妊娠中、ペットのお世話はどうすればいい?

妊娠中のペットの世話

妊娠中 ペットの世話妊娠すると周囲から「ペットは飼ってはいけない」「手放したほうが良い」などと言われることもあるはず。
でも、家族同然で可愛がってきたペットをそんなに簡単に手放せませんよね。
妊娠中のペットのお世話は本当によくないのでしょうか?

妊娠中ペットを飼う上で心配なことは、病気の感染ですよね。
赤ちゃんが産まれてからもノミやシラミ、抜け毛、赤ちゃんのアレルギー、赤ちゃんがケガをしないかが気になります。

ペットによって癒やされることもあります。
赤ちゃんがペットと一緒に育って行くと優しい子になるとも言われていますし、妊娠中にペットを飼うことは決してマイナスばかりではありません。
十分な対策をしていれば大丈夫。
ペットと一緒に赤ちゃんの誕生を待ちましょう。


注意すべきは病気への感染

ペットから人へ感染する病気もあります。
トキソプラズマ症や鳥クラミジア症などですが、きちんと対策を取っていればそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

トキソプラズマ症とは

ガーデニングトキソプラズマという小さな小さな原虫がペットから人の血液の中に入ることで感染。
原虫の宿主は猫と言われていますが、犬にも感染している場合があるのだとか。
猫から糞と一緒に排出されます。
その糞を処理した時に感染してしまうことがほとんど。糞の処理はできれば妊娠しているママではなくて家族にやってもらえると安心です。
どうしてもの時は、必ずマスクと手袋を着用します。
処理したあとはしっかり手洗いしましょう。
ただ、糞をしてから1日以上経たないと人には感染しないので、毎日こまめにお掃除をしていれば心配ありません。

気を付けたいのはガーデニングや畑仕事で土いじりをする時。
野良猫の糞をうっかり触らないように、手袋とマスクで予防します。
公園の砂場も気をつけましょう。

猫からだけでなく牛や豚の生肉から感染するケースも。
トキソプラズマは熱に弱いのでしっかり加熱して食べましょう。
お肉は中がピンクのうちは味見をすることも控えて。
生ハムやサラミ、殺菌をしていない牛乳や殺菌をしていないソフトチーズなども妊娠中はNGです。

健康な人であればトキソプラズマに感染してしまっても免疫が働くのでとくに問題にはなりません。
ただ、妊婦中に初めて感染してしまうと胎盤を通して赤ちゃんにも伝染ってしまう可能性が。
胎児がトキソプラズマに感染してしまうと流産してしまったり、水頭症(頭の中に髄液がたまる)、黄疸、肝臓や脾臓の腫れ、発達障害などの障害が出てしまいます。
どの時期に感染したのかで胎児への影響も変わります。

【感染の時期】
感染時期 赤ちゃんへの影響
妊娠前6ヶ月 胎児に問題なし
妊娠初期 胎児に感染する確率は低いが(妊娠10週までは2%以下)重症化する。流産になってしまう場合も
妊娠中期 妊娠が経過するにつれ胎児への感染確率は高くなっていく。
妊娠後期 感染率は高い(60%以上とのデータも)。症状は軽め。それでも脳症などになるかもしれないので油断は禁物。

トキソプラズマにママが感染してしまってもほとんどの場合、症状は出ません。
微熱がでたり、インフルエンザのような症状が出るくらいで自分が感染しているかどうかはわからないでしょう。
できれば妊娠前に検査しておくと安心です。
血液検査(費用は数千円)で感染しているかどうか、またいつ感染したのかがわかります。

フランスでは妊婦は毎月トキソプラズマの検査を受けるのだそう。
日本はまだ必須ではなく希望者だけですが、医師に勧められたりするケースも。
知識としてもっていると良いですね。

トキソプラズマの検査もし妊娠中に初めて感染したことがわかったら一刻も早く治療を始めましょう。
ママがアセチルスピラマイシンという薬を服用します。
妊娠中に薬をなるべく飲みたくないと治療を拒否してしまうママもいるそうですが、この薬は胎児への影響はありません。
まずは胎児への感染を防ぐことを一番に考えましょう。

胎児に感染しているかどうかは羊水検査で調べます。
ただ必ずわかるものではなく、リスクもあるのでご家族ともよく相談してください。

赤ちゃんに感染したとしても必ず発症するわけではありません。
早くから治療を始めることで重症化を防ぐこともできます。

予防方法は?

☆猫は室内で飼う(ネズミを食べて伝染ることも)
☆猫の糞便の処理はなるべくやらない、どうしてもの時はマスクと手袋を着用
☆土いじりの際はマスクと手袋を着用
☆生肉、殺菌していない牛乳やチーズ、生ハム、サラミは食べない(ペットにもあげない)
☆生肉を扱ったまな板や包丁はよく洗う
☆野菜は十分調理前に洗う

ワクチンはないので感染しないように予防することが大事です。
→詳しくは国立感染症研究所のHPで(外部サイト)

猫以外の動物の場合は?

うさぎ トキソプラズマ
ハムスター・・・普通にお世話をしているだけでは感染の心配はありません。ゲージは常に清潔に保つように心がけます。

うさぎ・・・トキソプラズマを体内に保有している場合もありますが、人には感染しないのだそう。

爬虫類や両生類(亀、トカゲ、カエルなど)・・・爬虫類の90%にサルモネラ菌がいるとも。糞に含まれる菌が飛び散ることも考えられるので、できれば他の人に譲り渡す、飼育場所を変える、近づかないなど対策をしたほうが良いでしょう。

・・・鳥クラミジア症に感染する恐れも。動物病院で病気にかかっていないかどうか検査してもらいましょう。いずれにしても家の中で放し飼いにするのは危険。できればお世話は他の人にお願いしたほうが安心です。

・・・猫にも言えることですが、健康診断を受けましょう。ワクチン接種も確実に。ノミやダニ予防も忘れないでください。抜け毛やフケを減らすために餌への気配りもしましょう。

どんな種類のペットであっても飼育場所はいつでもキレイな状態にしておくことが重要。
ペットを触ったあとは必ず手洗いをして、過度な接触をさけましょう
キスをしたり、一緒に寝たり、口移しで餌を与えることはNGです。

突然の入院!どうしたら良い?

出産の時はもちろん、急に体調が変化して入院しなければならないこともあるはず。
そんな時のために、ペットを預ける場所を考えておきましょう。

☆友人、知人、家族、親戚の家
☆ペットホテル
☆ペットシッター
☆動物一時預かり施設
☆動物病院

などが考えられますね。
ペットシッターは自宅にスタッフが来てお世話をしてくれるのでペットが普段通りに過ごせます。
ストレスが少ないと言えますね。

ペットホテルやペットシッターは数多くあり、家の近所にあれば便利ですね。
ただ悪質なところやいい加減なところもあるのも事実。
あらかじめ口コミなどをチェックしておいたほうが安心です。

動物一時預かり施設とはNPO法人動物愛護市民団体JCDLなどが有名です。
1ヶ月単位から年単位で預かってくれます。
費用は犬や猫の種類や年齢等によって異なります。
妊娠後期に入るとお腹が大きくなってペットのお世話が大変になるでしょう。
産後は育児で手が回らなくなるかもしれません。
そんな時に利用しても良いですね。
決して安易に捨てたりしないでください。

赤ちゃんが産まれたら?

マメに掃除ペットの毛やフケ、ダニはアレルギーの原因になります。赤ちゃんがなるべく吸い込まないようにお掃除は念入りにしましょう。

毛足の長いカーペットやソファーの隙間には毛がたまりやすいです。
部屋のすみまできっちりと掃除しましょう。
床は掃除機ではなく拭き掃除のがおすすめ。
掃除機だとどうしてもホコリやダニが舞い上がってしまいます。
カーテンにもホコリやダニの死骸はつきやすいのでこまめに洗濯を。

犬や猫の抜け毛対策にはブラッシングを。
そして抜け毛とりクリーナーを常備しておきましょう。

アレルゲン対応の空気清浄機やアレルゲン防止のスプレーなども市販されています。

赤ちゃんが産まれてヤキモチをやく犬や猫もいるのだそう。
赤ちゃんを寝かせる場所には気をつけましょう。
同じ部屋に入れないように柵を取り付けるほうが良いケースも。
そしていくらおとなしいペットでもいつ何があるかわかりません。
最初のうちは目を離さないようにしましょう。

とはいえ、ペットも家族の一員。みんなで楽しく暮らしていきたいですね。
犬や猫は赤ちゃんや幼児にはとても寛容といいます。
ちょっとぐらいしっぽや足を引っ張られてもじっと耐えるんですよ。
その時のペットの困ったような顔にまた癒されます。

私の友人宅にも2匹のイタリアングレーハウンドがいます。
妊娠前から飼っていますが、妊娠中はお腹を気遣うようになったのだとか。
それまで飛びかかってきていたのに、それをしなくなったんだそうです。
赤ちゃんが産まれてからも近くに寄り添うように寝ている姿が印象的でした。
ペットと赤ちゃんが一緒に成長していく光景は素敵なものだなと感じました。



サブコンテンツ