お腹が張る!

おなかの張りとは…子宮の筋肉が収縮してかたくなること。
触れてみてもわかります。妊娠中はいつでも起きる可能性があり、実際にときどき張ることがありますが、それだけでは心配なものではありません。

起きやすい時期

妊娠末期にかけ張りは強くなる

妊娠後期に入って、おなかがグンと大きくなる30週前後になると、それまで以上に張りを自覚するようになります。
これは、いわば陣痛へ向けてのウォーミングアップ。子宮の収縮が強く、周期的にくり返されるようになったものがお産のときの陣痛だからです。そして末期にかけ、張りは段々強く頻繁になり、いよいよお産というときに、それまでとは比べものにならないくらいに強く、くり返し収縮し陣痛となります。


原因

赤ちゃんの成長が一因、疲れや冷えで起こることも

生理的な子宮の収縮が主な原因

子宮の筋肉は、いわば弾力のあるゴムのようなもの。おなかの赤ちゃんが成長して大きくなると子宮も伸びますが、一方で元に戻そうとする力も働きます。これが子宮の収縮で張りとなり現れるのです。こういった張りは生理的なもので、特に心配ありません。

冷えや緊張で張ることも

避けたいのは、妊婦さんが疲れたり動きすぎたりするなどの外的な要因による張り。体の冷えや精神的な緊張により張ることもあります。

頻繁に張ると赤ちゃんのストレスに

ストレス
子宮が収縮すると一時的に胎盤の血流が悪くなり、赤ちゃんに送られる酸素や栄養素の量が少なくなります。生理的な張り程度であれば赤ちゃんは大丈夫ですが、それが持続したり頻繁に起こると、大きなストレスになってしまいます。ですから、外的要因によるおなかの張りは、経過が順調でも避けたほうがいいのです。

症状

妊婦さんによって張りを感じる度合いは変わる

おなかの張りは、とても主観的。妊婦さんにより感じ方は異なり平気な人もいれば、痛いと感じる人もいます。張りを感じても、それだけで心配なことではないですが、強く周期的になると陣痛につながっていくので注意が必要です。

治療とケア

安静がいちばんのケア、治まらなければ受診を

張りを感じたらまず安静に

おなかの張りや痛みを感じたら、まず安静にするのがいちばん。横になって休めるといいのですが外出先やオフィスなどでそれが難しければ座って目をつぶるだけでもいいでしょう。しばらくして治まるようなら、生理的な張りだったと考えられ、特に心配する必要はありません。

治まらないときは即受診を

しかし、安静にしても治まらず張りや痛みが強くなってきたら流産や早産の心配もあるので、すぐ受診しましょう。また、張りが持続的でおなかを触るとカチカチにかたく、部分的に激しく痛む時は、胎盤が剥がれてきてしまう常位胎盤早期剥離が疑われます。
しかも、張りだけでなく性器出血もあった場合は一刻を争うので救急車を呼び病院へ行きます。

病院では、どんな検査をするの?

病院では、NST検査(ノンストレステスト)や超音波検査で、お腹の張りの状態や胎児の心拍を確認します。さらに内診で子宮口の開き具合や子宮頸管の長さなどをチェックして、早産の可能性などを診ます。
検査の結果、軽度の場合は子宮収縮を抑える張り止め薬が処方され、自宅安静が指示されます。張り止め薬は、動悸、手の震え、吐き気など副作用を伴うことがありますが、勝手に服用をやめるのはNG。だんだん慣れてくるので正しく服用してください。
また妊娠週数や子宮口の開き具合によって、安静のレベルが異なるため「食事を作るなど軽い家事はしても良いのか?」「お風呂に入っても良いのか?」など、必ず医師に確認しましょう。
上の子がいるなどの理由で自宅安静ができないママは、医師と相談してベストな方法を探ってください。病室に空きがあれば入院を希望するのもいいでしょう。くれぐれも無理は禁物ですよ!
お腹の張りが治まらず、切迫流・早産の危険などがあるときは、入院安静が指示されます。

【張り・痛みを感じたときの受診の目安】

(症状)                  (受診の目安)
★張りがあるが安静にすると治まる。  ⇒  受診する必要はない
 
★安静にしても張りが治まらずくり返す。⇒  流産や早産の心配があるので至急受診を
    
★張りが持続しおなかがカチカチになる。⇒  救急車を呼び一刻も早く病院へ
 激痛がある。

おなかの張りを防ぐには

休憩

疲労をためない

妊娠中に無理は禁物。家事も疲れた時は休むようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスも張りの原因に。散歩や友人とのお喋りなど気分転換できることがあるといいですね。

体を冷やさない

冷えもよくありません。ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、ひざ掛けなどで体を冷やさない工夫を。

激しい運動を避ける

妊娠の経過に心配がなければ軽い運動や夫婦生活は大丈夫ですが、張りを感じるときは控えます。

おなかが張ることは妊婦さんにとって、度々起こる症状のひとつです。
大抵、横になって休んでいるうちに治まってくる人が殆どですが、決して軽視はできません。
出血や激痛を伴わなくても、あまりにも頻繁な場合や心配な時は受診しましょう。我慢はストレスをためこむので余計、張りが強くなることも。



サブコンテンツ