エコー写真の見方

葉酸サプリ ランキング
エコー写真エコー(超音波)写真で対面する愛しいわが子。
辛いつわり中もこの写真を見るとちょっと気分が楽になり、元気が出るものです。
定期健診でエコー検査をした時にもらえますよね。妊娠初期は膣から、妊娠12週頃からは以降はお腹から赤ちゃんの成長具合をモニターでチェックし、その時の画像をプリントアウトしてくれます。
でもそこには何やら沢山の記号や文字や数字が書かれていて、それが意味する事が分からず不安を感じる妊婦さんも多いようです。
かといって、一つ一つ先生に聞くのも気がひけますよね。
ここではエコー写真の見方や記入されているものの意味について紹介します。

妊娠期別 エコー検査・写真から分かること

エコー検査では妊娠の確定から赤ちゃんの成長具合など様々な事をチェックします。
あくまでもエコーでの映像なので赤ちゃんに何らかの異常が推測された場合はより精度の高い診断が行われる場合もあります。

また、妊娠期によってチェックするポイントも違いますので妊娠期別のチェックポイントを紹介します。

【妊娠初期】
妊娠初期は主に妊娠の確定や子宮外妊娠・流産の可能性などについてチェックします。

  • 赤ちゃんが入っている袋(胎嚢)の有無・サイズ
  • 胎嚢は子宮の中にあるか(子宮外妊娠の可能性の有無)
  • 心拍はあるか(写真では確認できません)
  • 赤ちゃんのサイズ(流産の可能性のチェック)

【妊娠中期】
妊娠中期は主に赤ちゃんの成長具合や何かの異常の発見、性別などについてチェックします。

  • 出産予定日の修正
  • 赤ちゃんの成長具合
  • 染色体異常や内臓器系異常のチェック
  • 赤ちゃんの性別

【妊娠後期】
妊娠後期は主に赤ちゃんの出産方法について(自然分娩が可能か?帝王切開か?出産の時期は?)チェックします。

  • 妊娠中期と同様のチェック
  • 逆子チェック
  • へその緒が絡まっていないか
  • 羊水の量チェック
  • 胎盤の位置(前置胎盤の可能性のチェック)

エコー写真の見方

では実際にエコー写真に書かれている記号や数値について紹介します。
エコー検査に使う機械によって書かれている場所は多少違いますが、記号や数値の意味はどれも同じです。

赤ちゃんのサイズ

赤ちゃんのいろいろな場所のサイズを測って赤ちゃんの成長具合を調べます。
長さを測る単位は妊娠初期は「mm」で測り、赤ちゃんが大きくなるにつれ「cm」で測るようになります。
断面積は「cm2」、重さは「g」で測ります。

 

【BPD】児頭大横径(じどうだいおうけい)

赤ちゃんの頭のサイズ
赤ちゃんと羊水が入った袋(胎嚢)のサイズです。エコー検査は子宮内を見ますので、ここにこの袋が映っていないと子宮外妊娠か、妊娠していない可能性を疑います。また、あまりにも小さいと今後流産する可能性を疑います。

 

【NT】後頸部肥厚(こうけいぶひこう)

赤ちゃんの首のたるみ具合
赤ちゃんの首の後のたるみ具合を測ります。ある一定以上の厚みがある場合、染色体異常が疑われます。
 

【CRL】頭臀長(とうでんちょう)

赤ちゃんの座高
赤ちゃんの頭のてっぺんから尾てい骨までの長さを測ります。9週~11週頃の赤ちゃんのサイズは個人差がないのでこのサイズを元に、出産予定日・妊娠経過週数を修正する場合があります。
 

【LVまたはSVまたはSL】脊椎長(せきついちょう)

赤ちゃんの背骨の長さ
赤ちゃんの背骨の長ささを測ります。赤ちゃんの成長具合をチェックします。
 

【APTD】躯幹前後径(くかんぜんごけい)

赤ちゃんのお腹の厚み
赤ちゃんのお腹の前後の厚みを測ります。お腹の発達具合や推定体重を調べる指標の一つとなります。
 

【TTD】腹部横径(ふくぶおうけい)

赤ちゃんのお腹の幅
赤ちゃんのお腹の左右の幅の長さを測ります。APTD(躯幹前後径)と同じくお腹の発達具合や推定体重を調べる指標の一つとなります。
 

【AC】腹部周囲長(ふくぶしゅういちょう)

赤ちゃんの腹囲
赤ちゃんのお腹周りの長さ(腹囲)を測ります。APTD(躯幹前後径)やTTD(腹部横径)とあわせてお腹の成長具合を調べます。

 

【HL】上腕骨長(じょうわんこっちょう)

赤ちゃんのヒジの長さ
赤ちゃんの肩からヒジまでの長さを測ります。骨の成長具合などを調べます。
 

【FL】大腿骨長(だいたいこっちょう)

赤ちゃんの太ももの長さ
赤ちゃんの太ももの長さを這い借ります。発育具合や推定体重を調べる指標の一つとなります。

 

【FTA】胎児胸郭断面積(たいじきょうかくだんめんせき)

赤ちゃんの胸の断面積
赤ちゃんの胸のところの断面積です。成長具合や内臓異常などを調べます。
 

【AxT】

赤ちゃんのお腹の断面積
赤ちゃんののところの断面積です。成長具合や内臓異常などを調べます。APTD(躯幹前後径)とTTD(腹部横径)を掛け合わせて算出します。
 

【EFBWまたはFWまたはEFW】推定体重

赤ちゃんの体重
赤ちゃんの推定体重です。

その他の測定値

 

【GS】胎嚢(たいのう)

赤ちゃんが入っている袋のサイズ
赤ちゃんと羊水が入った袋(胎嚢)のサイズです。エコー検査は子宮内を見ますので、ここにこの袋が映っていないと子宮外妊娠か、妊娠していない可能性を疑います。また、あまりにも小さいと今後流産する可能性を疑います。
 

【AFIまたはMVP】羊水指数

胎嚢の中の羊水の量
羊水の量を測ります。羊水の量は少なすぎても多すぎても注意が必要です。腹壁から赤ちゃんまでの距離で測るため、単位は「cm」になります。

その他の記号

 

【DELまたはEDC】〇/△/◇⇒〇年△月◇日

出産予定日
最終生理開始日またはCRL(頭臀長)やBPD(児頭大横径)から算出した出産予定日です。
 

【AGE】〇W△D±1w⇒〇週△日±1週

妊娠経過週数
出産予定日と同じく最終生理開始日またはCRL(頭臀長)や児頭大横径(じどうだいおうけい)から算出した妊娠経過週数です。「±1w」は1週間の誤差をみています。
 

【+または×】

長さを調べるマーク
医師が各サイズを測る時につけるマークです。最後に測ったもののマークがそのままエコー写真に印刷されています。

エコー写真の「色」について

エコー写真では骨など超音波に反射し易いものは白く映り、逆に羊水や血液などの反射しにくいものは黒く映ります。
また、妊娠後期のエコー写真に青と赤の線のような色がついている場合があります。これは「カラードプラー法」という検査によって赤ちゃんやへその緒の血液(動脈・静脈)の流れを調べた結果です。
この検査では赤ちゃんの心臓の動き具合を調べたり、へその緒が赤ちゃんの首に巻きついていないかをチェックする事が出来ます。
これによって臍帯過捻転(へその緒が赤ちゃんの首に巻き付く事)による死産を未然に防ぐことができるんです。

エコー写真の保存方法には注意を!

病院からもらってくるエコー写真は感熱紙の為、時間が経つと色あせて見えなくなってしまいます。
もらったら早めに次のどれかの方法で処理をしておくことをオススメします。

  • エコー写真を自分のカメラで撮影する
  • コピーで印刷する
  • スキャナーで取り込む


サブコンテンツ