効果もあるのでリラックス気分になれること間違いなし。ゆったりとした気持ちで妊婦生活を送れると良いですね。

妊娠中のハーブティマタニティブレンド(30ティーバッグ入り)

価格:2,235円(税込・送料込)
1ヶ月定期 1,796円(税込・送料無料)
3ヶ月定期 5,387円(税込・送料無料)1袋あたり1,795円

※定期購入は次の回が来る1週間前に連絡すれば、何回目でも解約できます。違約金などはありません。単品購入と比べて439円安く買えるので、定期購入のほうがお得になっています。

妊娠中の冷え・むくみ・便秘対策ハーブティー!

ハーブティの詳細



サブコンテンツ