不妊症の主な原因【女性編】

funin不妊症とは一定期間、避妊もせずに夫婦生活を営んでいるのに妊娠せず、何らかの治療をしないと今後も自然妊娠は難しいのではという状態をいいます。この一定期間というのは世界保健機構(World Health Organization: WHO)によると1年間とされています。ただ35歳以上の場合は6ヶ月妊娠しない状態が続いたら早めに検査と治療をした方が良いです。

「子どもは授かりもの」だから自然にできるもの。こればっかりはどうにもならないわ。と思って検査も何もせずあくまでも自然に任せるという人もいるでしょう。でも体に何らかの原因があって妊娠できない場合、そして治療ができる場合は積極的に治療を受けるべきです。年齢が上がってしまうにつれどうしても妊娠する確率は下がってしまいますからなるべく早くの検査、治療をおすすめします。

不妊症の原因にはいろいろあります。


女性の不妊症の原因

卵の問題

卵巣機能不全

卵子が十分に育って排卵されるプロセスのどこかに不具合があることを卵巣機能不全といいます。卵子が成熟してもうまく排卵されてなかったり、卵子自体が育っていなかったりすることも。原因の部分は視床下部、下垂体、卵巣自体、あるいはそれら複数が絡み合っていることもあります。

卵巣の機能にはホルモンが関わってくるので、治療法としてはホルモン補充をします。卵巣機能不全の原因はストレスが大きいとも言われています。

自覚症状
・月経不順
・無月経

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

PCOSとは卵巣の表面が厚くかたくなり排卵が行われない病気。卵巣内に外に飛び出すことができない卵胞がたくさん溜まっている状態です。

原因はよくわかっていないのですが、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの分泌が多くなるとPCOSになりやすいとも言われています。男性ホルモンが多くなると声が低くなったり、髭が生えたりします。ただ日本人の場合は男性ホルモンが高くなるとは限らないようです。

血液検査や超音波検査でPCOSかどうかはわかります。治療法としてはホルモン剤を使って卵巣を刺激する方法があります。

自覚症状
・月経不順
・無月経
・肥満
・毛深いなど

高プロラクチン血症

プロラクチンというホルモンは出産すると母乳を出すために働き、授乳中は次の妊娠をしないように排卵を抑える働きをします。でも何かが原因で妊娠もしていないのにこのホルモンがたくさん分泌されてしまうのが高プロラクチン血症なんです。

夜間や強いストレスを感じているときだけプロラクチンがたくさん分泌される場合や下垂体に腫瘍ができたために過剰に分泌されてしまう場合などがあります。

自覚症状
・乳首をつまむと乳汁が出る
・胸がはる
・特になし

黄体機能不全

卵胞とは卵巣内にある卵子が入った袋のようなものなんですが、排卵して卵子がでてしまうと残った卵胞は黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌しはじめます。このホルモンの量が少ないと子宮内膜が十分に厚くならないのでせっかく受精しても着床できないで終わってしまいます。

良質の卵子ができないとこの黄体ホルモンの量も少なくなってしまいます。治療法として黄体ホルモンの補充や卵子の質を高めるために排卵誘発剤の使用などがあります。

自覚症状
・高温期が9日以下と短い

LUF(黄体化非破裂卵胞)

卵子が十分に育つと卵胞がはじけて中から卵子が飛び出るのですが、ときどきはじけない時があります。それでも卵胞は黄体ホルモンを分泌して基礎体温をあげます。あたかも排卵したかのような状態になるんですね。この状態がLUF。毎回毎回はじけないわけではないのですが、排卵前後に超音波検査をするとわかります。

自覚症状
・なし

子宮と卵管の問題

卵管狭窄

卵管は直径2mmととっても細い管。もともと卵管が細い人もいますし、炎症などで狭くなってしまっている人もいます。卵子が卵管を通り抜けられずにいて精子と受精できない状態を卵管狭窄といいます。

クラミジアなどの感染症が原因のこともあるので、卵管の治療と同時に感染症の治療もする必要があります。

自覚症状
・なし

卵管閉塞

卵管が完全に塞がってしまった状態。炎症がひどくなると水やうみが溜まってしまうことも。

治療法として水が溜まっている部分を切り取り、正常な部分をつなぎ合わせる手術などがあります。

自覚症状
・なし

子宮の病気

子宮内膜にポリープができたり、筋腫ができたりすると場所や大きさによっては受精卵の着床の妨げや流産の原因にもなります。手術で取り除くことも。

自覚症状
・月経過多
・不正出血
・月経痛

子宮奇形

子宮が2つに分かれていたり、または2つあったりと子宮のかたちがもともと通常ではない人がいます。必ずしも妊娠できないわけでも治療が必要なわけでもありませんが主治医と相談してみましょう。

自覚症状
・なし

頸管粘膜の異常

子宮頸管とは膣と子宮をつなぐ管のことですが、排卵期に近づくと粘液がたくさんでます。その粘液によって精子が子宮へのぼりやすくなるのですが、粘液が少ないと精子が子宮まで辿りつけない可能性も。

子宮頸管の炎症や排卵誘発剤のクロミッドの長期服用などが原因になったりします。

自覚症状
・なし

抗精子抗体

抗体とは身体の中に異物が入ってきた時に防御して身体を守るものなんですが、精子に対しても防御作用が働いてしまうことがあります。せっかく精子が子宮に向かおうとしても頸管粘膜に含まれた抗体が働き、精子を動けなくしたりします。

抗体の値が高いようなら人工授精や体外受精を行います。

自覚症状
・なし

その他の問題

子宮内膜症

子宮内膜が子宮内ではなくほかの場所にできてしまう病気。卵管や卵巣だけでなく膀胱や膣、直腸などにもできてしまうことも。月経期になって剥離・出血が起こっても血液がでていく場所がなかったら体内にたまってしまい、さまざまな障害が起こります。

原因はわかっていませんがストレスや無理なダイエットなども要因ではないかと言われていて、現在は10~20代の女性の発症率が増えています。

自覚症状
・腰痛
・強い月経痛
・月経時以外の腹痛
・性交痛など

原因不明

funin1
検査をしてもとくになんの異常も見つからなかった場合は機能性不妊といいます。不妊症のカップルの10~15%が機能性不妊と診断されていますが不妊の原因がないのではなく検査ではわからないということなんです。

検査ではわからない不妊の原因のひとつに「卵子のピックアップ障害」というものもあります。卵巣から出た卵子は卵管采というところにとりこまれなければならないのですが何らかの原因によってそれが上手く行われない状態です。

また精子が卵子の中に入っていけない「受精障害」やまだ未知の世界と言われている「着床障害」などもあります。

検査で異常が見つからなかったら「良かった~」と安心してしまうかもしれませんが、「じゃあなんで妊娠できないんだろう」「本当の原因はなんだろう」「これからどうすれば良いんだろう」と悩んでしまいますよね。また検査もいろいろあり、この病院ではするけど、あの病院ではしないということも。病院を変えてみるのもアリですね。

ただ現在では何がなんでも原因を突き止めるためにさまざまな検査を行うというよりは、治療をしていきながら必要な検査をしていくというスタンスの医師が多くなっているようです。治療法についても医師がその時にベストだと思う方法を提案してくれるはずです。

【まとめ】

これらの問題がおきてしまうのはもちろん先天的なものもあると思いますが、強いストレスだったり不規則な生活、偏った食事、無理なダイエット、喫煙、過度な飲酒なども関係してきます。不妊症の検査や治療を行うのと同時に自分の日常生活を今一度ふりかえってみてくださいね。

【こちらも参考に】
不妊症の主な原因【男性編】



サブコンテンツ