ハーブがもつ効果・効能

ハーブの効能【ハーブとは】
一言で言うと「私達の生活の中で様々な効能・効果をもたらしてくれる植物」の事。その種類は数百種類にもなり効能・効果も多種多様。

妊娠期間中は薬の服用やコーヒー、お酒などの嗜好品にどうしても制限が出てきてしまいます。体が疲れやすくなったり安眠できなかったり…。何かとストレスが溜まりやすくもなります。
そんな時こそハーブを上手に取り入れてみてはいかがですか?
ホームセンターなどでハーブの苗を買って育ててみるのも楽しいですよ♪


ハーブの使い方

ハーブにはいろいろな使い方があります。その中でも妊婦さんにオススメなハーブの使い方を紹介します。

ハーブアイコン料理に
昔から料理に欠かせない香辛料としてたくさんの種類が使われています。乾燥させたものを料理の香り付けに使ったり苦味や辛味などの風味付けに使ったり。肉料理や魚料理の臭み消しや食品の保存などにも使われます。生のままサラダにして食べるものもあります。ハーブが料理のワンポイントとなり、食欲増進の効果もあります。

ハーブアイコン飲み物として
ハーブを熱湯で蒸らしてハーブティーとして楽しまれています。味よりも香りを楽しむ目的で飲む方も多いです。生のままでも乾燥させたものでも楽しめます。カフェインが入っていないので妊婦さんでも安心して飲めます。

ハーブアイコン芳香剤として
ハーブには鎮静効果やリフレッシュ効果、リラックス効果が高いので匂いを嗅いで楽しむ使い方があります。乾燥させたものや精油にしてアロマオイルとして用いたり、部屋に植木鉢として置いておくだけでも効果があります。部屋においておけばインテリアとしても楽しめすね。

ハーブアイコン内用薬として
昔からハーブは東洋医学や漢方医学でも薬として用いられています。乾燥させたハーブをお湯で蒸らしたりお酒に漬けてエキスを抽出したり生のまま食べたりもします。

ハーブアイコン化粧品や外用薬として
今ではオーガニックコスメだけでなく、一般的な化粧品にもハーブエキスがたくさん配合されています。肌荒れや保湿、美白など様々な肌状態を改善する効果を持ったハーブがたくさんあります。
また、生のハーブを磨り潰したり乾燥ハーブの抽出エキスを傷口に塗るなどの外用薬としても用いられています。

妊婦さんにオススメなハーブ ベスト5

数あるハーブの中から特に妊婦さんにオススメなハーブをランキング形式でご紹介。


  • ローズヒップ

    ローズヒップ《効能・効果》
    「ビタミンの爆弾」と言われるほど、ビタミンが豊富です。特にビタミンA・B・C・E・Kを多く含み、ビタミンCの量はレモンの10倍にもなります。またビタミンCは熱に弱いものですがローズヒップは熱に強く、熱湯でも破壊されることはありません。美容効果はもちろん、老化防止、免疫力アップ、栄養補給、新陳代謝促進、疲労回復などなど妊娠期間中に限らず様々な嬉しい効果をもたらしてくれます。

    《利用法》
    乾燥してハーブティーの他、化粧水に混ぜたりジャムを作ったり。実を丸ごと食べることも出来ます。

  • ダンデライオン

    ダンデライオン《効能・効果》
    ダンデライオンの和名はタンポポ。西欧では薬草として幅広く利用されています。日本でも妊娠中には「タンポポコーヒー」と呼ばれ、コーヒーの代わりとして飲用されています。利尿作用が強く、妊娠後期のむくみの解消に役立ちます。血行促進や発汗作用、解熱作用、胃もたれ予防、便秘解消などにも効果的。

    《利用法》
    乾燥させたものをハーブイティーとして、または焙煎させたものをタンポポコーヒーとして。

  • エルダーフラワー

    エルダーフラワー《効能・効果》
    マスカットのような甘く優しい香りで緊張した神経を鎮めてくれるのでストレスや安眠に効果的。抗炎症作用、効ウイルス作用が強いので風邪やインフルエンザ、花粉症の緩和としても用いられています。

    《利用法》
    ハーブティーだけでなくうがい薬やチンキ、化粧水としても用いられています。エルダーフラワーのシロップを水や炭酸水に混ぜるとフルーティーな味わいが楽しめます。

  • ペパーミント

    ペパーミント《効能・効果》
    消化促進効果があるのでつわりなどの胃腸のトラブルの改善に。清涼感がとてもあり、神経を鎮めてくれるのでストレスや安眠などにも効果があります。風邪予防や口臭予防にも。

    《利用法》
    ドライ、フレッシュ、オイルどのタイプでも。料理やハーブティーに。ペパーミントティーの蒸気を鼻で吸入して鼻ずまりの解消にも。浴槽に入れればリウマチや筋肉痛にも効果的です。化粧水に混ぜても。

  • ネトル

    ネトル《効能・効果》
    ビタミンCや鉄分、葉酸、マグネシウムをたっぷり含んでいて「妊婦さんのためのハーブ」とも呼ばれています。貧血予防やむくみ解消にも効果的。抗アレルギー作用もあり、花粉症などのアレルギー体質の方にもオススメです。

    《利用法》
    ハーブティーとして。緑茶に近い香りがするので緑茶と混ぜて飲んでも美味しいです。

妊活中ならルイボス♪

ルイボスルイボスは老化を招く活性酸素を除去する酵素「ケルセチン」がたくさん含まれているので卵子の老化を防いでくれます。
妊娠するまでの過程は排卵⇒受精⇒着床ですよね。このサイクルのどこか一つでも乱れると妊娠には至りません。
ルイボスはこのサイクルを安定化させてくれるので 今までなかなか妊娠に至らなかった方がルイボスティーを飲み続けたら妊娠した、なんて話もよくあります。

出産が近づいてきたらラズベリーリーフ♪

ラズベリーリーフラズベリーリーフは出産と産後にとても効果をもたらすハーブです。

  • 出産…陣痛の痛みを緩和してくれたり出産時の出血を抑えてくれ、安産に導いてくれます。ただ、子宮収縮の作用もあるため、臨月に入る前の使用は控えましょう。
  • 産後…産後の体型を元に戻しやすくしてくれたり、お乳の出をよくしてくれたりします。

効能・効果別オススメ ハーブ

妊娠中はとかく下の表のような症状が悪化したり思うようにいかなくなったりします。その症状別に効果的なハーブがありますのでそれを紹介します。

【不眠】
お腹が大きくなってくると寝返りを打つのも一苦労。なかなか熟睡できないのが悩みの種。

  • エルダーフラワー
  • ペパーミント
  • ラベンダー
  • カモミール
  • リンデン
【血行不良】
むくみや冷え、妊娠中毒症、痔の予防にも血行促進を日頃から心がけましょう。

  • ローズヒップ
  • ダンデライオン
  • エルダーフラワー
  • ネトル
  • ハイビスカス
【風邪】
妊娠中は免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

  • ローズヒップ
  • ダンデライオン
  • エルダーフラワー
  • ペパーミント
  • カモミール
  • エキナセア
【花粉症】
妊娠中は免疫力が低下するので花粉症の症状が悪化しやくなります。

  • ローズヒップ
  • エルダーフラワー
  • ネトル
  • カモミール
  • ルイボス
  • ステビア
【ストレス】
妊娠中はとかくストレスがたまりがち。ハーブを取り入れてリフレッシュしましょう。

  • ローズヒップ
  • エルダーフラワー
  • ペパーミント
  • オレンジピール
【肉体疲労】
妊娠中は体が重くなりますし、疲れやすくなります。出産に備えて疲労は溜めないように。

  • ローズヒップ
  • ハイビスカス
  • ラベンダー
  • マテ
【肌荒れ】
妊娠中はホルモンバランスが崩れるために肌荒れしやすくなります。

  • ローズヒップ
  • エルダーフラワー
  • ペパーミント
  • ネトル
  • カモミール
【つわり】
つわりは病気ではないものの、あまりに辛い思いを我慢しているのはお母さんにも赤ちゃんの成長にも良くありません。

  • ローズヒップ
  • ダンデライオン
  • ペパーミント
  • ジンジャー
  • ルイボス
【便秘】
妊娠中はただでさえ腸の動きが鈍くなるのにだんだんと大きくなってくる子宮が腸を圧迫し、便秘になりがちです。

  • ペパーミント
  • ダンデライオン
  • ハイビスカス

妊娠中の使用は避けたいハーブ

様々な効能・効果を持つハーブですが、その効果ゆえに妊娠中に限っては使用を避けたいハーブもあります。
子宮を収縮し、流産や早産の危険性を引き起こしてしまう可能性があるんです。
多量に使用しなければ問題ないものや使用は絶対に禁忌のものまでいろいろですが少しでも危険性があるハーブは敢えて使用する必要はありません。

《妊娠中の使用を避けたいハーブ》
ローズマリー、レモングラス、ウコン、サフラン、シナモン、アンジェリカ、リコリス、センナ、チェストベリー、セージ など

妊娠中は特に匂いや味覚に敏感になります。いくら効能があったとはいえそれを使用して気分を悪くしてしまっては本末転倒です。妊娠中の無理は禁物です。自分に合ったハーブだけを使うようにしましょう。

妊婦さんに人気のハーブティー

ハーブは使ってみたいけど、種類が多くてどれを使っていいのか分からないという方に、今妊婦さんに人気のハーブティーをご紹介します。

 マタニティブレンド

マタニティブレンドパッケージ

n06_list妊婦さんに必要なハーブが8種類♪

n06_listノンカフェイン・無香料・無着色♪

n06_list100%オーガニック♪

n06_list便秘やむくみ、冷え、つわりに効果的♪

n06_listほのかに甘い、癖になる味♪

価格 送料 容量
1,995円 240円 1袋 30バッグ
 
※お得な定期購入もあります♪

お母さんの体調と赤ちゃんの成長のために

マタニティブレンド

妊娠中はとかく様々な不快な症状に悩まされるもの。出来ればお母さんの体にも赤ちゃんの成長にもなるべく軽減させたいものです。だからと言ってなるべく薬の服用は避けたいですし、症状に複数のハーブをあれこれ買って使うのも大変ですよね。そこでオススメなのが妊婦さんに必要なハーブ8種類を厳選したマタニティブレンド。妊婦さんが避けたいハーブは一切使用していませんので安心です。

《配合されている8種類のハーブ》
ハイビスカス・ネトル・ローズヒップ・エルダーフラワー・クリーバーズ・ダンデライオン・ジンジャー・ステビア


詳細ページはこちら
公式サイトはこちら



サブコンテンツ