通い中のフェイシャルエステ、妊娠したらやめるべき?

葉酸サプリ ランキング
フェイシャルエステ妊娠に気づく前に通っていたフェイシャルエステ。
まだ回数が残っていたり、通える期限が迫っていたり…。
効果を持続させるためにも出来る事なら続けて通いたいですよね。

ただでさえ妊娠中はシミが増えたり毛が濃くなったりするって聞きますし、ストレスも溜まるのでリフレッシュもしたいですよね♪

では実際に妊娠中にフェイシャルエステ続けても大丈夫なものなのでしょうか?
リサーチしてみました。

メニューによって受けられるものと受けられないものがある

複数のエステサロンに問い合わせてみましたが、頭から「妊娠中はお断り」というサロンは一軒もありませんでした。
さすがに「ボディのメニューは妊娠中はお断り」のところはありましたが、フェイシャルに関しては受けるメニューによるようです。

ですから妊娠したら通っているエステにまずは問い合わせてみましょう。そこで受けられないメニューがあったら受けられるメニューに変えてもらったり期限を延長してもらえる場合があります。
それから言うまでもなく、かかりつけの産婦人科医師にも通い続けても良いを相談してみることをお忘れなく。

では実際にどのようなメニューが×でどのようなメニューがOKなのか、まとめてみました。


妊娠中に受けられないフェイシャルmenu

妊娠中受けられないメニューダメ 超音波マシン

顔のリフトアップや脂肪細胞を破壊するために使われる超音波マシンはお腹の赤ちゃんへの影響を及ぼす可能性があるとして、妊娠中は受けられません。

ダメ イオン導入マシン

お肌に栄養を導入するマシンですが、これも超音波マシン同様、赤ちゃんへの影響を考慮して受けられません。

ダメ レーザー・フラッシュ(光)脱毛

レーザーやフラッシュ脱毛による光が直接お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことはありませんが、妊娠中は施術してもらえない事がほとんど。
脱毛は毛周期に合わせて計画的に脱毛を進めていきますが毛周期はホルモンバランスと大きく関わっており、ホルモンバランスが乱れる妊娠期では脱毛の効果を引き出すことが出来ないという理由からです。

妊娠中でも受けられるフェイシャルmenu

妊娠中受けられるメニュー大丈夫 フェイシャルマッサージ

ハンドマッサージやリンパマッサージなら妊娠中でも受けられます。妊娠中は全身むくみやすいのでフェイスラインの引き締めに利用されているようです。

大丈夫 シェービング

顔の産毛をどうしても処理したい場合はシェービングで処理してくれます。ワックスを使う所もあります。

大丈夫 フェイシャルトリートメント・パック・毛穴洗浄

これらも妊娠中でも施術してもらえるところが殆ど。ただ、妊娠中は肌が敏感になっているので今まで何ともなかったのに妊娠中は美容液がしみたり痒みを感じる事もあります。そのような場合は肌への作用が穏やかなものに変えてもらえるかエステシャンに相談してみましょう。

マタニティエステかブライダルエステがオススメ

マタニティエステ全国にはまだまだ数は少ないけれどマタニティ専用のサロンがあります。
一般的なサロンでも、マタニティ専用コースが設けられているところもあります。

また最近では結婚式の前に妊娠している方も多いのでブライダルエステで妊婦さんは大歓迎のようです。

やはり妊婦さんに配慮されているエステの方が何かと安心だと思います。マタニティエステやブライダルエステで妊婦さんに配慮している事が多い点をご紹介します。

妊婦さんが楽な体勢で受けられる

だんだんとお腹が大きくなってくると長い時間同じ体勢でいたり、仰向けになったりするのが辛くなってきますよね。
そんな妊婦さんの為に座ったまま施術してくれたり抱き枕を用意してくれたり、妊婦さんがなるべく楽な体勢で受けられるように気遣ってくれます。

妊婦さんにも安心な化粧品を使ってくれる

妊娠すると匂いに敏感になりますよね。そんな妊婦さんの為に無香料のものを使ったり、オーガニックコスメを使うなど、なるべく低刺激で肌に優しいものを使ってくれます。

妊娠中いつでも受けられる?

妊娠期間は約10ヶ月間。ずっと同じ状態ではありません。妊婦さんの体調も変化しますし赤ちゃんの成長に伴いどんどん体は重く、自由がきかなくなってきます。
ここで妊娠期別のフェイシャルエステのベストな利用の仕方を紹介します。

妊娠初期(妊娠1~4ヶ月)

この頃はまだ赤ちゃんも安定していませんし、つわりが最もひどい時期。匂いにも最も敏感な時期ですよね。この頃に無理して受ける事は避けましょう。気分のリフレッシュが目的で受ける場合はゆったりとした気分で受けられるところを選びましょう。使っている化粧品も無香料のものやアロマオイルを使っているところがオススメです。

妊娠中期(妊娠5~7ヶ月)

この時期は妊婦さんも赤ちゃんも最も安定している時期ですのでフェイシャルエステを受けるにはベストな時期です。妊娠後期や出産後は通うのは難しくなってきますので、今のうちにお肌に手をかけてあげておきましょう♪

妊娠後期(妊娠8~10ヶ月)

この頃から体や顔に本格的にむくみが出てきます。マッサージで顔のむくみを取ってもらいましょう。お腹が大きくなって大変になってきますが、出産前にリフレッシュしておいて、ストレスフリーで出産に臨みましょう。

妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠するとシミが増えたり毛が濃くなったりする人が多いですよね。それはホルモンバランスの乱れが影響しているんです。

女性ホルモンとはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性特有のホルモンの総称です。
女性ホルモンの分泌量が変化すると、ホルモンバランスが乱れて身体に様々な影響を及ぼします。

女性ホルモンの分泌量はは月経周期でも変化しますし、ちょっとしたストレスや体調不良でも簡単に変化します。
加齢と共に減少し、更年期症状などをもたらします。
妊娠するとこの2つのホルモンの分泌量が急激に増える事によってシミが増えたり毛が濃くなったりするんです。

他にも肌が乾燥しやすくなったり吹き出物が出来やすくなったりと、何かと肌への悪影響を及ぼします。

    【女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量】

  • 月経期やストレス・体調の変化…乱れる
  • 加齢…減少する
  • 妊娠…増加する

妊娠するとメラニン色素が増える

妊娠中のシミ妊娠して女性ホルモンの分泌量が増えるとメラニン色素の生成に関わっているメラノサイトという色素細胞を刺激し、メラニン色素が急増します。

その為…

チェックシミが増える
チェック毛の色が濃くなる
チェック脇の下、乳房、外陰部が黒ずむ
チェック「正中線」と呼ばれる お腹の真ん中に黒い線が出来る

このような症状が現れるのは全てメラニン色素のしわざ。
毛が濃くなるも毛の本数が増える訳ではなくて、毛1本1本の色が濃くなるので全体的に毛深くなったように見えるんです。

エステでリフレッシュですから妊娠中のこのような症状はなるべくしてなるもので、出産後は女性ホルモンの分泌量も正常値に戻っていくので症状も元の通りに戻っていきます。

妊娠中にシミが増えたといってあせってエステに駆け込む必要はありません。

肌の保湿やむくみ解消の為に通うのもいいですが、
それよりも気持ちをリフレッシュさせる為にエステに通ってみてはいかがですか♪



サブコンテンツ