妊娠したら歯医者さんに通っても良いのか

妊婦  歯医者さん妊娠がわかる前に、歯医者さんに通っていたけど通院していても良いの?というあなたへ。

通常の歯の治療なら問題ありませんが、つわりも出てくる時期なのであまり無理せずに通うのが良いです。気になるのはレントゲンですが、お腹にあてるわけではないですし、首から下は放射線をガードするエプロンをかけますので直接あたることはないですが、エックス線が気になる場合は15週目以降にまわしましょう。

つわりがひどい人は治療もつらいと思いますので、歯医者さんにその旨を伝え、安定期になったらまた通院を再開しても良いですが、妊娠中は唾液の量が減り、ホルモンの影響で虫歯にかかりやすくなります。

また出産後は小さい赤ちゃんを抱えての通院は難しくなると思いますので、安定期に入ったら治療中の歯はきちんと治しておきましょう。また、おなかが大きくなってからも仰向けの姿勢が辛くなります。臨月までには治療を済ませておきたいものです。


抜歯は大丈夫なのか

管理人は妊娠中に虫歯になり、親知らずが痛みだしたのが臨月に入る前でした。歯医者さんに相談したところ、親知らずは抜歯しないといけないということで麻酔は局所麻酔だから影響はないということでしたが、一番つらかったのは仰向けになって診察台に寝ていることでした・・。

診察台の乗り降りもなかなかスムーズにいかず、歯科衛生士のお姉さんに助けてもらいながらの動作でした。

歯科医の先生のほうでも考慮してくれて治療の時間を短めに行ってはくれましたが、さすがに抜歯の時はさっさと終わらせるわけにもいかず。そのうちおなかが張ってきて陣痛ではなかったですがちょっと辛かったのを覚えています。

抜歯しなければいけない歯があれば、安定期に入ってから、おなかが大きくなるまでの間に抜いておいたほうが懸命です。痛み止めと抗生剤は妊娠中に服用しても大丈夫だという薬を処方してもらえました。

産後に歯が痛くなると最悪です(T_T)

歯の痛みは脳に近いので、頭痛と並んで耐え難い痛みのひとつです。産後は、歯の痛みと数時間おきに泣く赤ちゃんの間で想像を絶する辛さになります。でも歯医者さんにはなかなか行けない・・そのストレスで母乳も出なくなってしまったというママも。

痛みも一定のラインを超えると市販の鎮痛薬も効かないぐらい痛くなりますので、歯の治療は絶対にしておいたほうが良いです。母乳のためにもあまり薬は飲みたくないですし、早めの治療をおすすめします。



サブコンテンツ