妊娠したら用意したほうが良いもの

妊娠したら用意したほうが良いもの

マタニティグッズ
マタニティ下着
妊娠すると胸もサイズアップします。ワイヤーブラで締め付けていると母乳の出も悪くしてしまうそうなので、ゆったりと圧迫しすぎないマタニティブラは必要でしょう。また、おなかが大きくなってくると今まではいていたショーツはおなかのところがずり下がってきてしまいます。おなかを冷やさない、締め付けないためにもマタニティショーツ(いわゆるデカパン)も用意しましょう。夏場の妊婦さんはたくさん洗い替えがあったほうが便利です。

腹帯
安産祈願でもらえる腹帯は「さらし」なので伸縮性がなく、ずれてきてしまうので日常使いはしにくいです。巻くのもほどくのも大変なので、マジックタイプでベリベリと装着できるベルトのようなタイプがおすすめです。腹帯は必ずしなければいけないものではありません。おなかを冷やさない目的だったり、おなかが大きくなってきたら腰痛緩和のために使います。

腹巻きやレッグウォーマー、マタニティスパッツなど防寒対策
冬場の妊婦さんは体を冷やさないように。特に妊娠中は血行が悪くなり、冷えやすくなります。冷えが進むと、つわりがひどくなる、おなかが張りやすくなる、足がつる、腰痛や便秘、など色々な悪影響を及ぼします。冷えることで血行が更に悪くなりますので、赤ちゃんへの栄養が届きにくくなり、成長や切迫流座、切迫早産につながってしまうことも。とにかく冷えは大敵です。

産褥パンツ
産褥パンツは、お産をする病院でもらえる退院セットに入っていることが多く、入院中は病院で用意されたものを使います。退院後はあまり使いません。生理用ショーツで十分です。

母乳パッド
母乳がもれてきてしまうことがあるので用意しておきましょう。

生理用ナプキン(夜用)
妊娠してから生理がストップして、ナプキンのストックがない!ということにならないように。

授乳用ブラ
前開きになっているブラです。授乳の時にさっとあげられるように。今はパッド付きのタンクトップやキャミソールなどもありますので、すぐに母乳をあげられるものならOKです。

産褥ショーツなどは病院で用意してくれる場合があるので、まずは病院でもらえるものを確認しておくとダブって買わなくて良いです。

【番外編】もらって嬉しい!役に立ったマタニティグッズ

抱き枕
つわりがひどい時に楽になれる。出産後も授乳時や赤ちゃんに使える優れもの。

妊娠線予防クリーム
妊娠線ができる前から使える。肌にやさしく刺激が少ない専用のクリーム。

マタニティビクスDVD
妊娠中の糖尿病予防、安全のためにも軽い運動はしておきたい。

ポンチョ型のひざ掛け
おなかを冷やさないために。冬場の妊婦さんは嬉しい。

安産のお守り(6ヶ月以降)
人からもらうと、気持ちがこもっていて嬉しいくなりますね。

フルーツが入ったゼリー
つわり中から活躍。保存がきくので時期を問わず食べられる。

ノンカフェインの紅茶
ノンカフェインなら妊婦さんも飲めます。

妊娠中のプレゼントは、赤ちゃんに関わるものよりも妊婦さんに役立つものを贈るのが良いでしょう。まだ流産の可能性はゼロではありませんので、赤ちゃんグッズは無事赤ちゃんが生まれてから。

また、赤ちゃんが生まれればほとんどは赤ちゃんへの贈り物になります。妊婦さんでいる時期は短いので、妊娠中は妊婦さんに役立つもののほうが妊婦さんにとってもありがたいですね。

月数がまだ進んでいないうちは食べ物や飲み物、お花など後に残らないものが良いです。ある程度月数が進んだら、残るものでも大丈夫です。

ベビー用品リストはこちら ⇒ベビー用品必要なものリスト



サブコンテンツ