妊婦の便秘にオリゴ糖が効かない?!

便秘 オリゴ糖 効かない妊婦さんの悩み第1位が便秘というように、妊娠したらお通じが・・となる妊婦さんは多いです。

私も第一子を妊娠した時は頑固な便秘に悩まされました。つわりの時期はものが食べられないから便秘になりやすく、おなかが大きくなってくれば子宮が腸を圧迫するのでさらに便秘になりやすくなります。

オリゴ糖を摂ると便秘に良いよ!という話を聞きますが、オリゴ糖は赤ちゃんの便秘解消方法としても安心で、善玉菌のエサとなるので腸内環境を整える方法として使われます。

でも、ここでひとつ落とし穴があることに注意です。

オリゴ糖は、いわゆるビフィズス菌です。

ビフィズス菌は、乳酸菌が多く存在していてこそ効果があるものです。ビフィズス菌であるオリゴ糖だけを摂っても十分な乳酸菌がなければ効果を発揮できません。

そのため、オリゴ糖だけを一生懸命摂っても、効果がある人、ない人がでるわけですね。

オリゴ糖を摂るとしたら、まずは乳酸菌を増やすことからはじめることが重要なのです。

乳酸菌とオリゴ糖の違いは?

乳酸菌もオリゴ糖も、目的は一緒です。「腸の善玉菌を増やすこと」。善玉菌が増えることで便秘解消につながるんですね。

乳酸菌は善玉菌そのものなので、直接善玉菌を増やすために摂ります。

一方、オリゴ糖は善玉菌の「エサ」となるものなので、オリゴ糖を摂ることで、結果、善玉菌が増えるという仕組みになっています。

もともとの乳酸菌が少ないところにいくらエサをまいてもあまり効果がないという理由がわかります。

まずは乳酸菌を多く摂る!

乳酸菌を増やすには、食べ物から摂るという方法があります。

【乳酸菌を多く含む食べ物】
・ヨーグルト
・キムチ
・納豆
・漬物
・チーズ
・味噌
・醤油
・酒粕
・甘酒

これらの食べ物に多く含まれます。食べやすさでいうと、ヨーグルト、キムチ、納豆、漬物、チーズあたりが摂りやすい食材でしょうか。

乳酸菌の種類は何千と多いので、できるだけ色々な食材を摂るほうが良いとされています。

善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減らす

いくら善玉菌が増えても、腸内の悪玉菌の割合が高ければ効果は薄いです。

「腸内フローラ」という言葉を最近よく耳にしませんか?腸内フローラは一言でいうと、腸内の最近のバランスのことを指しています。

実は、腸には大きく分けて3種類の菌が存在します。
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

バランスとしては悪玉菌1割、善玉菌2割、日和見菌7割。普段あまり注目されない日和見菌は、実は7割も存在しています。

日和見菌は、善玉菌か悪玉菌強い方の菌に味方する菌です。悪玉菌が優勢なら、7割もある日和見菌は悪玉菌の助けになってしまうんですね。

そのため悪玉菌が減れば、もうこっちのもんです。一番多く存在する日和見菌が善玉菌の味方になります。一気にいい方向へと動くというのがわかると思います。

善玉菌に有利なのは「弱酸性」の腸にすること

7割の日和見菌を味方につけるには善玉菌を有利にしたいところですが、腸内は、弱酸性なら善玉菌に有利、弱アルカリ性なら悪玉菌が有利になります。どうしたら弱酸性になるか?というとカギを握るのは酪酸、プロピオン酸などの「短鎖脂肪酸」です。

短鎖脂肪酸は水溶性食物繊維から発生します。食べ物でいうと、いんげん、あずき、納豆、モロヘイヤ、かぼちゃ、さつまいも、菜の花、ごぼう、プルーンに多く含まれます。

納豆は乳酸菌も同時に摂れるので、いかに優れた食材かということがわかりますよね。短鎖脂肪酸を増やすことは腸内を弱酸性に保つだけでなく、肥満予防にも効果があるといわれているのでまさに一石二鳥なんです。

まとめ

★乳酸菌が少ない状態でオリゴ糖(ビフィズス菌)を摂っても効果は薄い
★まずは乳酸菌を多く摂る
★悪玉菌を減らして日和見菌を味方につける

結局は、体に良いものをバランス良く食べる。このような結論になってしまうんですが、ただでさえつわりがあったりおなかが大きい妊婦さん。買い物も料理も大変です。

腸内環境を整えるのに乳酸菌サプリなどもありますが、たまごクラブで妊婦さんに好評のお茶が紹介されていました。短鎖脂肪酸を増やしてくれるということなので、悪玉菌を減らしてくれるお茶です。お茶ならつわり中も飲みやすいのでおすすめです。

便秘が長引くと出産の時に痔になってしまうこともあるので、快適なマタニティライフを過ごすためにも、できるだけ早く便秘は解消させたいですね。



サブコンテンツ