マタニティーブルー、解消法はある?

マタニティブルー待望の赤ちゃんが産まれて幸せいっぱいのはずなのに、なぜか気分が落ち込んだり、めそめそと悲しくなったり、その逆にイライラしたり。産後間もなくして情緒不安定になることを「マタニティブルー」と呼んでいます。

病気ではなく誰に起きても不思議はない、ごく一般的な症状です。ほとんどの人は10日~2週間もすれば自然に治るものです。必要以上に心配することはありません。

ホルモンの急激な変化が精神に影響を及ぼします

マタニティブルー妊娠中には、赤ちゃんを育て出産するために卵巣からエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが盛んに分泌されます。また、胎盤からも種々のホルモン、あるいはホルモン様の物質が分泌されています。

お産が終わり、胎盤が体外に出てしまうと、これらのホルモンの分泌量は急激に低下します。その後は母乳を出すプロラクチンというホルモンが出てきて軽いウツ傾向を促します。この変化で自律神経が影響を受け心が不安定になるのです。


何もかも完全にこなそうとしないで

マタニティーブルーの症状としては、訳もなく悲しくなり涙が止まらなかったり。何もやる気が起きずに投げやりになったり。

また、些細なことが気になってイライラし夫や家族に当たり散らしてしまうこともあります。眠れなくなったり、食欲不振になる人もいます。

母乳の出が悪いときなど、赤ちゃんをしっかり育てていけるのか不安になり、自分をダメな母親だと責めてしまう人も少なくありません。特に責任感の強いまじめな人や、完璧主義の人ほどブルーな気分に陥りがちです。

最初からなんでもうまくできる人はいません。育児も家事も完璧にこなそうとせず、なるようになる、となるべく大らかに構えることがいちばんです。

家族の協力を仰ぎましょう

ママをいたわる産後のママは自分で思う以上に疲れがたまっています。慣れない授乳や赤ちゃんのお世話に、不安を感じながら頑張っているときに「ダメじゃないの」「母親なんだから頑張れ」などといった言葉は落ち込みに追い討ちをかけるようなものです。

できれば妊娠中に夫やお世話になる実家のお母さんなどに、産後はマタニティーブルーになりやすいことを説明しておき、ママをさらに落ち込ませる言動は控えてもらえると良いですね。

体がとても疲れているときは、夜中の授乳をミルクにして夫に代わってもらっては?1日ゆっくり眠るなどの休息をとるだけで気分が回復するものです。

症状が重い場合は病院で相談を

中には、出産をきっかけに本格的なウツ状態になってしまう人もいます。これはマタニティーブルーよりもはるかに重い状態で「産後ウツ病」と呼ばれ、出産後2~3週間から3カ月くらいの間に発症し治療が必要な心の病気のひとつです。

産後ウツ病の原因は?

最近の研究でホルモンバランスが乱れている産後はうつ病を発症しやすいことが判明しています。また、出産後の女性の体は生涯の中で最も劇的な変化が生じています。たとえば…

  • 乳を作り出します
  • 赤ちゃんを守っていた子宮が1カ月ほどで元の大きさまで収縮します。大きさにして1kg位から60g位まで縮みます
  • 女性ホルモンが再び産生されるまでしばらく時間がかかります

生活面でも、それまでとは大きく変化します。

  • 最初の1~2カ月は2~3時間おきに授乳しなくてはならないため充分な睡眠時間が得られません
  • 馴れない授乳とオムツ替えの繰り返し
  • 外出もままならず飲んで泣くばかりの赤ちゃんと向き合った毎日

新しい生活を自然に受け入れらるよう、周囲の人間の協力が一番重要となります。

産後ウツ病になりやすい人は?

もし、ひとつでも思い当たる項目がある人は産後ウツ病にご注意!

  • 切迫流産になりかかった、難産だったなど、出産が順調ではなかった人
  • 完璧主義な人、スーパーウーマンシンドロームの人
  • 妊娠期間中や出産直後に結婚や引っ越し、人事異動、産休、職場復帰、退職など、人生の大きな転機を経験した人
  • 里帰り出産をした人
  • 妊娠中仕事のストレスが増した人
  • 望まなかった、想定外の妊娠だった人
  • 過去にウツ病を発症したことがある人、1人目の出産後、産後ウツ病になった人
  • 旦那さんやおばあちゃんなど、身内が育児に協力してくれない人

産後ウツ病はどんな症状?

産後ウツ病かどうかの判断は、一般的な症状として気分の落ち込みや不安感、イライラ、不眠・あるいは過眠、食欲不振・過食などです。その他に下記のようなことがないかチェックしてみましょう。

    産後うつ

  • 母親としての役割が果たせていないと思う
  • オムツ替えひとつにも自信が持てない
  • 赤ちゃんの発育が異常なまでに心配でならない
  • 育児書通りにいかないと感じ、自分か赤ちゃんがおかしいのではないかと感じる
  • 将来に希望や夢を感じなくなった
  • 赤ちゃんに愛情を感じない
  • 旦那さんに愛情を感じない
  • 赤ちゃんが泣いていても、長時間ほうっておくことがある
  • 頭痛や体がだるくて、ヤル気がでない

産後ウツ病は長引く傾向があり、赤ちゃんにストレスを感じさせたり子供の発育に悪影響を与えます。また最悪の場合、幼児虐待という悲しい事態を招く可能性も秘めています。
しかし、早めに治療すれば回復の早い病気です。少しでも疑わしいと思ったらまずは、婦人科やレディースクリニック、各自治体の保健師に相談してみてください。
本人が無理なら、夫や家族など周囲の人から相談してみても良いですね。

また、ビタミンB9(葉酸)は産後うつの軽減に効果的です。葉酸は乳腺炎の予防、改善にも役立ちますので是非取り入れてみてくださいね。
葉酸(ビタミンB9)は不足しやすいビタミンのひとつ

 



サブコンテンツ