マタニティマーク(妊婦バッジ)はつけるべきか

マタニティマークマタニティマーク、いわゆる妊婦バッジは都市部の駅の改札や市区町村でもらえたり、数百円~で市販されています。キーホルダーとバッジの2タイプがあります。厚生労働省が2006年に制定しました。

この妊婦バッジをつけていれば、電車やバスの優先席をあけてもらえるというのが多くの人がしている勘違いであることをご存知でしょうか?あくまでも席を譲るのは好意であり、義務ではありません。


妊婦バッジについて世間ではちょっと違った意味で捉えられてしまっているところがあり、賛否両論、物議をかもしだしています。では本当の意味とは何なのか?

それは「私は妊婦なので、何か事情があって治療などをする場合は正しい治療をしてください」です。

妊婦さんは普通の人よりも突然体調が悪くなるリスクを抱えています。貧血、破水、出血など。意識を失ってしまえば当然言葉を発することができませんから、まだおなかが目立たず、一見妊婦さんだとわからない場合は適切な処置をしてもらう必要があります。そういう時のための「マタニティマーク」なんです。

「妊婦だから気をつかってね」のアピールの意味ではないということを、妊婦さんも周りの人も周知することが大切だと感じます。

もちろん、妊婦バッジをみたことで席を譲ってもらったらお礼を言うのは常識的なことですが、「席を譲ってもらって当たり前」のようにお礼を言わない妊婦さんもいるということで、そういったことから妊婦バッジの是非が問われています。

マタニティマークの本来の意味は「妊婦さんにやさしい環境づくり」ですが、妊婦さんに対する不愉快な心を抱く人もいます。悲しいことですが、妊婦バッジをつけていたことで故意に嫌がらせを受けた報告もあるようで、隠していたほうが安全、という矛盾した現実になっている状況もあります。

妊婦バッジはネット通販でだれでも買うことができますので、中にはマタニティマークを悪用している人もいるということで、何のためにこの妊婦バッジができたのか、ということを考えてほしいものです。

妊婦バッジはつけないべきか?

そう考えると、妊婦バッジをつけないほうがいいのではないか、と考える人もいると思いますが、バッジにはせっかく意味があるのでつけておいたほうが良いのではないかと考えます。

「妊婦だから優しくして」「席を譲って」という意味ではなく、本当に具合が悪くなった時に、パッとわかってもらえるためです。貧血で動作が鈍くなることもあるでしょう、つわりで動けなくなるかもしれません。エスカレーターやエレベーターで具合が悪くなることも考えられます。そのような時に妊婦さんだと一目でわかってもらえれば誰かが助けてくれるかもしれません。心ない人ばかりではないのではないでしょうか。

中には、席に運良く座れた時だけマークを見せるようにしているという妊婦さんもいるようです。譲ってもらうためではなく、気兼ねなく利用できるように、ということですね。おなかが大きくなれば誰が見てもわかりますが、妊婦さんだと一見わからない時期には何かの時のために持っておいてはいかがでしょうか。

また、本当に具合が悪くなることもあるかもしれません。そのような時にはお願いして座らせてもらえば良いのです。混雑した電車やバスでも急停車したりすると人とぶつかったり寄りかかってくる状況にもなります。席に座るつもりはなくても、周りに知っておいてもらうほうが安心という場合もあります。

どうしても妊婦バッジはつけたくない!

それでも逆に気をつかうので妊婦バッジをつけたくない!という人は電車の時間を少しずらしたり、すいている時間に乗るようにしたりと工夫できる点があればしてみてくださいね。通勤もゆったりとできるように、休み休み出勤するなど、色々方法はあります。自分の身は自分しか守れません。

どうしても時差での通勤が難しい場合は、女性専用車に乗る、なるべくすいている車両に乗る、誰かと一緒に通勤する、などちょっとした工夫で危険を避けられる確率は上がります。どちらにしろ、混雑しすぎた車内ではバッジをつけていても気づかれないことが多いようです。つけてもつけなくても変わらないかもしれません。あまり神経質になりすぎずに、自分の身を守ると考えるのがベストではないでしょうか。

ツイッターでの意見を拾ってみた

妊婦さんに対するマナーは日本だけが悪いのではなく、他の国でもこういった問題は起きているようです。「席を譲ってほしい」というアピールではなく、「妊婦さんが座っている乗客に声をかけるときの気まずさを解消するためのもの」という認識を広められれば、もっと良い関係になれるのではと思います。

妊婦さんがミニスカと胸元の開いた服を着てはいけないということはないですが、謙虚さは大切かもしれません。

このママさん講習では「妊婦バッジをつけましょう」と推進しているところもあり、地域や講師の考え方によって両極端ですね。

妊婦バッジを悪用する人がいるのは悲しいことです。

優先席に座るなら、妊婦バッジはわかるようにしておきましょう(>_<)

何か悪いことばかりが世間では騒がれる傾向にありますが、好意的な人はたくさんいます。妊婦バッジによってみんながあったかい気持ちになれると最高ですね。



サブコンテンツ