妊娠がわかったらやること3つ

妊娠がわかったらあわてないように、まずは下の3点を必ずやっておきましょう。

産婦人科での診察

まだ産婦人科で診察をうけてない人

今は妊娠検査薬でかなり早い段階で妊娠がわかることもありますが、結果は100%ではありません。まずは産婦人科に行って、妊娠何週目なのか、そして正常な妊娠なのかをみてもらいましょう。

正常な妊娠、というのは子宮外妊娠などのケースもあるためです。

診察を受けるとおおよその出産予定日がわかりますので、そこから計画を立てましょう。


産婦人科で診察を受けた人

どこの病院で産むのかを決めておきます。里帰り出産になる場合は里帰り先での分娩予約が必要になります。

里帰り出産の場合は、いつ帰省するかを決めておきます。

母子手帳をもらう

母子手帳をもらう母子手帳は今住んでいる市区町村の窓口や保健センターでももらうことができます。

自治体によっては「妊娠届」の提出が必要になるところもあるので、事前に調べておくと行ったりキたりをしなくて良いのでできれば調べてから行きましょう。

母子手帳には妊婦さんの間の色々な記録をとることができるようになっていますが、生まれてくるまでの大切な記録です。生まれてからも、予防接種や3ヶ月検診、6ヶ月検診、などの記録をとるので絶対になくさないようにしましょう。

【まとめ】

この3つが済んでいれば、ひとまず安心です。

あとは、今お勤めであれば仕事をどうするか、住まいをどうするか、など周りの人と相談して決めていきましょう。上の3つが済んだら、妊婦さんになるともらえる手当がありますので申請方法の確認をし、準備をしておきましょう!



サブコンテンツ