妊婦さんも楽しめる!ディズニーリゾートはこう回ろう

妊婦さんのディズニーリゾートディズニーリゾード、赤ちゃんが産まれる前に行っておきたい!というあなたのために。

ディズニーランドとディズニーシーで妊婦さんも乗れるアトラクションや楽しみ方を掲載しています。

まず最低条件として、安定期に入っていること。パーク内は人が多く、かなりの距離を歩きます。普段の体調と違う妊婦さんは、妊娠していない時と比べても疲れやすく、何かあった時も医務室が遠い場所にいることも考えられますので、安定期に入っていて、なおかつおなかの大きさが負担にならない時期を選びましょう。


妊婦さんは優遇してもらえるか

ゲストアシスタントカードというものがあります。

発行の対象となる方:
障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳所持者および疾病、負傷などにより体の機能が低下している方(高齢者、妊婦を含む)
引用:【公式】ゲストアシスタントカードについて

ゲストアシスタントカード確かに「妊婦を含む」と書いてありますので、言えば発行はしてもらえます。

待ち時間を短縮するものではなく、列に並ばなくて良いだけで、待ち時間が過ぎるまで待機している必要があります。ただ、基本使われるのは、車いすが必要な人など障害をもった方です。妊婦さんでこのカードを使っている人のほうが少ないと思います。妊婦さんもちゃんと列に並んでいるのをよく見かけます。

妊婦さんは病気ではないので、体が不自由な方やお年寄りを優先させてあげるべきではないでしょうか。最近では、悪用する人がいるので妊婦さんはよっぽど特別な事情がない限り、発行してもらえないという話も聞きます。

無理のない計画でディズニーの世界を楽しめるよう、計画を練ってみてくださいね。

妊娠中も乗れるアトラクション

ディズニーリゾート公式で制限がかかっているのはコースター系と揺れるものだけですが、おなかの大きさによっては安全バーがおなかについてしまったり、乗り降りが大変なもの・振動があったりするのでそういったものは省いています。

ディズニーランド

アトラクション名 内容 備考
カリブの海賊 所要時間:約15分
室内
船で移動・途中、一瞬落ちるところがある
イッツ・ア・スモールワールド 所要時間:約10分
室内
船で移動
ミッキーのフィルハーマジック 所要時間:約15分
室内
3Dシアター
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター 所要時間:約4分
室内
乗り物
モンスターズインク インクライド&ゴーシーク! 所要時間:約4分
室内
乗り物
ジャングルクルーズ 所要時間:約10分
室外
船で移動・船の乗り降りがある
プーさんのハニーハント 所要時間:約4.5分
室内
乗り物・少しジャンプするのでキャストと相談
アリスのティーカップ 所要時間:約5分
室外(屋根あり)
乗り物・自分でカップを回さない
ウエスタンリバー鉄道(汽車) 所要時間:約15分
室外(屋根あり)
乗り物・乗り降りに注意
カントリーベアーシアター 所要時間:約15分
室内
シアター
スティッチ・エンカウンター 所要時間:約12分
室内
シアター(2015年7月17日オープン予定)
2015年7月にニューアトラクションがオープン予定

リロ&スティッチの新しいアトラクションが夏にオープンします。

ディズニーシーの「タートルトーク」のようなゲストと会話形式のアトラクションだそうで、是非行ってみたいですね。場所はトゥモローランドにあった「キャプテンEO」の跡地になります。オープン直後は混雑が予想されますので少し落ち着いてからのほうがいいかもしれません。

ディズニーシー

アトラクション名 内容 備考
マジックランプシアター 所要時間:約23分
室内
3Dシアター
シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ 所要時間:約10分
室内
船で移動
ヴェネツィアンゴンドラ 所要時間:約11.5分
室外
船で移動
タートルトーク 所要時間:約30分
室内
シアター
トイストーリー・マニア! 所要時間:約5分
室内
乗り物・あまり鉄砲を打ちすぎない
海底2万マイル 所要時間:約5分
室内
乗り物・乗り物が狭い
マーメイドラグーンシアター 所要時間:約14分
室内
シアター
エレクトリックレールウェイ(電車) 所要時間:約2.5分
室外(屋根あり)
乗り物・エリア間の移動に使うと便利
トランジットスチーマーライン(船)/td>

所要時間:約13分
室外(屋根あり)
船で移動・エリア間の移動に使うと便利

アトラクションとしては以上のものですが、ショーやシアター系は座って見れるのでおすすめです。

中でもおすすめはタートルトーク!!室内で座ってみれますし、所要時間が30分と長いです。多くの方が第一印象で「あまり面白くなさそう」というイメージを受けるようですが「行ってみて楽しかった」ランキング第1位といえるぐらい楽しいアトラクションです。

ディズニーシーは水の面積が多く、歩く距離が必然的に多くなります。そのため移動には船や電車を利用すると、エリアとエリアの間を楽に移動することができます。天候が悪い日や、日差しが強い日には是非活用しましょう!

トイストーリー・マニアはとにかく並ぶのを覚悟

トイストーリーマニアディズニーシーで2015年現在、一番新しいアトラクションはトイストーリー・マニアです。そのため、とにかく待ち時間がすごいので注意してください。

朝一番で並んで、全速力でダッシュして並んで40分待ちでした。(※本当はダッシュしてはいけません)

ファストパスにも既に長蛇の列。そしてアトラクションの所要時間はたったの5分です。乗り物ではありますが、シューティングゲームを兼ねていて、ひもを引っ張って鉄砲を撃ちまくるのですが、アトラクションを出た直後から腕が筋肉痛になります・・妊婦さんは乗ってもあまり撃ちまくらないほうが良いと思います。

並ぶ負担と、アトラクションの所要時間のバランスを考えると、もう少し人気が落ち着いてからチャレンジしたほうが良いかもしれません。

ショースペースについて

ディズニーランドのトゥモローランドのショースペースは屋根があるので、日差しや雨を除けられます。夏場は日差しも負担になるので、できれば屋根があるところが良いですね。

パレードははずせない!

ディズニーといえば、パレードやショーを観るだけでも楽しめます。

ディズニーランドは、シンデレラ城前のオムニバス乗り場の左右にあるベンチがおすすめ。長時間座ってても楽、シンデレラ城が見えてパレードルートも見渡すことができます。ただ、早い時間からの場所取りは欠かせないと思います。

場所取りに時間を取られてしまうのが嫌であれば、小さな折りたたみイスがあると便利です。キャンプで使うような小さなものを持っていき、持ち歩くのは大変なのでロッカーに入れておくと良いでしょう。場所だけ確保したら観るときにイスを持ってくれば良いですが、後ろの人の迷惑にならないように注意しましょう。

ディズニーシーのショーはみんながセンターの海に向かって同じ方向を向くことになるのでイスの許可はおりないと思います。

どちらにしろ、パレードやショーの場所取りをする場合は、現地に行ったらキャストに確認しておきましょう。

お土産のショップは混雑します!!

ディズニーの醍醐味はお土産も楽しみのひとつですが、午後になるとショップが混雑し始めます。レジに並ぶだけでも何十分という状態もあり、お店の中はお祭りのように人がごった返します。商品を手に取るのもままならない状況になることもあるので注意が必要。

早くアトラクションに乗りたい気持ちもわかりますが、まずはすいている早い時間にお土産を買ってロッカーにしまっておくのが無難です。ロッカーは入り口付近にありますので、途中で行ったり来たりはかなり歩くので大変。まずお土産を買ってしまうのが効率が良い方法です。

レストランも混雑します!!

お昼近くの時間帯になると、どこのレストランも長蛇の列。人も多く負担が大きくなるので、食事するところは早めに決めておきましょう。

ショーをみながらの食事もおすすめです。ショーレストランは2ヶ月前から公式サイトで予約ができるので予約してしまうのもアリですね。→公式ショーレストラン予約

パーク開園とともに人気のレストランの予約をとるためにダッシュする人もいるぐらいなので、できれば行く前に予約できるところのほうが余裕をもって行動できます。

予約ができるショーレストラン(ランドのみ)

ショーレストラン
★ランチ
ザ・ダイヤモンドホースシュー(トイストーリー)
ポリネシアンテラス・レストラン(リロ&スティッチ)

★ディナー
ザ・ダイヤモンドホースシュー(ミッキー&カンパニー)
ミッキーとミニーのポリネシアン・パラダイス(ミッキーとミニー)

ホテル「ミラコスタ」での食事もおすすめ

ホテルミラコスタミラコスタは、唯一パーク内から直接出入りできるホテルです。ミラコスタに入れるのは宿泊者か、食事をする人だけなので宿泊は無理としても食事をするなら入れます。

ディズニーシーに行かれるのであれば、ミラコスタでのランチやディナーもおすすめです。

  • 地中海料理レストラン「オチェーアノ」・・ブッフェ、ランチ、ディナー
  • 中国料理レストラン「シルクリードガーデン」・・ランチ、ディナー
  • ロビーラウンジ「ベッラヴィスタ・ラウンジ」・・ブッフェ、ランチ、ディナー

人気の日にち・時間帯はかなり前に予約を入れないと取れないこともあります。

地中海レストランのランチを食べましたが、ゆったりとした席でテーブルサービスを受けられます。お値段も良いですが、なかなかない機会だと思うのでディズニーシーでの思い出作りにも是非いかがでしょうか。

ディズニーに妊婦さんが行くならランド?シー?

ランドかシーか迷うところですが、それぞれの特徴を比較してみました。

比較ポイント ディズニーランド ディズニーシー
歩く距離 普通
★★☆
多い
★☆☆
移動手段 少ない
★☆☆
船・電車
★★★
ショーの充実度 ★★★ ★☆☆
妊婦さん向けアトラクション ★★★ ★★☆
道の平坦さ ★★★ ★★☆

比べてみると、ディズニーランドは小さいお子さん向けのものが多いせいかベビーカーを引く方も多く、道が平坦でアップダウンが少ないです。ディズニーシーは水の面積が大きいので回り道をしなければならず、必然的に歩く距離は増えます。

ディズニーシーはエリアごとに特徴がはっきり分かれていて、階段や坂が多い印象があります。妊婦さんにとって移動が楽なのはディズニーランドでしょう。

ディズニーシーに行かれる場合はゆっくり景色を楽しんだり、1日2回行われるショーも圧巻ですのでそちらを重点的に計画をたてるのが良いのではないでしょうか。どうしても乗りたいアトラクションを2つぐらい決めておいて、無理のない範囲で計画をたててみましょう。

持っていったほうが良いもの

妊婦さんにとって負担を減らすためにも準備万端で!

  • 母子手帳・マタニティマーク
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 小さなイス(パレード観賞用に)
  • 歩きやすい靴
  • できればパンツスタイルのほうが動きやすい
  • 水分補給用の水筒
  • レジャーシート
  • 気候によっては上着・ひざ掛け・毛布など
  • 冬場はカイロ
  • スプレータイプの日焼け止め

無理せず、休憩を多めにとる!

こまめな休憩を妊婦さんがディズニーから救急搬送される人数が増えているそうです。もしアトラクション内で具合が悪くなればアトラクションも止まってしまいます。思わずはしゃいでしまう気持ちはわかりますが、無理は禁物です!

安定期に入ったからといって妊娠していない人と同じ行動をしてはいけません。無茶のしすぎはあとあと響いてきます。休憩をこまめにとりながら、ゆったりと楽しむつもりで行きましょう。

そして暑さ・寒さ対策も万全に。できれば真夏・真冬は避けたいところです。冬場は風邪やインフルエンザ感染のリスクも高まりますのでマスクは必需品。贅沢を言えば週末や夏休み・春休みなど学生が多くなる時期も避けたいところ。できるだけすいている時期に行くのが理想的といえます。

妊婦さんの間は少ししかないですが、ミッキーにおなかを撫でてもらえたりチューしてもらえたりできるのもこの時期だけです。体調と相談しながらゆっくりと楽しんでくださいね。

妊婦さんは日焼けしやすい!

妊娠中はホルモンバランスが変化していて、紫外線を浴びるとメラニンが過剰に反応しやすくなっています。

そのため妊娠していない女性と比べて日焼けしやすいのです。

ディズニーでは外にいる時間が長いので日焼け止めは必須ですが、妊娠中はホルモンバランスの変化によって肌荒れしやすい状態でもあります。肌にやさしいノンケミカルのUV下地を使いましょう。

SPFはあまり強いものも厳禁。できればSPF20~25のものを選ぶのがベストです。

おすすめは、ナチュラルスキンケアブランド【ママバター】のUVケアクリーム。ノンケミカルで、ナチュラルシアバターを配合。敏感肌でも使える無添加UVクリームです。
ママバター UVクリーム
【×シリコンフリー ×紫外線吸収剤フリー ×鉱物油フリー ×合成香料フリー ×合成着色料フリー ×パラベンフリー ×石油系界面活性剤フリー】

肌への負担が少なく、べたつかずかさつきません。白浮きもなしなのでファンデ下地に使えます。しかも石けんで簡単に洗い流せます!

日焼け止めはこまめに塗り替えないと効果が持続しないですが、同じ製品の【ママバター】日焼け止めUVスプレーも便利です。
ママバター UVスプレー
ディズニーに行く時には持ち歩くといつでもシュッとケアできるので便利ですよ♪



サブコンテンツ