妊婦さんにおすすめの防寒対策

妊婦さんにとってお腹や腰の冷えは厳禁。
外出先でも家でも防寒対策はしっかりしましょう。

外出しなければならない時の服装は?

防寒対策寒い時期は風邪やインフルエンザが流行っていることもあるのでむやみに外出するのは控えましょう。
どうしてもの時は人混みをさけ、防寒対策を十分にしてくださいね。


基本は薄い服を何枚も重ねること。
体温調整がしやすいように、脱いだり着たりが楽なものを着ます。
厚い服を1枚着るよりも、薄いものを重ねて空気の層を作るほうが暖かいためでもあります。

また下着を変えるだけでずいぶん暖かさが違います。
ユニクロのヒートテックが有名ですが、化繊100%のものは乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめしません。
摩擦が強いので肌の水分を奪ってしまったり静電気が起きたりして、かゆみが出てしまう人もいるからです。
私が気に入っているのはベルメゾンのホットコット。
綿混素材で着心地もよく暖かです。価格も安いですし、静電気も起きにくいので◎。

汗を大量にかいてしまったら、いくら速乾性があると言われている化繊でも限界があります。。
体が冷えてしまう前にこまめに着替えましょう。

お腹や腰回りは腹帯や腹巻きなどを利用しましょう。
おすすめはシルクの腹巻き。
シルクは人の肌に近いタンパク質なので敏感になっている妊婦さんの肌にも優しいんです。
冬は暖かで、夏は爽やかという特徴もあるので一枚ぐらいあっても損しないはず。
ショーツも早い時期からお腹がすっぽり隠れるものを履いたほうが安心感もありますし、冷えからも守ります。
腰にカイロを貼ると全身が温まります。

腰から下、とくに足元は冷えやすいですね。
ウールなどで編まれた厚手のタイツやスパッツを履いて防寒します。もちろんマタニティ用のが市販されているので苦しくなることはないですよ。
レッグウォーマーや厚手の靴下、もこもこのムートンブーツなどで足首を冷やさないようにしてください。
靴下はゴムのきついものはNGです。妊娠中はむくみやすいので血流を妨げないようなゆるいものを履きましょう。
足の裏に貼ったり靴の中に入れる使い捨てカイロもおすすめ。
足の裏全体を温めるタイプのものを選びましょう。

寒さを防ぐには首、手首、足首を温めるのが良いと言われています。
マフラーやスカーフ、ネックウォーマー、手首ウォーマー、手袋を利用しましょう。

難しいのはアウターかもしれません。
お腹が大きくなってくると手持ちのコートが着られなくなることも。
ジッパーやボタンが閉まらなくなってしまうんですね。
パパのコートを借りていたというママもいますが、袖が長かったりしておしゃれとは言い難いかも。

新しくアウターを買うならどれがおすすめ?

アウターは風を通さないものがベスト。
腰回りがゆったりしている丈が長めのダウンコートが良いでしょう。

コートの前の部分に拡張用の生地(ダッカー)を取り付けると赤ちゃんを抱っこしたままでも着られるというママコートというのがあります。
妊娠中はダッカーを外して着ることができますし、産後は赤ちゃんも寒さから守ることができます。
ただ着る期間も限られてきますし、雪国などではない限り必要ないという意見も。

私が素敵だなと思うのはポンチョ。
お腹も隠れる丈のものを選びましょう。
ダウンコートほど防寒性はないのですが、街でポンチョを着ている妊婦さんを見かけて可愛いな~と思いました。

雨の日は?

雨の日はとにかく衣服や肌が雨に濡れないように気をつけましょう。
水を吸いやすいニットやジーンズはさけます。
水を弾いたり、すぐ乾くような素材のものを選びます。
傘を持つ手は意外と濡れやすいですし、寒いので手袋は忘れずに。
いつまでも濡れたままでいないよう着替えもあると良いですね。

家での防寒対策

家での防寒対策窓から冷気が入ってきます。
カーテンを厚手のものにしたり、裾が長いものに変えるとよいでしょう。
窓に直接遮断シートを貼るのもおすすめ。冬は暖かいですし夏は直射日光を妨げてくれるので涼しく過ごせます。
私の知人は梱包に使用するプチプチで代用していましたが、電気代が少し違うと言っていました。
シャッターや雨戸がある場合は閉めましょう。

床からも冷気が上がってきます。
フローリングには断熱シートやホットカーペット、ラグなどを敷きましょう。
パズルマットおすすめです。
断熱効果だけでなく、防水、防音効果もあるので赤ちゃんが産まれてからも重宝します。

キッチンでの家事の際は足元が寒くないように小さなホットマットを使用すると良いですね。
電気式の小さなヒーターがあると便利です。
灯油を入れる手間もありませんし、持ち運びも楽です。

家の中で一番寒さを感じるのがお風呂場。
冬場は日が落ちる前に入ってしまってもいいかもしれません。
お風呂場に暖房機能があれば良いのですが、なければフタを開けてお湯をわかす、服を脱ぐ前にシャワーで浴室を温めるなどの対策をしましょう。床がタイルであればおふろマットを敷くと冷たさも和らぎますし、転倒による事故も防げます。

また足元が冷たいとなかなか寝付けませんね。
湯たんぽを使用しましょう。
人は足で体温調節すると言われているので靴下を履いて寝るのはNGなんだとか。

オフィスでの防寒対策

オフィスでの防寒対策オフィスでは夏でも冷房で体が冷えてしまうことがありますね。
カーディガンやスカーフ、ストール、ひざ掛けなどを活用しましょう。
足元に小さなヒーターを置くのも良いですし(スイッチの切り忘れには注意!)ダンボールを敷くだけでも違います。
USBにつないで使用するあったかスリッパなどを利用してみても。

結婚式に呼ばれた時は?

結婚式では黒タイツやカラータイツ、レギンスもNGです。
ベージュのストッキングを2枚重ねて履いたり、厚めのものにしたりしましょう。

ドレスの下には機能性下着(ヒートテックのキャミソールなど)を着て、腹巻き、短いスパッツ、毛糸のパンツ、カイロなどで防寒対策をしましょう。
式場で控室を借りられるようなら、会場でドレスに着替えるのも手。
式場では暖房が入っているので寒いことはないと思いますが、意外と冷えるのが足元。
ブランケットを借りましょう。
妊娠中だということを告げれば、トイレの近くの席にしてもらったり、スタッフに体調を気遣ってもらえるので安心です。

葬儀に参列しなければならない時は?

葬儀場ではコートやマフラーは脱がなくてはいけませんが、道中ではしっかり防寒しましょう。
火葬場へ行くときもコートなどを着ていても構わないと思います。
マナーも大事ですが、それよりも体を冷やさないほうが大切です。
また、黒のタイツは本来NGとも言われていますが、さすがにストッキングだけでは冬場は寒いですよね。
タイツがどうしてもダメなら、ベージュのタイツの上から黒のストッキングを履くという方法も。

喪服の下には腹巻きや毛糸のパンツ、スパッツなどを着用しましょう。
マタニティ用の喪服であれば重ね着しても苦しくありません。

妊婦さんにおすすめのマタニティ喪服(外部サイト)

体の中から温める

体を温める飲み物体を温める作用のある飲み物をのみましょう。
外出先にも水筒に入れて持ち歩くと良いですね。

たんぽぽ茶やごぼう茶、ココア、黒豆茶、生姜紅茶などがおすすめ。
生姜を味噌汁に入れたり、生姜入りはちみつれもんも体が温まります。

逆に体を冷やしてしまう飲み物も。
コーヒーや緑茶、暖かい地方で育った果物のジュース(パイナップルやマンゴー、スイカなど)は飲み過ぎないように注意しましょう。

こちらも参考に→これは食べてもいいのかな?注意すべき食材って?



サブコンテンツ