妊娠中もキレイでいたい!妊婦さんおすすめの美容法

美容妊娠した途端、さまざまな肌トラブルが起きるという女性が多くいます。
これは妊娠によりホルモンのバランスが変化し、その影響で体質が変化していくためです。
特に妊娠中・産後の乾燥肌が気になるという声が多数寄せられます。
では、なぜ妊娠中は肌が乾燥するのでしょうか?
原因は大きく分けると3つあります。

  • ホルモンの影響
  • 水分・栄養の不足
  • ストレス

妊娠初期の原因

ホルモンの変化

妊娠すると赤ちゃんを育てる為に、プロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンが急激に増加します。
プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれているホルモンで、妊娠初期は卵巣から分泌されており、この時期は主に胎盤を作る仕事を担っています。この肌荒れホルモンが急激に増える妊娠初期は乾燥肌になりやすくなります。

水分・栄養の不足

妊娠初期の妊婦さんの体は、赤ちゃんのために体中の水分を子宮に集めます。
そのため、肌へ行き渡る水分量は不足気味になり、乾燥肌が引き起こされてしまいます。
妊娠16週くらいまでは、子宮の羊水は胎盤や卵膜からの分泌からできています。
そのため、ママの体の水分は胎盤に送られるのです。
そして水分だけでなくビタミンやミネラなどの栄養素も、赤ちゃんに優先的に送られるようになり、肌に栄養が行き渡らないことも乾燥の要因になっています。

妊娠中期~後期の原因

ホルモンの影響

妊娠初期は卵巣から分泌されていたプロゲステロンとエストロゲンですが、妊娠9~10週以降に胎盤が完成すると、胎盤からも多量に分泌されるようになります。
このホルモンは39週頃のピークまで上昇を続けます。
体は変化に慣れてくる時期ですが、ホルモンの分泌量が多くなるためホルモンの影響を受けやすくなります。

水分不足

妊娠中期から後期は、赤ちゃんが育ってきて送られる水分量も増えます。
妊娠18週以降、羊水のほとんどは胎児の尿で出来ていると言われています。
その量は28週~32週のピーク時には800ml。
それだけの水分を子宮内に維持するために、ママの血液量は妊娠前より40%も増えます。
そのため、体の水分量が不足しがちになります。

ストレス

妊娠中期~後期は、お腹が大きくなってきて熟睡することが難しい時期です。
子宮が大きくなり膀胱が圧迫され、トイレが近くなり夜中に目が覚めることもあります。
また、寝ている間に足がつることもあるかもしれません。
そんな睡眠不足が大きなストレスとなって、肌の乾燥や肌荒れの原因になっていることも多いのです。

☆からだ編・対処法

クリーム
乾燥すると妊娠線ができやすくなります。妊婦さんも使える保湿クリームを使いながら軽くマッサージして血行を良くしましょう。乾燥を防ぐことで皮膚の伸びが良くなり、妊娠線ができにくくなります。

→→妊娠線予防クリームランキングはこちら
→→保湿クリームを使ったマッサージ法はこちら

ベタッとしたものは不快感を伴いますし、塗る時に張りの原因になってしまうこともあるのでテクスチャにも気を配ることが重要です。
妊娠線ができやすい箇所はありますが、見落としがちなのが意外にも「おっぱい」なんです。

妊娠中、乳房も急激に大きくなるので胸にも塗っておくことをオススメします。
「乾燥を防ぐ=皮膚を柔らかく」ということなので、保湿はしっかりと。

もう一つのオススメは、アルガンオイル。
アルガンオイルは、砂漠で生きるアルガンツリーという実から抽出されたオイルで、たくましい生命力を秘めているそうです。
砂漠は水がないので湿度がほとんどない状態。おまけに日中は気温50度以上にもなる環境です。
生命は水がないと生きられない中、アルガンツリーは過酷な環境のもとでも乾かない驚異の貯水力をもっています。
2~3年、雨が降らなくても生き続けることができるといわれるぐらい、すごい植物らしいです。
このアルガンオイル…妊娠線のケアにも効果的です♪
アルガンオイルが妊娠線に効果的な理由は、その浸透力、豊富な栄養素、保湿力にあります。
【浸透力】
お肌に近く肌なじみの良い脂肪酸組織だから素早く角質層の奥深くに浸透。

【豊富な栄養素】
ビタミンE、リノール酸、ポリフェノールなどの豊富な栄養素を補給します。(ビタミンEはオリーブオイルの約3倍)

【保湿力】
肌細胞を取り囲む脂質に良質な水分(脂質)を補給。脂質の量を正常な状態に調整して保湿します。お風呂上りなどにアルガンオイルをお腹周りに塗り、軽くマッサージしてください。浸透→栄養補給→保湿の3ステップにより、お肌のターンオーバーを促進するとともに、お肌を潤いのある柔らかい状態に保ち、妊娠線を予防します。

☆かお編・対処法

肌全体が乾燥しやすく表面のバリア機能が弱っているので、UVケアと保湿を怠らないことが肝心です。
妊娠中は肌トラブルが起こってしまっても、原則として飲み薬などの服用はできません。したがって、日頃のベーシックなスキンケアが重要となります。

妊娠中でも安心成分の基礎化粧品ランキング

妊娠中は体調の変化や赤ちゃんへの影響なども考え、化粧品にも気を遣うものです。
妊娠による乾燥肌を防ぐために保湿化粧品を使うことが必須です。

  • ディセンシア・アヤナス

    価格:1,480円/化粧水14ml・美容液8ml・保湿クリーム9g

    アヤナス

    ポーラ・オルビスグループが敏感肌のために立ち上げたディセンシア。
    その中でも敏感肌用のエイジングケアに特化したのが「アヤナス」です。
    妊娠・出産で敏感肌になってしまった人でも安心して使えるエイジングケア化粧品ですね。
    今までのディセンシアのラインに比べても、肌のハリを与える化粧品として注目されています。
    刺激を避けたい妊婦さんには特にオススメです。
    10日間のトライアルセットでまずは、試してみてはいかがですか?

    checkアトピーの子供も使えるほど低刺激
    checkセラミド配合で高保湿
    check敏感肌ケア×エイジングケアを同時進行

  • メディプラスゲル

    価格:3,996円/180g

    メディプラスゲル

    敏感肌でも使用でき、高い保湿力で肌のトラブルや年齢肌に効果があると口コミでも評価の高い「メディプラスゲル」。
    肌の変化が大きい妊婦さんには心強い存在です。
    香料、鉱物油、合成色素、石油系合成界面活性剤、防腐剤不使用のオールインワンゲルです。
    コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなど乾燥肌には必要不可欠な高保湿成分が魅力。
    ゲル状なので、長時間にわたって美肌成分が肌に留まってくれます。
    一日中しっかり保湿してくれる安心感が嬉しいですね。

    check1本で4役をこなすオールインワンゲル
    check目の周りの乾燥にも使えるほど低刺激
    check産後の粉ふき肌にも最適

  • ヒフミド

    価格:980円/メイク落とし10ml・ソープ16g・保湿化粧水19ml・保湿クリーム4g・日焼け止め乳液5g

    ヒフミド

    小林製薬が開発した「ヒフミド」は、化粧品メーカーでなく大手製薬会社の視点で開発されたスキンケア用品です。
    ヒフミドは特に”乾燥”に注目して肌の老化を防ぐコンセプトがあります。
    トライアルセットの中で、最もセラミド補給の効果を実感できるのは保湿クリームです。
    人気の理由は、3種類のヒト型セラミドを4%も配合しているから。
    口コミでも潤いが戻ってきた、という声が多く見受けられます。

    check製薬会社が開発しているから安心
    checkヒト型セラミド配合で保水力3倍
    check一日中潤いをキープ

まとめ

妊婦さんでも安心して使えるスキンケアを紹介しましたが、生活習慣を見直して内側から乾燥肌を見直していくことも大切です。

妊娠中に必要とされている一日の水分量は、2リットルと言われています。
一日2リットルの水分量は、意識的に摂取しないとなかなか難しい量です。
中には、血液量の増加からむくみが出て水分量を減らしてしまう妊婦さんもいますが、これは逆効果です。
乾燥肌が起こっているのは、肌へ水分を運んであげる余裕がないことも多いのです。
妊娠中の乾燥を改善するための第一歩は水分補給と言っても過言ではないでしょう。
乾燥肌を緩和させるには、肌に水分を運べるだけの水分を、体内に用意してあげることが必要不可欠です。

全くストレスなく、妊娠生活を送ることは難しいことです。
乾燥肌を改善する為には、良質な睡眠をとることも必要です。
肌の再生には6時間以上の睡眠が必要という研究結果も出ていますので、ストレスなく睡眠をとれる工夫をしていきましょう。

妊娠中も乾燥肌に負けずに、つるつる肌でいたいですね。



サブコンテンツ