お金が心配・・・妊娠から出産までかかる費用

妊娠出産にかかる費用妊娠はおめでたいことだけれど、お金のことが心配・・・なママも多いはず。
一体何にどれくらいかかるのかわからなければ不安は募るばかりですね。

妊娠や出産は健康保険が適用されません。なぜなら病気ではないから。
基本的にはすべて自己負担になります。
まとまったお金が必要になってくるので、できれば妊娠をしたいなと思った時から少しずつ貯蓄しておくと安心です。

ただ現在は手当もかなり充実しています。
安心してマタニティライフをおくれるようになりました。


初診料や健診料

☆初診料

初診では問診と尿検査、超音波検査などをします。
費用は病院によってまちまちですが、初診料は約5,000円~13,000円ほど。
心配でしたら病院のホームページをチェックするか、直接聞いてみることをおすすめします。
もしほかへ転院となったらそのたびに初診料がかかります。

☆健診料

妊婦健診の費用健診の費用は1回あたり5,000円~10,000円前後。
標準的な妊婦健診は23週までは月に1回、24種から35週までは月に2回、36週以降は週1回で合計14回ほどです。
5,000円×14回=70,000円 
最低でも7万円ほどはかかるでしょう。

通常の健診+血液検査が3回ほどあります。
とくに初期は血液型や血糖、B型肝炎抗原、HIV抗体などいろいろな検査項目があるので20,000~30,000円ほどかかります。
びっくりするような金額ですが、今は妊婦健診補助券がもらえるので安心です。
母子手帳の交付と同時にもらえ、自治体が健診の補助をしてくれる制度です。
自治体によって助成金額や内容は異なります。
もし引っ越しを考えていたり、二人目、三人目を望んでいるなら事前にどこまで補助してくれるのかチェックしておいたほうが良いですよ。
異なる自治体では利用できないことも。
里帰り出産を希望している人はそれも確認しましょう。
助成があるとはいえ、それですべてまかなえるわけではありません。
自己負担になってしまった分の平均額は44,000円と言われています。

病院によっても金額が異なりますし、さまざまなトラブルが続けば自己負担額はもっと高くなります。

通常の健診以外で任意で受けられる検査を希望する人もいます

 
・羊水検査
費用80,000~150,000

胎児の染色体異常を診断する検査。
妊娠初期以降にお腹に針をさして少量の羊水を摂って検査します。

保険が使えないので実費。
日帰りの病院では安く済みますが、念の為に1日入院すると高額になります。
検査の翌日までは安静にしてなければならないので、自宅では上の子のお世話があるなど体を動かさなければならないようであれば入院をおすすめします。

・母体血清マーカーテスト
費用:10,000円~20,000円

トリプルマーカーテスト、クアトロテスト、AFP4テストとも言います。
妊婦さんの血液中のタンパク質の濃度を検査し、胎児の先天性の異常があるかどうかを調べます。
ただ確率がわかるだけで、実際胎児に異常があるかどうかまでは判断できません。

・新出生前診断
費用:20万円前後(遺伝カウンセリング料込み)

少量の血液を採取し、13トリソミー、18トリソミー、ダウン症候群などの先天性異常を診断する検査。
従来の採血検査よりも精度は格段に上ですが、だれでも受けられる検査ではありません。
35歳以上の高齢出産者や以前にダウン症などの子供を授かったことがある人などに限られます。

トラブルがあった時の費用

順調に妊娠が進めば良いのですが、何かしらトラブルを経験している妊婦さんも半数ほどいます。
貧血になってしまったり、肌荒れをして皮膚科に通ったりして薬代や診察代に数千円かかってしまったママも。
また妊婦健診も回数が増えると助成金では足りなくなってしまうので自己負担することになります。

切迫流産や切迫早産などで入院した場合

入院入院すると治療費に加え食費や差額ベッド代などがかかります。
治療費としては内容にもよりますが、張り止めなどの点滴をしながら安静にする場合はおよそ1日1万円ほどの請求があります。
大部屋でしたらベッド代は無料なのですが、2人部屋や個室を希望すると1日5,000~10,000円ほどかかります。
個室に1ヶ月入院するとなると治療費、食費、差額ベッド代で60万円もかかってしまう計算に!
でも、妊娠や出産のトラブルには健康保険も適用になりますし、高額療養費制度もあるので払いきれないような額になってしまうことはありません。

高額療養費とは

高額療養費とは同じ医療機関で支払った1ヶ月の医療費(保険適用の場合)が所得に応じた自己負担額を超えた時に受給できるお金のこと。
自己負担額は所得によって決められています。

低所得者
(年収250万円程度以下)
3万5,400円
一般所得者
(上位所得者にも低所得者にも当てはまらない人)
8万100円+α
+α=(かかった医療費-26万7000円)x1%
上位所得者
(標準報酬月額が53万円以上)
15万円+α
+α=(かかった医療費-50万円)x1%

上記の金額を病院に支払うことになります。
この制度を受けるには申請が必要です。
あらかじめ入院がわかった時にする事前認定と緊急入院した場合の事後申請があります。
入院する際に説明があると思いますが、面倒がらずに申請しましょう。

☆妊娠・出産で保険が効くケースはこちら

【妊娠中】
つわり、切迫流産、流産、妊娠高血圧症候群、切迫早産、子宮頚管無力症、そうざん、逆子や前置胎盤の超音波検査、児頭骨盤不均衡の疑いでX線撮影、合併症など

【出産・入院中】
陣痛促進剤の使用、死産、鉗子分娩、吸引分娩、止血のための点滴、無痛分娩の麻酔(持病があり必要と診断されたひとのみ)、新生児集中治療室に入る場合など

分娩や入院費

先輩ママたちが自費で支払った金額の平均はおよそ14万円。
個人産院で産むか公立病院で産むかによってかなりの金額の差が出ます。

個人病院のケース・・・出産育児一時金を差し引いても80万円以上

バス・トイレ付きの完全個室。食事は一流シェフの作る手のこんだ料理。
その他さまざまな手厚いケアがあり快適に過ごすことができる反面、やはり高額ですね。

公立病院のケース・・・10万円が戻ってきた

4人部屋で1周間の入院。陣痛促進剤などの費用を全て合わせても32万円。
出産育児一時金42万円との差額10万円が後日戻ってきたそうです。

何も考えずに評判の産院だからと選んでしまうと大変なことになりかねません。
あらかじめどのくらいの金額になるのか聞いておくと安心です。

医療保険への加入

妊娠前に医療保険に加入しておけば、妊娠中の合併症や出産時の帝王切開の時に給付金が支払われます。
ただ妊娠が判明した後に新規で加入しても、妊娠・出産でのトラブルは保証しないという条件付きになってしまうことも。できれば子供が欲しいなと思ったらすぐにでも保険に加入しておきましょう。

マタニティグッズ

マタニティウエアにかかる費用体型の変化に合わせて妊婦さん専用の洋服や下着が必要になってきます。
マタニティウエアや下着に費やした平均金額は3万円ほど。
仕事をしているママはウエアに気を使うのでもっと購入しているようです。
専業主婦のママは旦那さんの洋服を代用したり、いろいろ工夫をして節約していますね。

ちなみに私は秋口に出産したので、お腹の大きい時期は夏の暑い時期でした。
そのため、マタニティウエアとして購入したのはワンピースを3着のみ。
毎日順繰りに着ていました。

その他、抱きまくらやむくみ防止の靴下、妊娠線予防のクリームなどが必要になるでしょう。

ベビー用品

ベビー用品かなり差がでるところですが、平均すると11万円ほど。
ベビーカーやチャイルドシート、おむつ、ベビー服、ミルク、哺乳瓶類などなど。
予算を決めて、お金をかけるところと節約するところのメリハリをつけるといいと思います。
ママ友にもらう、レンタルをする、リサイクルショップで調達するなど工夫しましょう。

二人目になるとあまりかからないかもしれませんね。

ベビー用品は見ているだけでも可愛くて生まれる前からついつい沢山買ってしまいがち。
でも実際にはあまり使わないものもあるので、先輩ママなどから情報を仕入れておくと無駄が省けます。

こちらのページも参考に→→→ベビー用品、どこまで揃えればOK?

交通費

里帰りするのであればその交通費がかかります。
近ければそれほど気にしなくても良いでしょうが、遠くであれば飛行機を利用することになるでしょう。
里帰りの交通費の平均金額は2万円です。

また受診の際に病院に行くまでにタクシーを利用する場合もあるでしょう。
その費用も人によってはかなり負担になることも。

その他

☆光熱費

それまで仕事をしていたママが産休をとったり退職して家にいるようになると光熱費やガス、水道代が上がります。
エアコンの電気代も馬鹿になりません。およそ月3000円のアップ。

☆食事代

つわりの時期に料理がつくれなくてお惣菜を買ってきたり外食を頻繁にするようになって月の食費が10万円を超えてしまったママも。

妊娠も出産も意外とお金がかかるもの。でも、現在は自治体からの助成金や手当が充実しているので、負担はずいぶん軽くなりました。
妊婦さんになるともらえる手当

お金がかかってくるのは産後です。
おむつ代やミルク代に加え、内祝い金、お宮参りの費用、お食い初めの費用、写真代、母乳マッサージ代などなど・・・。さらに子供が大きくなるにつれて教育費もかかってきます。
妊娠中は旦那さんとお金についてよく話し合う良い機会です。少しずつでも貯蓄していきましょう。



サブコンテンツ