破水しちゃった!慌てないために知っておこうこの心得

破水について

破水お産が始まるサインはおしるし、陣痛、破水の順に起こります。
でもいきなり破水から始まってしまう人も。
前触れもない突然の破水にびっくりして焦ってしまわないように、あらかじめ出来るだけのことを準備しておきましょう。

「破水」とは胎児を包んでいる卵膜が破れて中の羊水が流れでてしまうこと。
37週以降、あるいはそれより少し前でも赤ちゃんが十分に育っていれば破水からお産が始まってしまっても問題はありません。
37週以降の場合は、破水後24時間以内に陣痛が始まりそのまま出産になることがほとんどだそうです。

破水にも個人差があります。
チョロチョロと流れ出る人、ドバーッと出る人、出血を伴う人などさまざまです。
尿もれかと思っていたら実は破水していたなんてこともよくあるようです。

尿もれか破水かを見極めるには、匂いと自力で止められるかどうか。
尿であればアンモニア臭がしますし、クッと肛門に力を入れると止めることができます。
羊水であれば無臭あるいは青臭い匂いがします。自分で意識して止めることはできません。
それでも判断は難しいかもしれません。

破水してしまうと膣からばい菌が上がっていって赤ちゃんに感染してしまう恐れがあります。
そのため一刻も早く病院での処置が必要になります。
とにかく産院へ急ぎましょう。


破水しちゃった!どうすれば良い?

まず清潔な下着に着替え、ナプキンをあてがいます。
そして、産院に連絡しタクシーや車で連れて行ってもらいましょう。

赤ちゃんへの感染を防ぐためにシャワーや入浴はしないでください。

なるべく動かないで!

破水したときはじめにドバっと羊水がでてしまっても、赤ちゃんの頭が栓になり羊水があまり出ないようになります。
とはいえ、動くと流れ出やすくなるのでなるべく動かないようにします。

陣痛がまだ来ていなければ、至って普通にしていられます。
ですから歩いてしまったり、自分で車を運転して産院に向かおうとしてしまう人もいますがNGです!
タクシーか家族の運転する車で連れて行ってもらいましょう。

逆子なら絶対安静です。
逆子ですと頭が栓にならず羊水がドンドン流れでてしまい、へその緒まで出てきてしまう可能性も。
家族や近くにいる人に助けを求めましょう。
誰もいなければ救急車を呼んでください。

車の中では?

陣痛タクシータクシーや車の中を汚してしまわないようにレジャーシートやペット用トイレシート、ゴミ袋、バスタオルなどを用意しておきましょう。車の中では横になっているほうがよいです。

陣痛タクシーなら安心です。運転手さんは助産師さんの指導を受けた乗務員しか運転できません。シートも防水仕様になっているので慌てなくても大丈夫。

陣痛タクシーは事前登録が必要なので、お住まいの地域に陣痛タクシーがあれば登録しておきましょう!
全国の陣痛タクシー一覧はこちら⇒全国の陣痛タクシー一覧表

タクシーを呼ぶときには破水したことを告げます。
破水や陣痛を起こしている妊婦は乗せないといって拒否するタクシーも。あらかじめ近所のタクシー会社に確認しておいたほうが良いでしょう。そして、携帯にタクシー会社の番号を最低2社は登録しておくと安心です。

そのまま入院、出産になることもありますので、入院グッズも持って行きましょう。

コロコロのついたバッグですと重たくないのでオススメです。

外出先で破水したら?

臨月になったらいつ何が起こってもおかしくありません。

なるべく病院から遠くへの外出はひかえましょう。
近くのスーパーや散歩に行く場合でも付き添いがいてくれると安心です。
近所へ出かけるときでも母子手帳、診察券、保険証、夜用ナプキン数枚、タオル、ビニールシートなど持って行きましょう。
大きめのショールなどがあると濡れてしまったお尻を隠したり、冷えてしまうのを防ぐことができて良いですね。

外出先で破水してしまってもまずはナプキンを当て、産院に連絡します。

初産の場合は、破水してすぐに出産となるケースはまれなので焦らないで。
まずは産院へ連絡して指示を仰ぎましょう。
状態によっては自宅に一度寄って荷物を持ってから病院に行っても十分間に合います。
ただ、大量に羊水が流れ出ている、もう生まれそう!なんていう緊急時であれば一刻も早く病院へ向かってください。
緊急時であれば救急車を利用するのもOKです。

入院セットを持って行かなくても病院で貸してくれたり売っていることもあります。
あとから家族に持ってきてもらえれば良いのでなんとでもなりますよ。

【まとめ】

○夜用の大きなナプキンを用意、常に携帯する
(羊水の出方によっては生理用のレギュラーのナプキンで十分という人もいれば、夜用の大きなものでも間に合わなかったという人までいろいろ。大量に出た時はバスタオルも股に挟みます!)
○車を汚さないためにレジャーシートやゴミ袋、バスタオルを用意しておく
○携帯に産院とタクシー会社の番号を登録
○無理して動かない
○すぐに生まれてしまうことはないので落ち着いて!

体験談

私も破水から出産が始まりました。
朝6時頃まだベッドで寝ている時に、突然何か生温かいものが流れ出たのに気づきました。
「もしかして破水?!」と慌ててトイレに駆け込んだ瞬間、バシャーっと!
それはそれは大量の羊水が一気に出ました。
お腹の中の羊水が全部出てしまったのではないか?赤ちゃんは大丈夫なの?とかなり不安に。
トイレの床に広がる羊水の海の中でかなり焦りました。
すぐに主人に声をかけ、病院に行くように準備。
彼のあわてようを見ていたら、私は逆に冷静になり主人に「落ち着くように」というまでに。
いざとなったら肝が据わるもんですね。女は強いです。

夜用ナプキンをあてましたが、次から次へと羊水は流れ出てあっという間にびっしょりでした。

家の前は大通りなので、いつもならひっきりなしにタクシーが走っています。
しかし、その日に限って一台も通らず…。
住んでいた家から産院までは300mほど。
当時は車も持っていなかったので意を決して歩くことにしました。(本当はだめですよ!)
歩くたびに羊水が流れ出て洋服はびっしょり、足元まで流れ靴まで濡れて気持ちが悪かったのを覚えています。

ようやく産院に着き、すぐに横になって検査。
その結果、まだ羊水は十分にあるということでした。
あれだけ流れでたのにまだあるとは・・・。羊水ってすごい量なのですね。
調べたところ、末期は約500~800ccもあるのだそう。

それからしばらくして陣痛が始まりましたが、赤ちゃんへの病気の感染の心配と羊水の状態によっては帝王切開になるかもと言われました。
破水から12時間後にはかなり強い陣痛があったのですが、胎児の向きがおかしいことが判明。
このままでは通常分娩は難しいということで帝王切開に。
無事に女の子が生まれました。

陣痛から出産が始まると思い込んでいたので、突然の破水にはかなり驚きました。
量も多かったのですが、すぐにすぐ生まれでてしまうわけではないんですね。
落ち着いて対応しましょう。

破水からお産が始まる人も30%ほどいるとのこと。
いつでも対処できるように準備だけはしておきましょう。



サブコンテンツ