妊娠中にやっておけばよかったと後悔したこと

やっておかなくて後悔したこと初めての妊娠の方はマタニティライフはもちろん、出産後の子育てライフも全くの未知の世界ですよね。
妊娠中はつわりやら体が重いやら…で今までの生活リズムではいかなくなりますよね。

が、しかし!出産後は今までの生活リズムなんて皆無になります。
出産後は
・自分にかける時間がなくなる
・外出できなくなる
ことは覚悟しておいて下さいね(゚ー゚;)


出産後は昼夜を問わず赤ちゃんのお世話に追われるのでとにかく自分にかけられる時間がなくなります。たった10分空いた時間でも横になって寝たいと思うほど。
大人と同じように夜から朝までぐっすり寝てくれるようになるのは赤ちゃんによってかなりの個人差があります。生後数ヶ月で朝までぐっすり寝てくれる赤ちゃんもいれば、幼稚園に入園したのにまだ夜中のおっぱいがやめられないなんて事も…。
また、たとえ夜しっかり寝てくれるようになったとしても昼間の赤ちゃんのお世話でお母さんはクタクタ…。子育てに余裕が出てきて自分に時間をかけられるようになるのは数年後…になるかもしれません(;^_^A


ここでは「妊娠中にあんな事しておけば良かった…。こんな事しておけば良かった…。」という先輩ママさん達の声を集めてみたので参考にしてみて下さい。


自分をもっと磨いておけばよかった!

ピンク矢印 髪の毛のお手入れ

髪の毛のお手入れ出産後は赤ちゃんのお世話もそうですし、自分の体調も回復していなかったりで産後数ヶ月は美容院には行ってられないという人がほとんどです。
自宅で髪を染める手間でさえ、おっくうに感じてしまうでしょう。

そこで妊娠中に産後、数か月は美容院に行かなくてもよいヘアスタイルにしておきましょう。
思い切ってショートカットにしてしまうのも手ですが、中途半端に伸びた髪は結ぶことも出来ず邪魔になるので出産する前に後悔する人もいるようです。
また、余り明るい色でカラーリングしてしまうと新しく伸びてきた色との差がはっきりしてしまいます。
カラーリングは地毛と余り変わらない色にしておき、長さは後ろで結べる程にしておいた方が無難です。
あまりお腹が大きくなりすぎると美容院の椅子に長時間座っているのも辛くなりますし、カラーリングやパーマをかけてもらえない場合もありますので気をつけましょう。

⇒妊娠中のカラーリングやパーマは大丈夫なの?

ピンク矢印 虫歯のお手入れ

虫歯のお手入れ虫歯は必ず妊娠中に全て治しておきましょう。妊娠中は胃酸の分泌量が増えますし、妊娠期~授乳期は赤ちゃんに栄養が行くので虫歯になりやすくなります。
かといって出産後になかなか歯医者に通ってなんていかなくなります。
出産後に虫歯が悪化したけど病院に通えないので一時的な痛み止めでしのいでいるお母さんも多いようです。
虫歯は出産前に必ず全て治しておきましょう。
その際、妊娠している事を必ず病院側に伝えましょう。
また、治療が終わった後も、虫歯がなくても、日頃の歯磨きなどで虫歯予防も忘れずに。

⇒妊娠中の歯の治療は大丈夫なの?

ピンク矢印 エステでのお肌のお手入れ

出産後は洗顔をする間もなく一日が終わってしまった…なんていう日々が続くことも。
ただでさえ睡眠不足の日々が続き、食事もまともに作れない、食べられなくなるので産後の肌荒れはある程度覚悟しておきましょう。
妊娠や出産によるホルモンバランスの変化も肌状態に影響してきます。

普段からフェイシャルエステや脱毛エステなどで肌のお手入れをされている方は産後は行ってられなくなるので妊娠中に思う存分お手入れをしてきてあげて下さい。
ただ、妊娠中は行えないメニューもありますので注意しましょう。

⇒妊娠中のフェイシャルエステは大丈夫なの?

ピンク矢印 通信教育

通信教育意外と多いのがこの通信教育です。妊娠前から続けていたものや出産後は暇になるかと思って申し込んだもの…。出産後に勉強している時間なんてありません!たとえ5分、10分あっても気持ちは赤ちゃんにいってしまっているので全くといっていい程頭に入っていきません。
妊娠前から続けていた場合はなるべく妊娠中に終わらせてしまいたいものです。
産後暇になるからといって産後の為に申し込んでも、出来ないまま期限が過ぎてしまうことでしょう。

もっと外出しておけばよかった!

ピンク矢印 大人が楽める旅行

大人が楽しめる旅行出産後、早く旅行に行けたとしても子供が1歳を迎えた頃からでしょう。その旅行自体、子供が喜ぶ動物園や遊園地などになってしまいがち。
妊娠中は美術館や自然の鑑賞など大人が楽しめる旅行をしておきましょう。

⇒妊娠中にオススメの都内スポット♪

ピンク矢印 夫とのデート

旦那さんと2人きりのデートは出産後はきっと数年間はなかなか無理でしょう…。妊娠中に旦那さんと美味しいものを食べにいったり、ショッピングを楽しんだりしておきましょう。

赤ちゃんの為に○○しておけばよかった!

ピンク矢印 葉酸をサプリで摂取

妊娠中に不足しがちな栄養素はたくさんありますが、中でも葉酸は赤ちゃんの成長に大きく影響するのでしっかりと摂っておきたいものです。
ただ、必要量を毎日食品から摂るのはなかなか大変なので最近では「葉酸サプリ」で手軽に葉酸を摂取する妊婦さんが増えています。

⇒葉酸サプリのオススメ♪

ピンク矢印 臨月にラズベリーリーフティを飲む

ラズベリーリーフティーラズベリーリーフティーは子宮収縮の作用があるので臨月までは飲んではいけませんが、臨月に入ったら出産を促進する為に飲んでおきたいハーブティーです。
予定日近くになっても子宮収縮が進まないと難産を招き、お母さんはもちろん、お腹の中の赤ちゃんにもストレスがかかって可愛そうなことをしてしまいます。

⇒ハーブがもつ効果・効能

ピンク矢印 乳房マッサージ

出産したら自然とおっぱいが出ると思っている人も多いようですが、これはかなりの個人差があり、出が悪いと落ち込む人もかなりいます。
妊娠中に乳房マッサージをしておくと、産後のおっぱいの出が良くなります。

こんな事もしておけば良かった!

ピンク矢印 本は買わずに図書館で借りる

妊娠・出産・育児に関する本屋や雑誌、たくさん売られていますよね。見てるとあれもこれも欲しくなってしまいます。それらを全部買うと結構な出費になってしまいますよね。
妊娠に関する本などは数か月お世話になるだけで、出産した後は必要のないものとなってしまいます。買わずに図書館で借りるのもいいでしょう。

ピンク矢印 CDを用意しておく

胎教クラシック「胎教クラシック」や「ヒーリングミュージック」といった胎教に良いCDがたくさん売られています。それらは胎教に良いだけでなく、産後赤ちゃんがぐずった時にお腹の中で聴いていた音楽を聴くと泣き止んだりするものです。童謡でもディズニーの音楽でもいいのでCDを胎教用に2,3枚用意しておくと産後の赤ちゃんのお世話の時にも活躍してくれるでしょう。

⇒胎教に良いことって?

ピンク矢印 部屋の整理・大掃除をしておく

出産後はなかなか掃除に時間をかけていられません。それどころか赤ちゃん用品が一気に増え、部屋はゴチャゴチャしていく傾向が…。
出産前にいらないものは処分し、当分使わないものはしまい、掃除もなるべく念入りにしておきましょう。

ピンク矢印 接待用の飲み物やお茶菓子を用意しておく

出産して病院から退院後、出産祝いを持った来客がいきなり自宅に来る事があります。
こちらは当然パジャマ姿で頭もボサボサ…。
しかしせっかくお祝いを持って来てくれたお客様ですから出来ればお茶とお茶菓子位は出したいものです。
そんな時に慌てる事のないように、保存の利く飲み物とお茶菓子を用意しておくと慌てずにすみます。

ピンク矢印 育児の相談が出来る人を作っておく

とかく初めての子育ては不安な事だらけ。母親や姉妹などに教えてもらったり相談したり出来ればいいのですがそれがなかなか出来ない人もいますよね。出来れは妊娠中になんでも相談できる人、悩みを打ち明けあえる妊婦仲間を作っておくといいでしょう。
お住まいの自治体で開催されている妊婦教室などに参加してそこの保健師さんと信頼関係を築いておいたり、参加している他の妊婦さんと仲良くなっておくとのちのち困った時に相談しやすかったり、助け合ったりできます。

これらの事はあくまでも体調が良い時に。無理は禁物です。
妊娠初期の流産の可能性がある時期は特に気をつけましょう。
かといってお腹が大きくなると出来なくなる事もあります。
やりたい事はなるべく妊娠中期にやってしまいましょう。



サブコンテンツ