これは食べてもいいのかな?注意すべき食材って?

妊娠していなかった頃は食べたい物は何でも食べていたと思いますが、妊娠期間中は食べる際に注意すべき食品が存在します。妊娠期間中、どのような料理や素材に気をつけた方がいいのかを知っておく事が大切です。

妊婦さんが注意すべき食べ物

  • 生肉
  • 大型の魚
  • ナチュラルチーズ(非加熱)、生ハム、スモークサーモン、肉・魚のパテ
  • 生の魚介類
  • 生卵
  • アルコールとカフェイン

生肉

生肉
生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは「O-157」「トキソプラズマ」です。「O-157」に関しては、毎年といってもいいほどニュースなどで話題になるのでほとんどの方が知っているのではないでしょうか?

「O-157」は、家畜の糞便に含まれていて何らかの原因でお肉などの食品に付着し、それを生で食べてしまうことで感染します。症状は、下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、症状が重い方だと痙攣や脳症を引き起こすことがあります。

毎年、気温が温かく増殖しやすい初夏から初秋にかけて感染症が起こりやすくなります。冬・春に発症するケースもあるので年中注意しましょう!

「トキソプラズマ」は、豚・羊肉・鹿やネコの糞などにいる寄生虫です。「O-157」と違って、過去にトキソプラズマに感染したことがなく免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)が残る可能性があると言われています。

割合は妊娠時期にもよりますが10~70%の割合で胎児に感染し後遺症を残すと言われています。トキソプラズマは感染者本人には症状がほとんどなく、まれに風邪のような症状がでる方やリンパ節が腫れる人もいます。

「O-157」「トキソプラズマ」ともに、加熱処理をしっかりと行えば死滅するので、妊娠中はしっかりと加熱処理が行われたものを口にするようにしましょう。

ネコを飼っている方は、トイレ掃除は出来るだけ他の家族にやってもらうようにしましょう。また、ネコを外に出すことで「トキソプラズマ」に感染するといわれています。ネコを飼っている方は室内で飼う、感染を防ぐ為に生肉などを与えないなどの予防を心がけましょう。

大型の魚

生態系の上の方にいる大型の魚は水銀が多く含まれています。

胎児は水銀を排出することが出来ないうえにその影響を受けやすく、脳神経障害を起こす可能性もあることから、気を付けるべき魚と厚生労働省が公表しています。

食べてはいけないのではなく量を控えめにということなので、神経質になる必要はありません。

週に2回まで(週に160g程度)

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ

週1回まで(80g程度)

キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、マッコウクジラ、エッチュウバイガイ

2週間に1回まで(40g程度)

ゴビレゴンドウ

2ヶ月に1回(10g程度)

バンドウイルカ

魚に含まれるEPAやDHA、良質なたんぱく質は胎児にとって大切な栄養源になります。魚を控えるのではなく、サバや、イワシ、サンマなどの小魚を中心に食生活に取り入れることが大切です。

ナチュラルチーズ(非加熱)、生ハム、スモークサーモン、肉・魚のパテ

生ハム
上記の食品には「リステリア」という菌が含まれています。

妊婦さんが感染すると、胎児に悪影響を及ぼすことがあるので注意です。妊婦さんは通常の20倍もリステリア菌に感染しやすいそうです。

感染するとインフルエンザのような症状が出ます。菌は胎児にも感染し流産や早産、新生児の髄膜炎や敗血症の原因になることがあります。流産や早産のリスクを抑えるには葉酸とビタミンA、ビタミンEが効果的です。⇒葉酸とビタミン類が含まれた葉酸サプリランキングはこちら

抗生剤による早めの治療で胎児への感染を防ぐことができます。加熱すれば安全ですが、上記の食品は生で食べることが多いので注意しましょう。

生の魚介類

下水が流れ込む河川や海の沿岸部で採れる二枚貝、特にカキやアサリ、シジミなどからは「ノロウイルス」が検出されることがあります。

妊婦さんは一般的に免疫力が低下している状態なので感染しやすく、ノロウイルスの下痢症状から流産や早産を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

生卵

洗浄が不十分な卵の殻には「サルモネラ菌」が付着していることがあります。感染すると下痢、嘔吐などの症状がでます。なるべく加熱調理したものを食べるようにしましょう。

アルコールとカフェイン

アルコール
アルコールの摂取による胎児への影響はよく知られています。胎児性アルコール症候群を防ぐためにも、飲酒は控えた方がよいでしょう。

コーヒーなどカフェインを多く含む飲料もほどほどに。コーヒー1日2杯程度なら問題ないと言われています。妊婦さん用に作られたノンカフェインの天然100%ハーブティーはむくみや便秘防止に効果的です。

妊娠中避けたい食べ物。
中には意外なものもあったりして「怖いなー」と思う妊婦さんもいるかもしれませんね。
情報を得て気を付けることは大切なことですが、今まで食べてきたものを心配しすぎるのは、かえって体によくありません。
不安なことは主治医に相談しつつ、マタニティライフ中の食生活を楽しいものにして欲しいと思います。

妊娠中に食べたほうがいいもの、食べないほうがいいもの、生もの、カフェイン、アルコール、サプリメント・健康食品など、妊娠中の疑問のなかで、食べ物に関するものも多いです。今回、読者の皆さんから寄せられた「妊娠中の食べ物についての疑問」について、わかりやすく、説明しますね。
引用元:All About

参考:厚生労働省:これからママになるあなたへ

妊娠期間中に摂取して欲しい食べ物は、こちらに詳しく記載してあるので参考に!
→妊婦さんが必要な栄養素一覧
→実はここまで重要だった!妊娠と葉酸の関係



サブコンテンツ